なぜ2018年韓国の出生率は0.98か?キリスト教国家と歴史

人間について
https://ja.wikipedia.org/wiki/文在寅문재인 대통령이 26일 오후 청와대 본관 집무실에서 추석 맞이 영상메세지를 촬영하고 있다. 2017.9.26

 韓国の2018年の合計特殊出生率が「0.98」を記録した。1を割り込んだのは経済協力開発機構(OECD)加盟国の中でも唯一。背景には若い世代が抱えるさまざまな不安があるといわれ、未婚率も急増している。韓国の若い世代に今何が起きているのか、話を聞いた。

https://news.yahoo.co.jp/feature/1570

 韓国の出生率は0.98であった。このままでは、韓国は滅亡するだろう。以下で、俺はなぜ韓国の出生率がこのようになったかについて述べる。当然、出生率の影響はキリスト教由来である。

さらに、出生率の低下は韓国政府の制度設計の未熟さと朝鮮人の韓国国民の宗教の欠如にも由来する。神道を含む世界の宗教が子孫繁栄を願い、子孫に関する戒律を要求したのは、結婚と出産が宗教に密接に関係するからである。実際、イスラム教圏はキリスト教圏ほど少子化に悩んでいない。

1:出生率の低下の原因

1:キリスト教の影響〜男女平等〜

「女性にとって、この国は不平等なんですよね。そのため、母は私に幼い頃からこう言ってきました。『経済力は必要よ。経済力があれば結婚はしなくてもいいの』」

ブンホンさん

 出生率の低下の原因は男女平等である。女性は大局的に自立できず、男性に依存しているのに、女性は平等な権利を求める。

その結果、女性は男性に依存した状態で社会を形成しようとする。女性は男性に社会を作ってもらおうとするので、彼女は社会の存続を一切考えようとしない。たとえ女性が社会の存続を考えなくとも、女性は男性が社会の存続を考えてくれると期待する。

女性は男性が維持してきた社会から社会保障の恩恵を受けようとするが、彼女自身が社会を維持しようとしない。つまり、彼女自身は出産をしない。

2:結婚という契約は宗教的なもの

「社会が認める“家族”という形からこぼれると、何のケアもないというのはおかしな話です。従来の血縁型の家族でない人間関係にも社会のセーフティーネットがあり、社会的な家族として認めるのが正常な社会だと思うんです」ハウスには、ヘウンさんの弟ソンジョンさんも暮らす。きょうだいの父親はキリスト教の牧師だったが、経済的にも精神的にも家父長的な役割をしてくれる人ではなかった。「もし結婚したら、彼は私の夫で、弟ソンジョンの義兄になる。でも、ブンホンの友だちという関係はどうでしょう。『ヘウンの夫』という役割がつくと、その役割のせいで、今の彼らしくなくなってしまうのでは。私自身、結婚して『彼の嫁』としての役割が重視されたときに、『個人としてのホン・ヘウンはどこへ?』という疑問もあります」

ホン・ヘウンさん

儒教の影響を強く受けた韓国社会では、男尊女卑の傾向が長く続いてきた。家によっては正月や盆、祭祀などの準備から介護などまで、「嫁」という立場になった女性への負担は、今なお小さくない。

「今の韓国の社会では、結婚をしない今の関係性をきちんと理解してもらうのは難しく、とても悩ましいです。望むような社会になるにはまだ遠いのかなと思います」

 結婚は宗教的な契約である。韓国では、旧来の儒教が破壊されてきた。その結果、彼女らは結婚それ自体を忌避してきた。

朝鮮民族は狩猟民族的であり、彼らは社会性を持っていない。だから、彼らは結婚の重要性やそれが社会的なものであると認識できない。彼らはキリスト教的な結婚観や男女間を完全に持ってきた。

適切な結婚観→結婚の成立→子孫の誕生であるので、初めの結婚観が破壊される時、子孫の誕生が導出されない。朝鮮民族は彼ら自身の結婚観を彼ら自身で形成できない。だから、少子化になってきた。

2:少子化の問題と解決案

 2005年に当時の世界最低水準(1.08)を記録したことを受け、翌2006年、韓国政府は少子化対策の一環として初めて「低出産・高齢社会基本計画」を打ち出した。その後、育児休業中の給付金支払いや育休期間などをサポートする政策が次々と実行された。

だが、いずれの政策もはかばかしい効果はみられず、出生率はおおむね下がり続け、未婚率も上昇した。30代前半の韓国女性の未婚率は、1995年に6.7%だったのが20年後の2015年には37.5%と大幅に増えた。同世代同時期の日本女性の未婚率は19.7%(1995年)から34.6%(2015年)。韓国の急増ぶりがうかがえる。

https://news.yahoo.co.jp/feature/1570

 上記では、韓国政府は支援策(ご褒美政策)を実行した。しかし、韓国政府の行為は正当でない。重要なことは支援でなく、罰である。

乞食を支援しても、乞食はさらに研究費をくれくれいうだろう。実際、上記の支援策の結果、未婚率は上昇した。要するに、たとえ韓国政府が女性を支援するとしても、女性はそれを当たり前を感じて、男性を舐めてくる。

1:大局的に自立の欠如と負担の押し付け

「まず浮かぶのは経済的な問題。どれだけお金がかかるのか心配が先に立ちます」

「他の先進国に比べると、韓国は女性の地位が低いと思います。結婚すれば家事など負担が増えて、女性ばかりが犠牲になる。それならあえて結婚する必要はない。そう思っていました

「ただ、子どもは持たないと話しています。韓国では育児において、女性が身も心も犠牲にしなければならない。子どものために結婚するわけではありませんから

イ・ヘリさん(32)

 上記のヘリは子供のために結婚するわけでないと言った。しかし、彼女は彼女自身でどのように社会を維持するつもりであるかと俺は疑問に思う。彼女は他人が子供を産んでもらって、その子供が韓国社会を維持して、年金を老婆になったヘリに渡して養ってもらおうと考えているように思える。

彼女の行為は単なる乞食と他者の奴隷化と同じである。他人に韓国社会を維持してもらった後、彼女はその恩恵を寄生虫のように吸い取りたいと考えている。彼女らは朝鮮人男性が作った社会から恩恵を一方的に受けることばかりを考えていて、彼女自身が社会を維持することを考えない。

彼女は結婚せずに、子孫を残さないのにも関わらず、彼女は韓国社会からの恩恵を受け取ろうとしているように見える。もし彼女が韓国社会の人口の再生産を行わないならば、彼女は年金やその他の保障を韓国社会から受け取るべきでない。彼女は村八分されてひっそりと生きるべきである。

2:少子化防止の定理

 少子化防止の定理 もしxが人口の再生産に関して大局的に自立できない人間であるならば、xは年金を含む社会保障を受け取れない人間である。

 韓国人女性は子供を欲しくないと言ってきた。俺は彼女の自由意志を認めるが、彼女らは彼女らの行為の責任と後始末を彼女自身で追うべきである。しかし、もし彼女が人口の再生産に貢献しないならば、彼女は社会保障を受け取るべきでない。

なぜなら、彼女は他人が人間社会を維持することに依存してきた。彼女は負担を他人に与えてきた。負担は他者に対する損害である。

もし彼女がその損害に対する賠償しないならば、彼女は社会保障を受け取るべきdねない。それは他者に対する搾取である。

タイトルとURLをコピーしました