みずほ銀行システム統合苦闘の19年と大和民族経営者と技術者[社会性の欠如]

大和民族
https://www.mizuhobank.co.jp/special/loan_card_13.html

 上記の技術者は経営者が悪いと言っている。俺は彼の意見に賛成である。しかし、彼の意見は公平でない。俺は日本人の技術者にも問題が存在すると審判した。以下で、俺は大和民族の技術者と経営者の問題について語ろう。

大和民族の経営者には、様々な問題が存在する。例えば、勉強不足や義務の欠如、職業義務と身分との誤認などである。しかし、ここでは俺は彼らの社会性の欠如とシステム設計の未熟さについて述べる。

俺はみずほ銀行のシステム障害は経営者の統治能力の欠如とシステム設計の未熟さであり、技術でないと審判した。以下で、俺は俺の憶測に基づいて彼らの問題点を提示しよう。

『ヤバい本が出ようとしている』みずほ銀行のシステム統合の歴史を綴った本が出版される模様「最恐のホラー小説」「章題を見るだけで闇を感じる」
これはぜひとも読みたい…!

1:日本人経営者の問題

1:統治に対する感覚をつかめない

 大和民族の経営者の問題は統治を認識できないことである。彼らは経営者であるけれども、統治を認識できない。例えば、公立小学校のサッカーの授業を考えよう。俺らがサッカーの授業をする時、サッカーうまい人気者とサッカーできないキモオタが必ず1人や2人存在する。

では、サッカーうまい人気者がその授業の統治者になるだろうか?答えはいいえである。なぜなら、キモオタをうまく使える人間が統治者になる。一人の人気者だけでは、11人で行うサッカーの試合は機能しないので、サッカーのうまい人気者だけでは試合は回らない。

ボールを思いっきり前にしかけれなキモオタをどう扱うか?これが統治者の義務である。ゴールの前に立たせるか、相手の攻撃者に突っ込ませるか?大和民族の経営者の無能さとは、彼らはこの種のキモオタを叱ったり怒鳴ったりすることである。その結果、彼らはゴールポストの横に立ってペチャクチャ喋ってる(でも成績は欲しい)。

2:統治者に求められる社会性とは?

 なぜサッカーのうまい人気者が試合の統治者にならないのだろうか?なぜなら、人気者は社会性を持たない。だから、人間を適当に集めた時、能力にばらつきが生じる。その結果、クラスには、ボールをまともに蹴れない人間が少なくとも一人存在する。だから、その状態は自然であり、統治者はその状態を前もって考慮して、社会を設計する。

彼らはこういうことを理解できない。だから、彼らは下手くそなキモオタを怒鳴ったり、省いたり、いじめたりする。その結果、試合という会社がうまく回らなくなる。統治者は下手くそなキモオタに役割を与えて、うまく試合に組み込むことができる。

ゴミを拾えるホームレスを扱える人間はホームレスになっても、復活できるだろう。なぜなら、彼らはホームレスが会話できたり、文字を読めたり、ゴミを扱えることをすごいと審判する。薬物やアル中でなければ良いと考える。

3:社会システム設計できない

 システムとは、集合と要素と取り決めの組である。システム=(集合 , 要素 , 取り決め)である。

https://oreranitsuite.com/2020/02/03/システムという日本語の意味と身近な例わかりや/

 みずほ銀行のシステム障害の例は経営者が社会システムそれ自体を設計できないからである。彼らの行為は上記のキモオタに ‘ なんかやれ ‘ と怒鳴るような行為である。経営者の役割とは、技術者に適切な役割を与えて、試合という会社を機能させることである。

サッカーの場合、目的は決定されている。しかし、会社や企業では、彼らの目的は曖昧である。ヴィジョンがないのは、役割をキモオタに与えられないことに似ている。

統治者の役割は統治である。彼らは社会システムを設計する。その時、明確な目的を社員に与えることが必要になる。日本の統治者は統治を認識できないので、彼らはぐちゃぐちゃな試合を統治できない。その結果がシステム障害である。

2:日本人技術者の問題

みずほのシステム移行完了を記念して、デスマーチの経歴を振り返ってみた
「今週の土日もみずほ銀行が止まるらしいよ」 という会話、2018年や2019年の前半でよく耳にしましたね。 &…

1:社会性がない

 日本人の技術者は経営者がITを知らないと言ってきた。しかし、一人の経営者が全てを理解する時間も能力を持っていない。日本人の技術者は経営者にわかりやすくプレゼンできているか?

日本人の技術者は彼ら自身の技術を経営者に理解して欲しいと感じているように見える。社会を試合と仮定するとき、攻撃者や防御者は彼らの役割を指導者に理解して欲しいと感じない。彼らは彼らの義務を果たすべきである。

日本人の技術者の発言を見ていると、経営者が彼らを理解していなかったので、日本企業が衰退した。みずほ銀行のシステム障害が深刻化したと感じているように見える。この発言こそが社会性の欠如である。自分の知ってること≠相手の知ってることである

2:技術(製造)と統治は異なる

 日本人技術者は技術と統治を区別できない。彼らは経営者が彼らの技術を理解すべきである。その時、企業は発展すると信じきっている。しかし、サッカー選手を統治する統治者が存在しないと、試合が機能しないように、技術者を統治する統治者が存在しないと、企業は機能しない。

統治者の役割は統治であり、技術を理解することでない。実際、白人の大企業の経営者は技術を理解できないが、高い統治能力を持ってる。だからこそ、白人の企業は正常に機能する。

日本人技術者が求めるべきは彼らを理解する理解者でなく、彼らを適切に統治する統治者である。企業は君を理解するキャバクラでない。

3:経営者が馬鹿だと思うならば、会社を民主制度にすれば?

 企業民主制度とは、企業の構成社員が企業に対する選挙権を持つ民主制度である。

https://oreranitsuite.com/2020/02/13/企業会社を民主制に?新自由主義と株主資本主義/

 日本人技術者は日本人経営者に不満を抱いているように思える。もしそうであるならば、彼らは会社を民主制度にすれば良い。その時、経営者に対する不満は解消されるダロウ。

3:なぜ大和民族は経営できないか?

 ドイツ人は森を愛してきた。実際、彼らは謎の環境意識を持ってきた。その行為に対して、日本人の白人崇拝者は彼らを賛美してきた。

しかし、俺はドイツ人が森を愛することは彼らの未開性の証拠であると審判する。ドイツ人は森の意味を認識できない。ドイツ人を含む白人は遺伝的に優秀であってきたが、文明的に劣等であった。

https://oreranitsuite.com/2020/02/10/なぜドイツ人は森が好きか?狩猟民族古代ゲルマ/

1:島国の意味〜未開〜

 大和民族の短所は島国の意味を理解できないことである。島国の意味とは、牧畜や農耕できないことである。農耕や牧畜できないことの意味とは、統治できないことや生産(製造)できないことの意味である。

要するに、東南アジア人のように、自然の恵みを待ち続けて、それを取ったり狩ったりするだけ。もう少し発展すると、彼らは自然の恵みを交換して、商業活動に従事するようになる。

大和民族は狩猟や牧畜や農耕の意味を認識できない。人類の発展とは、自然の恵みをもぎ取る人々(もぎ取り民族)→動物を狩る人(狩猟民族)→家畜を統治(牧畜民族)→農作物を生産する人々(農耕民族)である。商業民族?は狩猟民族の後に存在するはず。

2:大和民族の歴史的な性質〜狩猟→農耕へ

 大和民族は製造を得意とするが、統治や経営を苦手とする。なぜなら、大和民族は狩猟民族から農耕民族へといきなり変化した。彼らは牧畜という家畜の統治を経験してこなかったので、彼らは経営を苦手とする。

実際、大和民族は人間を家畜や機械とみなして、統治しようとしていない。だから、彼らは統治が下手である。彼らは部下を人間と認識するので、彼らは人間を叱ったり怒鳴ったりしてしまう。

しかし、たとえ人間が機械や家畜を怒鳴るとしても説教するとしても、家畜は統治されない。この種の行為は大和民族が家畜を統治できないことを暗示する。