システム(system)の日本語は競技家〜その意味とわかりやすい身近な具体例〜

言語
広告

 システムというカタカナ用語を日本語訳することは難しい。だから、この単語は日本語訳されてこなかった。以下で、俺はシステムに対する俺の認識を提示した後、俺はシステムの日本語訳を提示する。その後、俺はその具体例を提示しよう。

日本人はシステム(制度)設計が苦手であると指摘されてきた。なぜなら、日本人はシステムという単語を意味を感覚的に把握できてこなかった。

広告

1章 システム

 共通認識 システムとは、集合(境界)と要素と決まりの組みである。

 集合(境界)に対する幾何学的な魚拓(image)は球面である。要素に対する幾何学な魚拓(image)は点である。決まりに対する印象は法や法律、決まりである。

集合と要素と決まりの3つが成立するとき、一つのシステムが成立して機能する。取り決めが存在しないとき、要素は動かない。要素が存在しないとき、動く主体が存在しない。集合が存在しないとき、境界が存在しない。

そのとき、君はどの要素を動かすかを決定できない。システムは集合と要素と取り決めの3つが存在するとき、うまく機能する。君は要素の候補となる存在を集める。次に、君は集合を用意して、その要素の境界を明確に定める。最後に、君は要素に動き方を取り決める。

そのとき、システムが形成される。現実世界では、お金やエネルギをそのシステムに与えたとき、そのシステムは実際に動く。だから、集合と要素と取り決めはシステムの能力である。

2章 システムの日本語訳

 システムの日本語訳 システムの日本語訳は「競技家(きょうぎか)」である。

 システムの日本語訳は「競技家(きょうぎか)」である。あるいは、家や競技でも良い。俺は日本人を含む東洋人はシステムを「家」と認識するとき、俺らはシステムを感覚的に把握できるように思えた。

家には、建物と人間と家の決まり(掟)が存在する。俺らはこの家を一種のシステムと認識できる。また、俺らは競技場と選手とルールを一種のシステムと認識できる。

ただし、もしシステムが単なる家であるならば、その家は静的であり、動的でない。実際のシステムは運動として機能しないと、無意味である。だから、運動競技のような競技的な魚拓と家を混合させて、競技家と翻訳した。

3章 システムの具体例

 以下で、俺はシステムの具体例を提示しよう。俺らは俺らの世界を観察した後、俺らはシステムっぽい何かがこの世界に多く存在することに気づくだろう。

1:国家=(国家 , 国民 , 法律)

 西洋では、国家もシステムの例である。国民が要素であり、枠組みとして国家それ自体が集合で、要素の行為に対する取り決めが法律である。

2:自然界=(宇宙 , 物質 , 自然法則)

 西洋人は世界をシステムとして定義する。空間は集合であり、原子は空間の中の要素であり、原子の運動に対する物理法則は取り決めである。理論物理はこのシステム的な世界観に基づいて行われてきた。

3:家=(建物 , 家族 , ルール)

 家族もシステムの例である。建物が集合であり、その中の人々が要素であり、家族のルールが取り決めである。

4:会社=(会社組織 , 社員 , 法律)

 西洋人は会社も一つのシステムとして捉えている。だから、彼らは近代で大企業を形成できてきた。会社組織が集合であり、社員が要素、会社の規則が取り決めである。

5:数学=(集合 , 要素 , 数学的構造)

 現代数学では、集合と数学的構造が重視されてきたらしい。この考えは白人的なシステムの考えからきている。集合が存在して、集合の要素としての点が存在する。そして、その要素に対して数学的構造を与える。

6:サッカーなどの試合=(競技場 , 選手 , ルール)

 試合が集合であり、選手が集合の要素であり、ルールが選手の行為に関する取り決めである。

タイトルとURLをコピーしました