なぜニコニコ動画は衰退?原因と無能戦犯川上量生?技術者の統治

大和民族
https://ja.wikipedia.org/wiki/川上量生
広告

 ニコニコ動画は衰退してきた。その原因はyoutubeや新たなサービスのなさや製造者の軽視が指摘されてきた。しかし、俺はその原因は統治者の欠如であると審判する。

以下で、俺は統治者と技術者とは何であるかについて述べよう。大和民族は狩猟から農耕民族へと変化したので、彼らは牧畜を認識できない。その結果、彼らは技術者という家畜を統治する感覚をいまいち掴めないように思える。

ニコニコ動画を見ると、技術者は川上の方針によって比較的自由に生きてきたように見える。しかし、技術者はあくまで生産者であり、統治者でないので、ニコニコの技術者は動物園のように振舞ってきたはず。統治者なしに、サッカーの試合が存在しないように、統治者ないし、会社も生産者も適切に機能しない。

広告

1:統治者とは何か?役割

 君との共通認識 統治者とは、人間を統治する人間である。

 統治者の具体例は政治家である。俺らは投票を通じて統治者を選択して、俺らの統治の代理を政治家に任せてきた。

1:統治する

 統治者の役割は家畜の統治である。日本人はこの統治という行為をどうしても認識できない。技術者は人間でなく、家畜や蚕と同じである。

だから、技術者は製造の目的も会社の方向性も与えられない。ニコニコ動画の衰退は川上量生が家畜をきちんと統治できなかったからであると憶測する。技術者という家畜は製品の前の物体や数理情報を無目的に製造するだけある。

まるで絹を生産する蚕のように。まるで羊毛を生産する羊のように。技術者も同じ。

2:目的を人間に与える

 自然界には、人生の意味も目的も存在しない。統治者はそれを人工的に創造する必要がある。目的を与えられた会社員は動力を持った機械のように動くだろう。

統治者が与える目的は人工的な原動力やエネルギのようなものである。統治者が目的を人間に与えるとき、なぜその目的が正当であるかを考える必要がある。有能な技術者にとって、儲かるから利益が出るからでは少し弱い。

ニコニコ動画の統治者は行為の目的を社員にきちんと与えたのか?俺はニコニコ動画の統治者はその行為(目的の付与)を怠ってきたので、ニコニコは迷走したと審判する。

3:サービスを考える、会社の方向を与える

 サービスを考えるのは統治者の役割である。それは技術者の役割でない。ニコニコ動画では、誰がどのようなサービスを考えているかがわからない。

俺の勝手ない印象によると、技術者がサービスも会社の方向性も考えているように思える。それは経営者の役割である。この状態は蚕や豚のような家畜が飼い主を動かしているようなものである。

または、芋虫に寄生する寄生虫やハリガネムシが芋虫やカマキリを操っている状態である。技術者は製造者であるので、製造の目的や会社の方向性を考える能力を持っていない。製造の目的を彼らに与えるのは、統治者の役割である。 

2:技術者とは何か?役割

 君との共通認識 技術者とは、製品を製造する人間である。別名は製造者である。

 農家は生産者であるが、製造者でない。なぜなら、農家は農作物を機械製品のように一から設計しない。

1:製品を製造する

 製造者の役割は製品を製造することである。製造には、車のような製品と数理情報やプログラムのような情報製品が存在する。労働者の集合では、製造者はこれらを製造する義務もつ。

製造者は人生の目的や行為の目的、目的の正当性を製造できない。たとえ製造者が数学に長けているとしても、彼らは人生の意味や数学の目的を製造できない。しかし、人間が人間社会を形成するとき、この目的の創造や行為の正当性を創造することは必須である。

科学者や数学者の大部分はなぜその数理情報を製造するかに回答できない。なぜなら、数学の世界には、目的も善悪も存在しない。計算することが良いか悪いか、論理的あることが良いか悪いかの判断は製造者でなく統治者によってなされる。

2:勘違い〜専門家や学者は先生か?〜

 専門家や学者は技術者と同様に製造者であり、生産者でない。彼らは製造の目的を与えられない。実際、日本人の学者の作る組織はめちゃくちゃである。

ニコニコ動画の衰退は製造者を野放しにした結果である。彼らは製造能力を持つが、製造の目的を設定する能力を持たない。魅力的なサービスを考えることは製造能力にあまり関係ない。

その能力は人生の意義や人生の目的を考える能力に近い。技術はそれを達成するための道具や手段である。軍人は戦争における技術者であるが、彼らは戦争の目的を与えられない。戦争の適切な目的を考えることは政治家、つまり統治者の役割である。

3:日本人の技術者と軍人の暴走

 日本人の技術者の問題は第二次世界大戦における日本人軍人の暴走に近い。軍人はあくまで戦争における技術者である。技術者が製品を製造できるように、彼らは戦闘を製造することができるが、技術者も軍人も製品や戦闘の目的を設定できない。

にも関わらず、技術者も軍人も統治者になろうとしてしまう。それは政治家や外交官の役割であり、軍人や技術者の役割でない。ニコニコ動画の衰退もまた統治能力の欠如、技術者や社内軍人の暴走でないかと勘ぐる。

結局、技術者は製品の目的の設定能力や会社の方向性の決定能力や統治能力を持っていない。だから、ニコニコ動画における技術者はまともなサービスを形成できない。当然、この責任は家畜を統治できない統治者に存在する。

3:統治者と社会性

1:サッカーの試合と社会性

 学校の組の人々がサッカーの授業に参加する時、誰が組の統治者になるべきか?学者や技術者はサッカーが一番うまい人間と答えるだろう。しかし、その種の人間は統治者になれない。

なぜなら、彼らはサッカーできないキモオタを統治できない。サッカーは11人でやる競技であるので、キモオタの数が4人存在するとき、そのチームは正常に機能しないので、基本的に勝てない。しかし、キモオタをうまく使える人間が組の中に存在するとき、そのチームは勝てる可能性を持つ。

その人間はサッカーのうまい人間でなく、キモオタをうまく試合やチームの中に組み込める人間である。人間社会も同様で、人間の能力には、ばらつきが常に存在するので、馬鹿な人間をうまく人間社会に組み込める人間が統治者になる。

ジョン・ローン
ジョン・ローン

 人間を統治する気質(リーダー気質?)って確かに存在して、それは生得的。彼らは必ずしも勉強や数学やサッカーがうまいわけでないし、イケメンや美女やモテる人気者でもない。しかし、纏っている雰囲気が異なっていて、恐ろしく独特な雰囲気は小学生の時点で既に発揮されるように見える。

2:統治者にあって技術者にない思考

 人間を集める時、ボールすら前に蹴ることができないキモオタが存在する。統治者はこれをよく把握している。統治者はこの種のキモオタを含めて社会を設計しようとする。

一方、技術者はサッカーできないキモオタを見下す。彼らは失敗したキモオタを必ず攻める。その結果、キモオタは自信を無くしてますます試合に参加しない。

技術者は数学できない人間を見下す。統治者は数学できない人間をどうやって人間社会の中に組み込むかを一生懸命考える。その結果、技術者は統治者に絶対に勝てない。

3:統治者にあって技術者にない能力

 キモオタはボールを前に正確にけれないので、ドリブルやシュートはおろか、パスもできない。その時、統治者はキモオタをどのように使うかを考える。例えば、キモオタをゴールの前に置いて、ボールが来たらとにかく前にデタラメに思いっきり蹴らすか、相手のゴールの前において、とにかくデタラメに蹴らすか、相手の防御者の邪魔をさせるか、などである。

一方、組みにおけるサッカーのうまい人気者はミスを繰り返すキモオタを軽蔑したり、苛立って、キモオタを授業から排除しようとする。その結果、サッカーの授業中、キモオタはゴールポストの横に立って、ペチャクチャ喋ることになる。当然、こちらのチームの人数は減少するので、サッカーのうまい人気者が率いる組織は相手チームに勝てなくなる。

統治者は無能な人間を試合(組織)に組み込んで、試合(組織)を機能させることに長けている。彼らはそのために、必要なシステムを非常に見事に形成する。一方、技術者や学者は数学できない人間をサッカーのうまい人気者ように見下して、排除しようとする。

 技術者も学者も社会性を持っていない。だから、彼らは数学できない人間や技術に無知な人間を人間社会にどのように組み込むかに無関心であってきた。上記のサッカーのうまい人気者が組織を率いることができないように、日本人の学者や技術者もまた組織を率いることができない。

なぜなら、彼らはばらつきのある人間からなる社会をどのように形成すべきであるかを一切考えてこなかったからである。簡単に言うと、日本人の技術者や学者は社会性を持っていない。彼らは社会性を持っていないので、彼らは何かを統治するという発想をそもそも持たない。

タイトルとURLをコピーしました