鳥居啓子(@KeikoUTorii)に見る駄目な日本人女性研究者

大和民族について
http://www.itbm.nagoya-u.ac.jp/ja/members/k-torii/

 鳥居啓子(@KeikoUTorii)は大和民族の数理情報の製造者である。俺が鳥居の行為を見た後、日本人の女性研究者の典型的な駄目な例であると審判した。以下で、俺は鳥居啓子の問題を科学事業という公共事業の観点から眺めよう。俺は科学事業の契約相手である日本国民である。

1:なぜ鳥居啓子はアメリカで成功したか?

 鳥居啓子は彼女の成功を彼女自身の実力であると錯覚してきた。しかし、彼女の成功は白人とキリスト教の白人の平等精神と慈悲の結果である。彼女は宗教の意味を把握できてこなかった。

だから、鳥居啓子は日本では差別があって評価されなかったが、アメリカでは評価された。彼女はこう考えてきた。しかし、この考えは完全に駄目である。

1:キリスト教の男女平等

 白人の米国民のほとんどはキリスト教徒である。彼らの神の下では、皆平等である。だから、女性も男性も平等である。だから、白人の米国民は男性も女性も採用する必要がある。彼らはこう考えてきた。

鳥居啓子が米国で採用されたのは、白人の宗教的な信念に基づいている。彼らはバカでないので、彼らは彼らの行為の根拠や正当性をよく考えた上で、行動してきた。鳥居啓子は宗教の意味すら理解できないので、日本は遅れているから、男女平等でないと錯覚してきた。

日本が男女平等でないのはキリスト教徒の国家でないからである。

2:女性という劣等な対象に対する慈悲

 キリスト教では、弱者に対する慈悲が重視される。だから、白人男性は鳥居啓子を採用した。この行為はユダヤ教徒の白人やキリスト教徒の黒人の米国民にも応用される。彼らが優遇されるのは、白人のほとんどがキリスト教徒であり、慈悲深さに忠実であるからである。

キリスト教徒の白人男性は黒人や女性を劣等な対象であると ‘ 内心 ‘ 考えてきた。だから、全ての有色人種および女性よりも先進的で優れた存在である白人男性様が慈悲深さを持って、黒人や女性に優しくする必要がある。だから、鳥居啓子は採用された。

大和民族を含む東洋小人種はキリスト教徒でないので、この種の慈悲を持っていない。だから、彼らは女性を採用する必要を持っていない。東洋小人種は女性を割と公平な視点で見てきたので、女性に対する慈悲を持っていない。たとえ女性が男性よりも劣等であるとしても、東洋小人種は「だから何?公平が最も重要でしょ」と感じてきた。東洋人男性は女性の劣等さに無関心であり、彼らは非常に公平である。

白人様
白人様

 西側白人は日本人女性が白人大好きで、白人ハーフの子供を産んで自慢したいなど完全に見抜いている。だから、彼らは東洋人女性を使用して、東洋人を間接的に管理したい。彼らはこう考えている。なぜ西側白人が東洋人女性を出世させるのか考えたことがあるのか?

3:アメリカ大陸は白人小人種の所有物でない

 鳥居啓子は米国を高く評価する。しかし、アメリカ大陸は白人の所有物でなく、俺らモンゴロイド人種の所有物である。もし東洋人がケニア地域を不自然に占領して、白人女性を男女平等の名前の下で雇用していたら、ネグロイド人種はそれを賛美するだろでてこなかったらか?当然、その答えはいいえである。

にも関わらず、鳥居啓子は白人男性を賛美して、日本は遅れていると人種的に中傷している。普通に考えればわかるように、白人がアメリカ大陸に存在することは不自然であると審判するだろう。

白人はアメリカモンゴロイド人種を虐殺して絶滅に追いやった。アメリカ大陸は白人のものでないので、異人種や異民族を雇用する義務がある。それに対して、日本列島や中国大陸やアフリカ大陸の人間はアメリカ白人と同じような義務を負わない。

2:鳥居啓子の行為の問題点〜全部レッド・カード〜

 鳥居啓子の契約定理 もしxが鳥居啓子であるならば、xは契約を理解できない人間である。

 俺が鳥居啓子の態度の悪さと喧嘩腰な態度を見る時、この老婆は何様であるかと強い憤りを感じる。この老婆は大和民族に完全に甘えていて、侮辱しても殺されないと感じてそうである。老婆は契約相手を部下や家来か何かであると勘違いしているように思える。

大和民族の学者気取りの大部分は職業を認識できない。だから、彼らは科学者を偉い何かであると勘違いしているように見える。彼らは米国を頻繁に持ち出すが、儒教的な価値観を決して捨てようとしない。

これは矛盾であり、この矛盾は悪い(レッド・カード)である。東洋人に組織を形成させると、意味不明でロゴスが全く通用しない動物が登場する。彼らは契約をどうしても理解できないように見える

1:契約相手を侮辱する、当たり散らす

 鳥居啓子は契約相手を電網上で侮辱してきた。この行為は異常であり、レッド・カードである。日本人の学者気取りの行為は非常識でなく、異常や未開である。契約相手に対して、彼らはバカやアホや遅れているや、差別主義者と侮辱して、当たり散らす。

日本人の学者気取りはアメリカモンゴロイド人種と同様に、契約やお金をどうしても理解できない。だから、彼らは契約が破棄されるような行為を何回も繰り返す。さらに悪いことに、たとえ俺が彼らを彼らの侮辱的な行為に関して注意するとしても、彼らは注意の意味を把握できない。

鳥居啓子は契約を理解できないので、損害を契約相手に与えるし、契約相手を侮辱する。たとえば、鳥居啓子が男女平等を推進する時、彼女は差別やアメリカの事情を引用して、男女平等を押し付けようとする。しかし、女性を雇用するお金の大部分は契約相手のお金であるので、男女平等が損害を契約相手に与えないかを最も重視しなければいけない。当然、宗教的な問題も生じる。

2:キリスト教を押し付ける

 鳥居啓子は男女平等に関して日本人を侮辱してきた。しかし、彼女の行為は豚肉をイスラム教に食わしているような行為である。日本人の大部分はキリスト教徒でないので、男女平等に賛成しない。

この行為に対して、鳥居啓子は大和民族の契約相手を差別主義者とヒステリックに侮辱する。鳥居啓子は文明が何かを把握できないので、文明の違いを認識できない。男女平等の問題は西洋と東洋の文明の衝突であり、日本国の後進性でない。

鳥居啓子は日本国をキリスト教国家である米国のようにしようとしてきた。彼女は学者でなく無自覚的なキリシタン大名に近い。さらに悪いことに、彼女らは乞食のキリシタン大名である。

3:モンゴロイド人種を侮辱する

 鳥居啓子はアメリカ大陸の多様性を賛美してきた。しかし、この多様性は契約相手であるモンゴロイド人種の虐殺の結果である。ネグロイド人種やユダヤ教徒と公共事業に関する契約を結ぶ時、黒人奴隷やナチスを賛美することは正当でないように、鳥居啓子はアメリカ大陸の多様性を賛美すべきでない。

実際、アメリカモンゴロイド人種やイヌイットが多様性を賛美するネグロイド人種や白人小人種をみて、どう思うだろうか?人種的に侮辱されたと勘違いするだろう。

4:対外的な意思疎通ができない〜支離滅裂〜

 鳥居啓子は白人との対外的な意思疎通や中国人との歴史的な話を交わせない。その代わり、鳥居啓子はは大和民族に甘えて依存して、当たり散らしてきた。その結果、鳥居啓子はは支離滅裂で、まともなロゴスを理解できない。

鳥居啓子の話し方は日本国の大学でしか通用しない話し方である。一般的に、日本人の学者気取りは、白人やその他の東洋人はおろか、大学の外の人間とすら意思疎通できない。なぜなら、鳥居啓子はそれを事務員や職員にやってもらってきた。

5:職業を認識できない

 鳥居啓子は職業を理解できない。科学者は職業であり、行為の義務の一種である。科学者は先生と呼ばれてきたが、職業である。

儒教では、先生は偉い存在であった。鳥居啓子はこの儒教の精神を持っている。彼女は白人を崇拝して、白人の行為を引用してきたが、彼女は白人でなく単なる東洋人である。

鳥居啓子は契約相手をまるで部下や家来のように感じてきた。だから、鳥居啓子はその相手を侮辱してきた。この行為は異常である。

6:白人の夫や子供を見せびらかして、自慢する

3:解決案

 日本人の学者気取りは借りたお金を返さず、契約相手に損害を与え続けてきた。彼らはお金を盗んで搾取してきた。本来であれば、彼らは契約相手によって殺されてもおかしくない。

にも関わらず、鳥居啓子はこんな簡単なことすら理解できない。さらに悪いことに、鳥居啓子はなぜか被害者ぶって、契約相手を侮辱してきた。鳥居啓子は契約相手に対して、加害者であり、被害者でない。

さて、以下で、鳥居啓子を含む日本人の学者気取りの問題を解決しよう。

1:科学事業の廃止

 日本国における科学事業は不良債権であり、損害を契約相手に与えてきた。だから、科学事業を廃止することは日本国民にとって素晴らしい。俺は鳥居啓子を学者気取りの全ては不要な存在であると審判する。

鳥居啓子はエリートでも優秀な人材でもなく、単なる不良債権である。彼女は優秀な人材の流出という痛い単語を電網上で使用してきた。しかし、日本国民とって、鳥居啓子は不良債権である。

彼女を雇用するお金を米国に押し付けたほうが利益になる。

2:日本国の解体や大和民族の再分岐

 鳥居啓子は大和民族に依存してきたが、大和民族は彼女に依存していないので、鳥居啓子は彼らにとって不要である。だから、一度日本国を解体して、大和民族も再度分岐すれば良い。実際、殷王朝の時代には、大和民族の先祖は中国大陸の呉越あたりで生活していただろう。

その後、俺らの先祖は殷王朝の崩壊や春秋戦国時代にかけて、日本列島へと移動してきた。再度、大和民族が分岐することは生物学的に見ても、不思議でない。

大和民族自体は南方から北上した。一方、日本語はモンゴルあたりから南下した言語である。俺らの先祖は呉越あたりの言語を話していただろう。

3:刑罰の重視

 学問や科学や数学という単語は悪い。なぜなら、彼らの行為のほとんどは単なる数理情報の製造であり、ある種の製造業者である。単なる製造事業者を学者や学問と呼ぶので、特別扱いが見逃されてきた。

鳥居啓子は借りたお金に相当する知的労働を契約相手に提示したのか?俺はそう審判しない。にも関わらず、鳥居啓子は契約相手に対する損害に関して、何の罰も受けていない。賠償もしていない。これは悪い。

鳥居啓子は契約相手を奴隷化している。鳥居啓子は契約相手を搾取している。もし鳥居啓子が職業義務を果たしていないならば、彼女は正当な罰を受けるべきである。日本国の大学が知のキャバクラになるのは、刑罰が存在しないからである。

白人様
白人様

 日本人の学者気取りは借りたお金を返さずに、ものすごい損害を契約相手に与えてきた。加えて、彼らは契約相手をばかや無知や差別主義者と侮辱してきた。この種の行為と状態は非常に危険であるが、彼らはまさか殺されるとは夢にも思ってなさそうである。

習近平
習近平

 親切心で、契約相手に対する侮辱や中傷をやめろと言っても、彼らは発言者の発言の意味を理解できないように見える。まさに、馬鹿は死ぬまで治らないである。以下の呟きを見よう。日本人の学者はかなり恨まれているし、殺されてもおかしくないだろう。

白人様
白人様

 上記のような人間の数は一人でない。なぜ彼らが怒るのかというと、彼らは日本人の学者気取りが契約相手をないがしろにしていることに怒っている。研究予算はプレゼントでなく、知的労働との交換である。あげているわけでない。

白人様
白人様

 日本人の大学教員は消費者がお金を支払ったのに、商品が出てこない状態を延々と繰り返してきた。だから、上記の人間は怒っている。契約相手が商品を買うために、お金を払ったのに、日本人の学者気取りは商品をいつまでも提示しない。にも関わらず、彼らは予算がどうこう言って、すぐに騒いで喚いて、脅迫まがいのことを繰り返す。

白人様
白人様

 加えて、鳥居は女性差別や男女平等を掲げて、契約相手を侮辱している。上記の人間が言いたいのは、まず先に商品をきちんと出せ、お金を返せである。日本人の学者気取りは知性という単語を使用してきたが、彼らの知性の中には、借りたお金を返すとか、お金が支払われた後、商品を客に提示するという行為が存在しない。

タイトルとURLをコピーしました