なぜ東京大学は自衛隊の入学を拒否するか?[大澤翔平との比較]

大和民族について
「自衛隊員(外国軍人も?)の入学拒否」という大学の方針は正当か?憲法上の問題は?
昭和の時代に、多くの大学(の有志?)が「軍関係機関に所属する者の入学を拒否する」との決定をしたそうです。(※それがどの程度の拘束力があるかも一争点) これは現在も有効なのか?そもそもその方針の是非..

 東京大学は自衛隊の入学を拒否してきた。一方、大澤は中国人を採用しない取っただけで、懲戒解雇された。この不公平性はまさに中東の笛であった。では、なぜ東京大学は自衛隊の入学や軍事研究を拒否してきただろうか?

1:拒否の理由と彼らの本音

1:悪者になりたくない〜生贄にされる契約相手〜

 日本人の学者は軍事研究に関係して、他国の人間が彼らを批判することを恐れる。例えば、白人の科学者の米国民は原子力爆弾の投下に関係して厳しく批判された。日本人の学者気取りはこの種の批判を非常に恐れる。だから、彼らは軍事研究に反対してきた。

要するに、彼らは大和民族の税金に寄生して、研究したいが、彼らは責任を負ったり悪者になりたくない。しかし、彼らは他国の軍事研究に参加する。たとえ彼らが米軍の軍事研究に参加して、米軍がその研究結果で誰かを殺すとしても、彼らはその責任を米軍に押し付けられる。

彼らは責任や悪者になるくらいならば、彼らは契約相手である大和民族を生贄に捧げて彼らの不安を解消したい。理系の軍事研究者が軍事研究に関係しないと、国防が疎かになり、日本列島の先住民たる大和民族の生命が危険にさらされる。しかし、彼らは契約相手の生命の安全よりも彼ら自身の不安を優先させてきた。

白人様
白人様

 彼らは平和という単語を使用するが、彼らは世界平和などこれっぽちも考えていない。彼らは他人と対峙するのが嫌であるので、平和という単語を使用してきた。

2:自衛隊拒否は同和の考え方と同じである

 日本人の学者気取りは軍事研究を汚いものであると考えてきた。この種の考えは同和の問題に少し似ている。同和の連中は家畜を殺すという屠殺業に関係している。

一方、自衛隊の人間は人を殺すという殺人業に関係する。日本人の学者気取りは自衛隊の人間を同和か何かであると感じてきた。東京大学の自衛隊員の拒絶は将来における同和問題を導くだろう。

不安が嫌

 彼らは不安が嫌である。彼らは大和民族のお金に寄生して、軍事研究を行わない。この状態が最も不安を回避できる方法である。

科学研究だけすれば、白人から褒められる。認められる。しかし、軍事研究はしないので、誰からも批判されない。

この時、彼らは誰からも批判されず、誰とも対峙しないので、彼らは不安を一切感じない。

タイトルとURLをコピーしました