古代ギリシアのロゴスとは論理?雰囲気イケメンと無限と人間の本質

言語
https://koyo.walkerplus.com/detail/ar0726e13175/

 大和民族はロゴスの意味を認識できてこなかった。彼らはロゴスを論理を雰囲気で捉えてきた。しかし、ロゴスに対する魚拓はそうでない。

俺らが無限を俺らの感覚や雰囲気で扱う時、俺らは誤った結論を下してきた。だから、俺らは無限を雰囲気や感覚で捉えないために、ロゴスを使用した。コーカサス人種は世界を捉える時、彼らは世界を感覚で捉えるのでなく、ロゴスで捉えた。

例えば、俺らが膨大な数の対象を扱う時、俺らはそれらを感覚で把握できない。だから、俺らはロゴスを使用して、それらを扱ってきた。膨大な対象とは、数億の人間やお金や文字や原子の集まりである。以下で、俺らはロゴスとは何であるかを感覚的に把握しよう。

1:ロゴスとは?

 共通認識 ロゴスとは、対象達を正確に取り扱う時に、俺らが使用する脳の操縦方法である。

 俺は取り扱うという単語を使用したが、この単語は管理や統治に置き換えられる。簡単にいうと、俺らが物事を感覚や雰囲気で見ないようにするための脳の操縦法である。

1:ロゴスの使用状況

 ロゴスの経験則 もしxが多くの数の対象達から構成される対象αであるならば、xはロゴスによって取り扱われる対象である。

 俺らが家畜や膨大な数の対象を取り扱うとき、俺らは俺らの脳をロゴスで操縦する。例えば、家畜や数や商品や原子などが対象αの具体例である。数学では、無限級数や微分積分がその具体例である。

2:なぜ数学や科学はロゴスに関係するか

 日本人の学者気取りはロゴスを数学や科学に密接に結びつけてきた。彼らは自然界の真理を獲得するために、ロゴスを使用してきた。しかし、彼らはロゴスの意味を理解できないように思える。

俺らが原子や商品を取り扱う時、俺らは無限とも思えるような大量の対象を扱う。俺らはそれらの対象を感覚で扱えないので、ロゴスが重視されてきた。実際、俺らが無限を数学で扱う時、無限を直感や感覚で取り扱うと間違った結論を導き出す。

しかし、俺らがロゴスに沿って無限を扱う時、俺らは天才でなくとも無限をある程度正確に取り扱える。だから、ロゴスは重要である。

3:ロゴスとよくある誤解

 日本列島では、ロゴスは論理と解釈された。日本人はロゴスを自然界という真理を知るための道具や真理に近づくための何かと誤認してきた。しかし、俺はロゴスは膨大な数の対象を管理して統治するための方法であると審判した。

自然界は膨大な数の最小単位から構成される。上記のロゴスの経験則によって、自然界はロゴスによって取り扱われる。上記でも述べたように、俺らが無限を感覚で扱う時、俺らは誤った結論を導き出す。

しかし、俺らがロゴスに沿って無限を扱う時、俺らは整合性のある体系を気づきあげることができる。だから、ロゴスが重要である。

2:人間の本質へのロゴスの応用

 経験則 もしxがホモ・サピエンスであるならば、xはロゴスによって扱われる対象である。

 ホモ・サピエンスの体は60兆個の細胞から構成されている。各細胞も多くの原子から構成されている。この時、俺やコーカサス人種はホモ・サピエンスはロゴスによって取り扱われる対象であると審判する。

1:肉体の形とロゴス

 日本人を含む東洋人はロゴスを認識できない。だから、彼らは黄色人や黒人が白人の肉体と同じ形や要素を持つ時、彼らは各ホモ・サピエンスが同じ人間であると感じる。しかし、コーカサス人種はロゴスを適用して、そのように考えない。

もしxが人間の形を持つ対象であるならば、xは人間である。彼らはこの種の推論を誤りと審判する。例えば、人型ロボットやカエサルの彫刻は人間の形を持つが、人間でない。また、人型チョコレートや人型グミも人間の本質でない。

だから、たとえ俺らの目の前の存在が人間の形を持つとしても、俺らはそれを同じ人間と必ずしも認識しない。例えば、人形や彫刻やロボットは人間の形を持つが、人間でない。

3:大和民族の劣等性

 日本人は物事を雰囲気や気分やのりでなんとなく把握してきた。彼らはロゴスが何であるかを認識できてこなかった。

1:イケメンとロゴス

 日本人は白人をイケメンと呼ぶ。しかし、彼らはイケメンでない。ロゴスでは、白人の肉体の ‘ デザイン ‘ はより優秀である。

肉体のデザインは面積や比や曲率である。それらは数学で表現される。だから、肉体のデザインはロゴスによって把握される。

日本人は白人を雰囲気でふわっと捉える。そして、彼らは白人をなんとなくイケメンに感じる。彼らは白人の肉体の ‘ デザイン ‘ を認識できない。

2:科学は役に立ってきた

 日本人の学者気取りは科学は役に立ってきたと発言してきた。しかし、白人男性の科学が役に立ってきたが正確である。彼らは赤字で損害であり、害虫である。

日本人は彼ら自身をなんとなく役に立ってきたと雰囲気で捉える。実際、彼らは科学者ですらない。ロゴスでは、雰囲気を防止するために、人々は借りたお金と返したお金をきちんと計算する必要がある。

3:多様性や男女平等

 日本人は多様性や男女平等をなんとなく雰囲気で良いものと感じる。しかし、その多様性は俺らおモンゴロイド人種の虐殺の結果である。男女平等はキリスト教の概念の創造主の下では皆平等からきている。

雰囲気を防止するために、ロゴスを用いれば、俺らは多様性や男女平等に賛成しない。

タイトルとURLをコピーしました