神戸大学医師岩田健太郎と上昌広は先生か?儒教の弊害と統治者

大和民族について
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2006dir/n2678dir/n2678_03.htm

 コロナウイルスに関する岩田と上の行為は大和民族と儒教の弊害の象徴である。彼らは社会性を持たないので、彼らは統治を認識できない。学者は数理情報の製造者であって、統治者でない。以下で、俺は彼らの問題について提示する。

1:統治者は専門家でなく、政治家である

 政治家とは、国民を統治する人間である。彼らは統治の正当性を持っている。上記の岩田も上も民主制度や統治の意味を認識できない。

1:専門家のいうことを聞け?

 日本人は専門家のことを聞きなさいと言ってきた。しかし、専門家とは、統治者でなく、数理情報の製造者である。彼らは農家や機械製造者の情報製造版である。国民は農家に統治される正当性を認識しない。

民主制度では、統治の正当性は選挙によって与えられる。選挙を経ていない専門家は国民を統治する正当性を持たない。彼らができるのは、彼らの信用可能な情報を製造することのみである。

東洋社会は儒教社会であるので、そこで先生や専門家はまるで統治者のように振舞ってきた。しかし、先生は単なる職業であり、統治の正当性を持っていない。

2:真理で人間を統治できない

 人間社会は真理でなく約束で動く。真理の主張は統治の正当性を専門家に与えない。岩田もそのほかの専門家も統治や統治の正当性を認識できない。

彼らは彼らの真理を主張すれば、国民や政治家は契約なしに彼らの想い通りに動くと錯覚している。だからこそ、彼らは組織を形成して、立法に間接的に関係しようとしない。岩田も上もそのほかの専門家も立法や統治や民主制度の意味を認識できない。

人間は真理でなく、約束で動くので、立法が重要である。だから、もし彼らが彼らの目的を達成したいならば、立法を作る法律作成者に干渉する。けれども、彼らは立法なしに国民を彼らの真理や知識で統治しようとしてしまう。

3:統治の主導権を握りたい〜でも責任は政治家〜

岩田と上が卑怯なのは、彼らは先生や専門家として国民を統治したいと考えてることである。彼らの行為は職業義務の範囲を逸脱している。彼らは医者の仮面を被りながら、選挙を経ずに統治者になろうとする。

電網上やTVにおける彼らの振る舞いは、数理情報の製造や引用を逸脱している。彼らは先導だけでなく、彼らは国民を政治家の代わりに知識や真理の主張で統治しているように思える。しかし、その役割と責任は日本国の政治家の役目である。

岩田だけでなく、日本人の学者や専門家は政治家は専門家のいうことを聞くべきであると感じているように思える。結局、日本人の学者は物事の意味を認識できないので、彼らは民主制度の意味を理解できない。繰り返すが、民主制度では、統治の正当性は選挙によって与えられる

タイトルとURLをコピーしました