山内まゆとベトナムとの二重国籍[ハーフでない蓮舫と小野田紀美]

制度
https://www.tbs.co.jp/anatsu/who/yamanouchi.html

 東京大学農学部へ留学していたベトナム人の父親(グエン・ヴァン・チュエン、元日本女子大学家政学部教授)と日本人の女性との間に生まれた。生まれたときは当時の日本国内の法制に従いベトナム国籍であった。そのため、グエン・リュー・タイフォンというベトナム名も持つ[1]

https://ja.wikipedia.org/wiki/山内あゆ

 山内まゆ(グエン・リュー・タイフォン)は東南アジア小人種と東洋小人種の中間小種の日本国民である(ハーフでない!)。彼女の半分はモンゴロイド人種⊃東南アジア小人種⊃ベトナム民族⊃北ベトナム部族である。ただし、彼女の父親が華僑や華人であるならば、民族は華南民族である。彼女の父は ‘ 普通のベトナム人 ‘ でないように思える。

山内まゆは二重国籍に関する話を番組内で提示して、問題になった。その行為は蓮舫議員の二重国籍に関する問題のあとであった。山内は二重国籍に肯定的であったように思える。

では、なぜ二重国籍は問題であるのか?以下で、俺は二重国籍の問題を提示する。この問題は蓮舫や小野田、そしてホラン千秋にも応用される。

1:機会不平等はレッド・カード!

 山内まゆ(グエン・リュー・タイフォン)は二重国籍を持っている。だから、山内まゆ(グエン・リュー・タイフォン)はベトナムでも日本国でもアナウンサーになれる二重の機会を実質的に持っている。これはレッド・カードである。

例えば、男子サッカーと女子サッカーを考えよう。男子はx染色体とy染色体の二重染色体である。男性は性別のハーフである。

もし男性が女性のサッカーにも男性のサッカーにも参加して、お金を稼ぐ能力を持つならば、その状態は機会不平等である。機会不平等はレッド・カードであるので、この状態は解除されるべきである。

 さらに、二重国籍は大局的な自立にも関係する。例えば、二重国籍のサッカー選手が2つの試合を同時に競技すると仮定しよう。その時、そのサッカー選手は2つの試合を同時に競技できないし、試合それ自体が成立しない。

もしその試合が成立するならば、単国籍のサッカー選手に試合の維持の負担が押し付けられている。にも関わらず、二重国籍のサッカー選手は負担に関する賠償をしないし、彼らは人間社会の維持を単国籍のサッカー選手に押し付けている。人間社会の維持を他人に押し付けることは黒人奴隷と同じであり、レッド・カードである。

もし山内まゆ(グエン・リュー・タイフォン)が二重国籍を求めるならば、彼女は2つの国家を彼女自身で作って、運営すれば良い。彼女はそれをできないことを知っている。山内まゆ(グエン・リュー・タイフォン)は人間社会の維持や負担をベトナム人や日本人に押し付けている。

2:もし二重国籍が正当であると認識されるならば、、、

 もし二重国籍が正当であるならば、次の状態が肯定される。

  1. 男性が女子大及び男子大にも入学できるが、女性はできない。
  2. 男性は女子サッカーにも男子サッカーにも参加できるが、女性は男子サッカーに参加できない。
  3. 男性は女子更衣室や女子トイレにも入れるが、女性は男子更衣室や男子トイレに入れない。
  4. 論文の二重投稿が許される。

男性はx染色体とy染色体の二重染色体である。だから、男性は女子大や女子サッカーにも女子更衣室や女子とトイレにも参加できる。しかし、女性は参加できない。

これはレッド・カードである。なぜなら、機会不平等である。もし機会不平等が肯定されるならば、女性の参政権や選挙権や労働する権利を認めなければ良い。機会不平等とは、こういうことである。

タイトルとURLをコピーしました