アラングースのインフレーション理論とノーベル賞の天才物理学者佐藤勝彦の情けなさ

大和民族について
https://www.youtube.com/watch?v=6y8dHxO9ZXE
佐藤勝彦 物理学専攻 名誉教授 『宇宙のはじまりに種があった』

 インフレーション理論に関する発見者を巡って、佐藤勝彦とアラングースは仲違いしてきた。しかし、俺はこの問題は佐藤勝彦の幼稚性の結果であると審判する。佐藤勝彦はアラングースに直接的に苦情を言わないで、日本人に日本語で先取権を主張して、理解してもらおうとする。

もし佐藤が彼の理論の先取権を主張するならば、彼は議論やきちんとした文章を発表すべきである。以下で、俺は日本人の学者気取りの情けなさについて述べる。

佐藤は高慢でないし非常に真面目な人間である。俺は彼の啓蒙活動を高く評価する。しかし、彼は幼稚であり、もし俺らが東洋文明の発展を望むならば、この幼稚さはきちんと改善されるべきである。

1:佐藤勝彦の幼稚さと情けなさ

 上記の行為は佐藤そのものである。彼もまた白人に何も言えない。彼はインフレーションの発見者を日本人に理解してもらおとする。彼は学者や先生と呼ばれて、儒教的な精神の下で甘やかされてきた。

しかし、その実態は先生こそが子供であり、パパやママに子供の業績や学校での不公平な成績を評価してもらおうとしてきた。その一方で、パパやママは学校の先生(白人やアラングース)と対峙して、子供の成績を公平にしてもらおうとする。

佐藤の場合、喜劇的なのがここでの子供がパパやママによって先生や学者と呼ばれてきたことである。俺は佐藤の卑しい本音を憶測できる。佐藤は日本人にインフレーションの先取権を主張して訴えて、日本人に伝言させて、日本人がアラングースやその他の白人に佐藤の業績を認めさせようと考える。佐藤は彼自身が白人との対峙を恐れるので、日本人に白人と対峙させようとしている。

2:佐藤勝彦に類似した具体例

 押川は彼の発言の異常性を理解できないだろう。白人がジャップといったので、押川は白人を批判すべきである。しかし、押川はジャップと侮辱した白人にビビって何も言えないので、日本人をなぜか批判する。

上記の押川の行為も非常に卑しい。学問や教員という立場を悪用して、彼は日本人のみを人種的に侮辱する。彼は大和民族に完全に依存して甘えきっている。彼はまるで先生が生徒を教えるように、なぜか白人でなく日本人に説教する。

俺は押川の卑しい本音を推測できる。押川は彼の容姿を醜いと感じているので、ブサイクでもバカにされない、誰とも対峙しなくて良い優しい環境や優しい母胎を求めてきた。朝鮮人や中国人に攻撃的な日本人はその優しい環境を破壊する可能性があった。だから、押川は押川のために日本人ばかりを批判する。押川は白人との対峙を他の日本人にやらせようとしてきた。

3:大和民族の大学教員の無能さと役に立たなさ

 俺は佐藤の幼稚さに幻滅する。佐藤は無能であり、役に立たない。彼はサッカーの授業中の立ちんぼに似ている。彼はサッカーの試合で白人と対峙するのが怖いので、ゴールポストの横に立っていて、立ちんぼして傍観する。彼はクラスメイトにサッカーを競技してもらおうとする(でも、成績は欲しい)。

大和民族を含む東洋小人種も白人も佐藤や他の日本人の学者気取りの幼稚さに呆れてきた。佐藤も学者気取りも彼らの表面的な不安のみに注意を払ってきた。だから、彼らは指摘されることのみを恐れきた。

俺は学者の全ては解雇されるべきであると審判した。彼らは社会性を持っていない。彼らは不良債権であり、負担と損害を日本人に与えてきた。日本の大学は知のキャバクラか老人ホームであり、彼らは何も彼ら自身でできないだろう。彼らは白人にビビって何も言えなくせに、彼らは日本人の足ばかりを引っ張る。

タイトルとURLをコピーしました