なぜアメリカ米国の製造業は衰退したか?白人的牧畜と農耕[復活しない]

人間について
http://hunterxhuntersmoon.com/aiueo%20ra%20Lovely%20gost%20writer.html

 アメリカの製造業は衰退してきた。この状態に対して、日本人や中国人はアメリカの製造業はいつか復活するだろうと予想した。しかし、俺の印象によると、米国の製造業は復活しない。なぜなら、白人は農耕民族でなく牧畜民族+狩猟民族である。

白人による製造と東洋人による製造は非常に異なっている。前者は制度を設計して、機械的に設計する。それに対して、東洋人は器用な手先を生かして、職人的に製造する。情報化社会では、システムは真似できるので、手先が器用な方が勝利するだろう。

アメリカの製造業の衰退の原因は制度設計能力の低下と白人の牧畜的な性質である。彼ら牧畜民族は元々不器用であり、管理を得意としてきたが、製造を苦手としてきた。近代では、彼らは製品を自動的に製造する制度設計能力を獲得したので、彼らは東洋人の製造能力を凌駕してきた。

1:白人的製造業〜システム設計と自動製造型〜

 白人を見るとき、白人の手先は不器用であることに気づく。彼らの不器用はアスペルガーや発達障害の不器用さである。白人は彼らの手先の不器用さを補うために、彼らは制度を設計して不器用な人間でも商品を正確に製造できるようにしてきた。

その結果が産業革命における自動製造である。白人による製造はシステム設計と自動製造の組である。言い換えると、彼らは人間を家畜や機械と見立てて、家畜や機械がうまく機能するような製造を得意とする。

白人は蚕を飼いならして、蚕に絹を製造させるように、人間をうまく飼いならして機械や商品をうまく製造させてきた。製造に対する彼らの価値観は家畜を扱う遊牧民的である。実際、東洋ではモンゴル人が遊牧民であり、彼らは統治を得意としてきたが、製造は得意としてこなかった。

2:東洋人的製造業〜器用な職人型〜

 それに対して、東洋人は農耕民族的である。彼らは器用な手先を活用して、高品質な商品を製造してきた。しかし、彼らは生産者であり、制度設計を非常に苦手としてきたので、彼らは製品を自動的に製造することができてこなかった。

大和民族(日本人)は東洋人の中でも最も製造民族的である。彼らは器用な手先を持ち高品質な商品を製造してきた。しかし、彼らは制度設計を苦手とするので、組織を管理できてこなかった。

しばしば、日本人は経営や管理が苦手であると指摘されてきた。この原因は日本人が農耕民族であり、制度設計や統治に関係した牧畜を経験してこなかったからである。大和民族はシステムを設計できない。

3:情報化社会では?

 現在は情報化社会である。情報化社会では、白人的な遊牧民は不利になる。なぜなら、制度設計に関する優位は存在しない。

東洋人は西洋的な制度を取り入れた後、彼らの手先の器用さを活用して、白人以上の商品を製造できるだろう。さらに、白人は人種や民族の急激な変化に対応できないように思える。

管理する人種や民族の数が多すぎるとき、たとえ白人が優れた制度設計能力を持つとしても、白人は彼らを管理できないだろう。もし白人は多数の異人種や異民族を管理できないならば、彼らは製品を機械的に製造できないことになる。俺の印象によると、白人は彼らの制度設計能力すら失ってしまったように思える。

タイトルとURLをコピーしました