なぜ日本人(大和民族)は誇りや自尊心を自己の民族や人種に持たないか[白人コンプと崇拝と自虐]

大和民族について
https://twitter.com/suzuki_takaya

 日本人とは大和民族の要素であり、彼らは東洋人の一派である。彼らは白人でないし、彼らはコーカサス人種でない。

1:なぜ民族的な誇りや自尊心が重要か?

 俺は元々自己の人種や民族にあまり興味を持ってこなかった。しかし、俺が白人崇拝を繰り返す日本雌豚を見た後、俺は自己の民族や人種に対する自尊心と誇りを持つべきであると審判した。

1:白人崇拝の防止

 日本人の大部分は無自覚的な白人崇拝である。しかし、彼らはそれを認識できない。この原因は自己の人種や民族に対する誇りと自尊心の欠如である。

自己の民族や人種に対する自尊心の重要性は中国人や朝鮮人を見た後でなく、白人を見た後に理解される。日本人は自己の民族や人種に誇りや自尊心を持たないので、彼らは自己の人種や民族を人種的民族的に侮辱するような発言を繰り返してきた。たとえ白人がどんなに間違ったことを言うとしても、白人崇拝者は白人に賛成しようとする。

2:東南アジア人化の防止〜タイ人やフィリピン人〜

 東南アジア人は白人崇拝を繰り返してきた。なぜなら、彼らは自尊心や尊厳を持っていない。タイ人やフィリピン人は彼ら自身を嫌っている。彼らは自己嫌悪と自己否定を繰り返している。

その結果、彼らはスペイン人の遺伝子や白人の遺伝子を見せびらかして、有色人種にパンパンする。

3:白人の悪意〜自尊心の破壊とカルト宗教〜

 白人は日本人に自己の自尊心や尊厳を持たせなように暗に強制している。これは政治戦略の一種であり、大和民族はこれにきちんと対抗すべきである。人間が自尊心や誇りや尊厳を持たないとき、白人は有色人種を奴隷や家畜として扱いやすくなる。

2:典型的な応答

1:人種主義や民族主義

 俺が自己の民族や人種が重要であると言った後、日本人のキリシタン大名は人種主義や民族主義を持ち出す。その後、彼らは白人による優生学を持ちだして、危険性を煽る。しかし、俺らは白人でないので、優生学では劣等な人種であると審判されてきた。だから、俺らは優生学者にならない。

2:ナチス

 俺が自己の民族や人種が重要であると言った後、日本人のキリシタン大名はナチスを持ち出す。その後、キモオタはナチスに関する詳細な知識を披露して、相手を黙らせようとする。しかし、俺らはキリスト教徒でもないし、白人でもないので、ナチスにならない。

3:応答と心理〜不安〜

1:モンゴロイド人であることを直視したくない

 日本人は重度の白人コンプであるので、彼らは自己の民族や人種を直視したくない。日本人は彼ら自身がモンゴロイド人であり、白人だけでなく黒人にもバカにされることに強烈な不安感を覚える。だから、ある日本人が人種や民族を重視しようと言った後、彼らは人種主義やナチスを用いて黙らせようとする。

2:白人との対峙が嫌

 日本人は自己の民族や人種に自尊心や尊厳を持つとき、白人はそれを批判するかもしれない。そのとき、白人の機嫌は損ねられる。日本人の一部にとって、白人の機嫌を損ねることは重罪であった。だから、ある日本人が人種や民族を重視しようと言った後、彼らは人種主義やナチスを用いて黙らせようとする。

日本人は自己の民族や人種に自尊心や尊厳を持つとき、日本人は白人と大和民族として東洋小人種として、そしてアメリカ先住民と同じモンゴロイド人種として対峙しなければいけない。白人の前で、日本人は彼ら自身の意見と歴史と宗教を表現しなければいけない。日本人にとって、それは強烈な不安である。

日本人が人種主義やナチスを持ち出して、自己の民族と人種を否定するとき、日本人は白人の前で彼ら自身の意見と価値観と歴史を言わなくて済む。日本人は白人との対峙からくる不安を回避できる。だから、彼らは大和民族と東洋小人種とモンゴロイド人種であることを否定し続けてきた。

タイトルとURLをコピーしました