しょぼい政党矢内東紀の衆院静岡4区候補とダールルハック(真理の家)

大和民族について
https://www.dailyshincho.jp/article/2016/10051500/?all=1

 4月に行われる見通しの衆院静岡4区の補欠選挙に東京都の会社役員でユーチューバー矢内東紀さんが出馬表明しました。2月26日、県庁で出馬の会見をしたのは東京都の経営コンサルタント会社の役員で、ユーチューバーの矢内東紀さん(29)です。矢内さんは2019年、政治団体の「しょぼい政党」を立ち上げ、党首を務めています。選挙では精神障害・発達障害の当事者として、福祉制度の充実などを訴えたいとしています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-00010000-sbsv-l22

 千葉県成田市生まれ。高校時代はニーチェ、ウィトゲンシュタインなどの哲学書を読みふける。一年の浪人期間を経て、慶応義塾大学経済学部に入学。 大学入学後に、ノンセクト・ラディカルの新左翼活動家として活動を行なった。その世界では、将来を最も期待されていた人物であった。おもに就活問題解決のための「就活生組合」を組織し代表に就任。マルクス経済学の勉強に励み、大学では「マルクスの宮内」と呼ばれた。 

「イスラーム教を布教するのが第一の目的ですが、まず神に帰依することを純粋な形で教えたい。日本における宗教の在り方を考えながら、日本の地理的、気候的、文化的条件のもとで、それをどのように為せばいいのかを日々考えています。」

また、2012.01.23 11:29 のツイートに、

「何をするのもつらい。しかしこれでいい。不健康、死こそ真理であって、健康や生は仮初めに過ぎないから。」とあるが、私自身の覚醒体験から得たスピリチュアルな観点を基盤に、その真意を問いたい。神の意志を確認したい。(平井愛紗)

https://ameblo.jp/aishahirai/entry-12198108994.html

 矢内東紀は政治家に立候補した。俺は彼は結構危ない人間であると感じてきた。矢内東紀は彼自身が何をやりたいかをわかっていないように見える。

矢内東紀は左翼活動に参加したり、イスラム系?新興宗教ダールるハックを立ち上げたり、バーを開いたり、政治家に立候補したり、、、。彼の行為には、なんら一貫性が存在しない。彼は本当に発達障害であるように見える。

1:矢内東紀とダールルハック(真理の家)

あまり喋りたくない過去の話をします

 一言でいえば、麻原彰晃や大川隆法になれなかった男ということ。いまはなれなくて本当に良かったと思うし、回復させてくれた家族や友人に感謝しています。

https://www.youtube.com/watch?v=mPvoZS6GdUk
慶大卒の「イスラーム預言者」インタビュー 神からの啓示を語る | デイリー新潮
北海道大学の学生が「イスラーム国」に参加するべく、シリア渡航を計画した一昨年の事件をご記憶だろうか。…
宗教団体を立ち上げて5年で崩壊した話
 毎回、この季節になると、書かなければならない、書かなければならないと思いながら、結局書くことができずに2年、3年が経った。  なぜ書けないのか?事情が複雑に入り組み、利害関係者が多く、そしてその利害関係者の存在の根本に関わることだから。記憶が混濁し、整理がつかず、留保つづけ...

 上記の動画によると、矢内東紀は神の声を聞いたらしい。矢内東紀はそれを幻聴や統合失調症と審判した。矢内東紀は彼自身を病気な状態を読んだ。

しかし、俺は矢内は当時の矢内を統合失調症と認識していないと審判する。彼は神の声を聞いたと言って、信者を集めたかっただけである。彼はバカでないので、ムハンマドやアブラハムやモーセの真似をすれば、彼は信者を集めて、尊敬されるだろうと予想した。

だから、矢内は神の声を聞いたと言った。彼は神格化されるために、彼は神の声を聞いたと嘘をついたはずである。俺の勝手な憶測によると、ムハンマドやアブラハムやモーセは神の声を本当に聞いた。たとえそれが幻聴であるとしても。

 菜々hono3 か月前 とても統合失調症だった人とは思えない。できたら幻聴の聞こえた内容とかどういう声だったのかとか 具体的に聞いてみたいです。簡単に治る病気ではないので。苦しんでる人や家族が多いのでよく話してくれたな と思いました

https://www.youtube.com/watch?v=mPvoZS6GdUk

 それに対して、矢内は神の声を聞いた人物の真似をしただけである。俺は矢内は神の声を絶対に聞いていなかったと審判する。俺は当時の矢内ですら神を心の底から信じていなっかったし、彼は神の声を聞いていなかった。

彼は神の声を聞いたと言って、神秘的な雰囲気をまとえば、ちやほやされると企んだ。だから、彼は新興宗教を立ち上げて、神の声を聞いたふりをした。下記の囲繞は宗教団体霊波之光に対する矢内の感想である。

 日本の宗教とはこうあるべきだな。宗教の教義や理屈などを抜きして、とにかく触ると病気がなんとなく治り、なんとなく皆でわーっと楽しんでですね、なんとなく前向きな気分になれる、挨拶で気分が明るくなるみたいなね、そういうのが日本の宗教の一般的なものなのかなと日本のよくあるおばちゃん向け宗教に対して、宗教としての合理性やあるいは聖典の確実性とかね、そういうことを聞いた私が野暮であった。

https://www.youtube.com/watch?v=pE5PC57I61c

俺は上記の感想は矢内の運動や行為それ自体であると審判した。矢内は彼自身が合理性や整合性ない行為を繰り返してきた現実に耐えられない。だからこそ、矢内は矢内の行為みたいな日本の新興宗教を許せない。なぜなら、それらはかつての矢内を見ているようなものである。

2:なぜ矢内東紀は新興宗教を批判したか?

1億円で核兵器を作ってこいと麻原にいわれた・・・オウム元代表に訊く、オウム真理教の生活

 矢内東紀は信仰宗教を立ち上げたが、彼はその宗教を廃止した。その後、彼はyoutuberになり、なぜか新興宗教を批判し始めた。まるで白人が日本人や中国人を差別主義者と糾弾してきたように。

まるでドイツ人がナチスと差別を糾弾したように。まるで西側との白人の中間種が日本人を差別主義者と糾弾するように。俺らの全ては彼ら自身が何らかの差別主義者に関係してきた。

白人は殺人鬼と差別主義者の子孫であり、ドイツ人はナチスの子孫、白人との中間種は両親がアジア人が嫌で、白人ハーフを自慢したかった差別主義者で白人至上主義。彼らは彼ら自身の内部や先祖が差別主義者や悪魔やナチスである現実に耐えられない。だから、彼らは他人を差別主義者と糾弾することによって、彼らは現実から逃避したい。

霊波之光?つまんない宗教でした

 ドイツ人が彼ら自身を差別しない側に置き、差別主義者を糾弾するとき、ドイツ人は彼ら自身がナチスや黒人奴隷を持ったクズであることから逃避できる。白人との中間種が日本人を差別主義者と糾弾して、彼ら自身を差別しない側や差別される側に置く時、彼らは彼ら自身の日本人母の卑しく醜い精神から逃避できる。結局、白人やその中間種の行為は彼らが醜いゴミであるという現実から逃避でしかない。

俺は矢内東紀も同様の心情を持っていると審判した。矢内東紀は新興宗教を批判することによって、彼は彼自身が胡散臭い新興宗教の教祖であった事実から逃避したいと感じた。矢内東紀は彼自身を新興宗教を批判して、新興宗教の胡散臭い部分、性やお金や教義の不合理性を批判することによって、彼は彼自身を胡散臭くない立場におきたかった。そうすることによって、矢内東紀は現実逃避を試みた。

俺は矢内東紀や白人や中間種の行為に反対する。彼らは彼らの現実ときちんと向き合うべきである。たとえ矢内東紀やドイツ人が差別やナチスを糾弾するとしても、彼らの性質は何も変わらない。

【幸福の科学】幸福実現党役員に宏洋さんとの対立や霊言について聞いてみた

 彼らはキリスト教的な純潔の聖なる対象になることはできない。彼らが他人を差別主義者と糾弾することは免罪行為でも贖罪行為でもない。以下の動画が参考になるだろう。白人や矢内が恐れているものが何か(電ぴょんを押せ)をしる。

ジョン・ローン
ジョン・ローン

 発達障害の特徴は不安の原因に対する過度な否定行為である。糾弾行為はその否定行為に含まれる。白人はアスペや発達障害の度合いが強いので、彼らは差別を過度に糾弾する。

28 Weeks Later (2007) Opening Scene (HD/60fps)
ジョン・ローン
ジョン・ローン

 「押せ

タイトルとURLをコピーしました