鈴木隆哉(Takaya Suzuki MD, PhD @suzuki_takaya)東北大学病院呼吸器外科[大澤昇平]

大和民族について
https://twitter.com/suzuki_takaya

 俺が鈴木隆哉の発言を見る時、俺は大学や研究所を一度解体すべきであると審判する。日本人の研究者は非常識でなく、未開で動物的である。俺は鈴木隆哉の医師免許は剥奪されるべきであると審判する。

日本人の医者や研究者や学者の知能は遺伝的にバカでない。しかし、彼らは善悪の判断を下せない。だから、彼らはバカに見える。彼らは幼稚であり、知的能力の発達が未熟である。

1:鈴木隆哉の異常な発言

 もし大澤の懲戒解雇が公平であるならば、鈴木隆哉の懲戒解雇と医師免許の剥奪も公平である。大澤は鈴木隆哉と異なり、性的な嫌がらせを電網上でしていない。それに対して、鈴木隆哉は契約相手に対する性的嫌がらせ発言を繰り返している。

 科学や技術の研究というと、崇高なものだと思っている人も多いかもしれませんが、研究の多くは税金で支えられている公共事業です。

https://mywarstory.tokyo/corruption-of-academia/

1:契約相手に対する侮辱や中傷を認識できない

 科学事業は公共事業である。契約相手は日本国民である。だから、大学組織は契約相手を侮辱すべきでない。もし彼らが契約相手を侮辱するならば、日本国民は大学組織との契約を破棄する。もし妻が夫を侮辱するならば、夫は妻との結婚契約を破棄する。

日本人の研究者は契約を認識できない。だから、鈴木隆哉は大和民族の日本国民や日本国を侮辱する。鈴木隆哉は医師免許や学者を職業でなく、身分と認識しているように見える。

白人様
白人様

 上記の行為は幼稚よりも、知的能力の未発達を連想させる。東洋人の知的能力は天才小学生の知的能力に似ている。たとえニュートンやアインシュタインが天才数学小学生であったとしても、その小学生たちはキッズ・アイドルと同様に、セックスの意味を認識できないし、中年男性との性行為が正当でないと判断できない。

白人様
白人様

 鈴木隆哉は契約相手を ‘ キモ ‘ や ‘ ごみ ‘ と呼んだ。この行為は配偶者をごみやキモと侮辱しているようなものである。この時、結婚契約は破棄されるだろう。

白人様
白人様

 鈴木隆哉がこの種の発言をするとき、日本国民は科学事業を継続しようとしないだろう。人類滅びて良いならば、科学事業を継続する正当性は存在しない。

また、鈴木隆哉の発言は医者(職業)としても不適切である。医者の職業義務は人間の命を救うことである。もし国家や人類が滅亡しても、良いならば、人間は医師という職業を必要としない。

白人様
白人様

 原始人とは、日本人のことである。 鈴木隆哉は契約相手を原始人と呼んでいる。公共事業が破棄されるのは当然である。

白人様
白人様

 上記の発言は嘘である。鈴木隆哉は契約相手に対する侮辱を認識できない。鈴木隆哉は契約をどうしても認識できないように見える。だから、鈴木隆哉は日本国や日本国民を侮辱する。

2:会話できない鈴木隆哉

白人様
白人様

 鈴木隆哉の行為は明確な脅迫であり、研究業界の腐敗を証明している。鈴木隆哉の研究費は君のものでなく、契約相手の所有物である。だから、私怨で研究費の是非を決定することは契約相手に対する損害である。

 鈴木隆哉は研究費を自分のお金であると勘違いしている。研究費は知的労働との交換であり、鈴木隆哉のお金でない。

タイトルとURLをコピーしました