[関西弁]コロナと自殺した内閣官房の37歳男性職員[武漢帰国]

大和民族について
https://twitter.com/MisterAntiBully/status/1224819303272407045

 「警視庁から内閣官房に出向していた男性で、帰国者の滞在受け入れ要員に抜擢されていました。本人はまさか新型コロナウイルスの最前線に立つとは思っておらず、ここ数日は動揺もあり、心ここにあらず、という様子だったそうです」(前出・全国紙社会部記者)

「A氏は1月31日から施設に泊まり込み、過酷な勤務状況が続いていたようです。自殺と受け入れ業務の因果関係は不明ですが、混乱を極める現場で大きなストレスを抱えていたのは間違いないようです」(前出・全国紙社会部記者)帰国者のメンタルも限界に。怒号が飛び交い、恐怖さえ感じる現場だったという。

「人権無視か!」「2人は、『自分には症状がない』『早く家に帰りたい』と訴えたそう。また厚労省の職員が『ご自身のために検査を受けるべきです』と説得すると、怒り出して動画を撮影し始めた。その後、SNSなどで『彼らが自由に動くのはバイオテロだ』など役所の対応のまずさが批判されました」(前出・全国紙社会部記者)

「受け入れ先で、『テレビがない』と不満を言ったり、『こっそり逃げ出すぞ』と脅しのように凄む帰国者がいたそう。相部屋が不満で、『こんな狭いところに閉じ込めるな!』『人権無視か!』などの怒鳴り声もあったとか」(政府関係者)

「有名国立大学を卒業し警視庁に採用された彼は、企画課と公安総務課などを経て内閣官房に。大学時代はボート部に所属したスポーツマン。仕事ができ出世も早かった。ただ、真面目すぎる面もあった。A氏は危機管理を担当していた関係で、帰国者対応を命じられました。仕事は“相談窓口業務”という名のクレーム処理係だったようです。真面目な彼は帰国者の怒りのハケ口となり、サンドバッグ状態。2日間、寝ずに相当なプレッシャーを受け続けた。急激なストレス過多と、自殺に何らかの関係があるかもしれません」(警視庁関係者)

https://www.news-postseven.com/archives/20200206_1540058.html

 エリートに囲まれて仕事したことあるけど、 みんな論理的で仕事がスムーズ、マジで仕事がやりやすい、 そういうとこで育った人が、いきなりゴネる事しか知らないバカどもを 相手にする羽目になったら、そりゃ誰だって折れるわ、 モラルはおろか、知性のかけらもない連中ほど、 ワイドショーとかスポーツ新聞で聞きかじった知識を 振りかざすから始末に悪い、こんな奴等強権発動でいいわ。

https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1580958933/

 37歳の男性職員が自殺した。俺はこの行為に関する問題を以下で提示する。自殺に追い込んだ人間の少なくとも一人は関西人であったが、俺はやっぱり関西人であったかと感じた。関西人は臆病で女々しいが、相手が手出しできないとわかるとたかをくくってどこまでもつけあがる。

関西人は男性職員を自殺に追い込んだ責任を負うべきである。

1:制度の問題

1:現場に負担がかかる〜無能な経営者〜

 日本人の経営者や政治家の無能さは現場に丸投げするところである。彼らは現場に任せきりであり、彼らは現場に自分で考えろと丸投げする。男性職員の自殺の原因は何をして良いかわからなかったのでは?

本来であれば、彼の上司が職員や馬鹿な日本人を統治すべきであった。彼の上司は苦情者と対峙するのを不安に感じて、部下や職員に押し付けたように思える。

2:相互性の欠如〜職員へのいじめ〜

 日本人は相手が手出しできないとわかると、途端につけあげる。上記でも、職員をどなる人間や脅迫する日本人が存在した。日本人は職員を怒鳴るが、職員は日本人を怒鳴れない。

これは相互性の欠如であり、その欠如はレッド・カードである。もし相手が脅迫を繰り返すならば、島流しにすれば良い。助ける必要はない。

相互性が存在しないので、職員も職員の上司も苦情担当を嫌がったように思える。市役所の苦情係はストレスの立場である。なぜなら、相互性の欠如が存在する。

3:契約の欠如

 日本人はお客や市役所の職員を家来か何かであると感じている。しかし、彼らは日本国民の契約相手である。教育機関である大学教員自体が契約を認識できないないので、彼らは日本国民や学生を部下か家来のように扱ってきた。

その結果、日本人の日本国民全体が職員を学生のような家来か何かであると感じてきた。

2:人権と自由意志の問題

1:大和民族はキリスト教なのか?

 大和民族の日本国民の大部分は無宗教である。だから、人権を廃止すれば良い。人権が必要なのはキリスト教徒であり、黒人奴隷をやった白人である。俺らはキリスト教徒でもないし、黒人奴隷もやっていない。

人権は単なるわががまの発露と人間の奴隷化である。

2:自由意志の範囲

 関西人は自由意志を持って検査を拒否した。しかし、感染の場合、損害を他者に与える可能性が存在する。その場合、検査拒否は認められない。

もしある人間が感染爆発を引き起こす病気にかかっている可能性を持っているならば、その人間は検査を拒否する能力を持たない。日本政府はこの方針を貫けば良い。

タイトルとURLをコピーしました