神戸大学教授の医師岩田健太郎は感染症の専門家?ダイヤモンド・プリンセスはCOVID-19製造機

大和民族について
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2006dir/n2678dir/n2678_03.htm

 岩田 健太郎(いわた けんたろう、1971年 – )は、日本の医師神戸大学教授

https://ja.wikipedia.org/wiki/岩田健太郎

 俺が岩田 健太郎の行為を見るとき、俺はある種の違和感を覚えた。彼は単純に目立ちたいだけでないかと。彼は感染症にかこつけて、政権批判したい、あるいは政治活動したいだけであるように見える。

俺は以下で岩田 健太郎の行為のレッド・カードな部分を提示する。岩田 健太郎の行為はかなり悪質であると言わざるを得ない。岩田 健太郎は典型的な大和民族であり、白人やアラブ人、時には同じ東洋人の大陸東洋人や朝鮮人との対峙すら恐れてしまう。

俺は岩田 健太郎は信用できない人間であると審判した。以下で、俺はその証拠を提示する。

このページを見るには、ログインまたは登録してください
Facebookで投稿や写真などをチェックできます。

1:岩田 健太郎のレッド・カードな行為

1:侮辱や中傷が多い

 岩田 健太郎は大学教員であり、その契約相手は日本国民である。彼は契約相手をネトウヨと侮辱しているが、その行為はレッド・カードである。他人をゴキブリと呼ぶことは明確な ‘ 暴力的嫌がらせ ‘ である。

岩田 健太郎が研究室の学生をゴキブリと呼ぶとき、その行為は処罰される。岩田 健太郎の行為は適切でない。一般的に、日本人の知の肉便器は契約の概念をどうしても認識できない。

だから、岩田 健太郎はこの種の行為を繰り返す。患者や契約相手をゴキブリやネトウヨと呼ぶことは正当でなく、悪い。レッド・カード。

2:パンデミックに関連づけた政治活動

 岩田 健太郎は感染症を防止したいのか不明である。彼は感染症にかこつけて政治活動を試みているように思える。俺は上記の意見に賛成である。岩田 健太郎は科学者としての業務の範囲を逸脱している。

岩田 健太郎の行為は悪質であり、科学を装った政治活動、まさに ‘ ニセ科学 ‘ である。政治活動には、善悪の判断が伴うので、科学者はその判断には無関係である。なぜなら、科学とは自然界に関する数理情報の製造である。

3:活動の目的が不明瞭

 岩田 健太郎の行為の問題点とは、岩田 健太郎の政治活動の目的が存在しないことである。コロナ・ウイルスに関して、感染症の専門家の政治的な目的とは、感染症の予防と拡大の収束である。俺が岩田 健太郎の発言を見ていると、岩田 健太郎は感染症を予防したり、拡大を収束させようとしているように見えない。

岩田 健太郎の活動には、別の意図が存在するように見える。彼は専門家という単語を使用して、国民を安心させて、岩田 健太郎の政治活動に引き込もうとしているように見える。もしそうであるならば、岩田 健太郎の行為は非常に悪質である。

2:専門家は家畜の統治者か?

THE MAKING (126)絹糸ができるまで

※124 岩田は一貫して官僚批判だよ。「ド素人の官僚どもが、専門家の俺を除け者にしやがってアホか!」ってブチギレてる。それと政府は全く別問題

http://workingnews.blog117.fc2.com/blog-entry-13502.html

1:専門家とは数理情報を製造する蚕と同じ

 岩田 健太郎の行為は専門家の無力さを暗示する。専門家は家畜を指揮する立場でなく、自然界の数理情報を製造する蚕と同じである。蚕が人間を統治できないように、専門家は家畜を統治できない。

蚕がまともな政治活動を実行できないように、専門家岩田 健太郎はまともな政治活動を実行できない。岩田 健太郎は専門家が日本社会を導くべきであると錯覚しているように見える。しかし、蚕が飼い主やその他の蚕を導けないように、専門家は家畜を導けない。岩田 健太郎は統治者でない。

2:政治家はその蚕たちを統治する飼い主

 岩田 健太郎は専門家を過剰評価してきた。専門家はあくまでサッカー選手や上記の蚕と同じであり、統治される人間である。一方、政治家は蚕や家畜の飼い主であり、彼らはピットブルのような家畜を統治する義務を負っている。

日本国の問題は専門家の軽視でなく、統治者の軽視である。自然界の情報を製造する蚕を統治する人間が存在しないので、蚕が無駄に捨てられてきた。和風な表現が許されるならば、勿体無いである。

せっかく、自然界の情報を製造する蚕が存在するのに、統治者がそれらの家畜や昆虫をうまく統治できない。これは勿体ない。

3:岩田 健太郎の行為は以下の動画と同じ

霊波之光?つまんない宗教でした

 日本の宗教とはこうあるべきだな。宗教の教義や理屈などを抜きして、とにかく触ると病気がなんとなく治り、なんとなく皆でわーっと楽しんでですね、なんとなく前向きな気分になれる、挨拶で気分が明るくなるみたいなね、そういうのが日本の宗教の一般的なものなのかなと日本のよくあるおばちゃん向け宗教に対して、宗教としての合理性やあるいは聖典の確実性とかね、そういうことを聞いた私が野暮であった。

https://www.youtube.com/watch?v=pE5PC57I61c

 上記の動画は実に喜劇的である。俺は日本のよくあるおばちゃん向け宗教という表現に笑った。岩田 健太郎の行為もまた同じである。岩田 健太郎の行為は日本のよくあるおばちゃん向け政治活動である。

おまけ:岩田 健太郎の奇妙な心理

 上記の指摘は真っ当である。コロナウイルスの発生の責任は中国政府に存在する。また、この船の船籍(国籍)はイギリスであるので、この船の行為に関する責任は日本政府でなく、英国政府に存在する。

にも関わらず、彼はその事実をきちんと指摘する義務を放棄して、日本政府や日本国に対する批判に必死になっている。岩田 健太郎の行為は不公平である。岩田 健太郎は白人や中国政府などの対峙が必要でかつ岩田 健太郎を守ってくれない対象を絶対に批判しようとしない。

上記では、なぜ日本の責任にしたいのかと指摘された。俺もまた同感である。岩田 健太郎は日本の責任にして、安倍政権を打倒したいやイケメンの白人男性に日本人を叱ってもらって、日本を変えたい、または白人に叱られている日本人を見て笑い者にしたいという心理を持っている。

 俺は岩田 健太郎の行為を深く軽蔑する。岩田 健太郎の行為は感染症の専門家の行為として逸脱している。岩田 健太郎はたとえ岩田 健太郎が日本に責任をなすりつけても、ママやパパたる日本政府や日本国がその後始末をしてくれると感じている。

だからこそ、岩田 健太郎は日本や日本人に損害を与えるような行為を平気で繰り返す。岩田 健太郎は損害を日本国や日本政府に与えるとしても、岩田 健太郎は彼の行為の責任を彼自身で取るつもりがない。

岩田 健太郎は誰かに岩田 健太郎の行為の後始末をさせようとしている。だから、岩田 健太郎は日本の責任にするようなことを平気で主張する。この種の行為はsayokuでなく、キリシタン大名やからゆきさん的行為に近い。

 岩田 健太郎は科学事業における契約相手たる日本国民や医者としての患者を危険晒している。岩田 健太郎の行為は非常に悪質であり、レッド・カードである。岩田 健太郎は先生でなく、軽蔑されるべき動物である。

岩田 健太郎は患者や契約相手をゴキブリと呼んだ。しかし、俺が岩田 健太郎の行為をみると、どっちが日本国にとってゴキブリであるか疑問に思う。ゴキブリは損害を俺らに与えるので、罰される。岩田 健太郎とネトウヨのどちらが損害を日本国に与えているのだろうか?

タイトルとURLをコピーしました