ホームページとブログの違い〜日記?開業医院と企業と学者〜

商い

 結論 ホームページは製品の展示場である。ブログは情報の製造場である。ブログは情報の工場で、ホームページはその工場で製造された製品の展示場。

 俺らが医院と学者と企業のホームページを見るとき、俺らはブログとホームページの違いを感覚的に把握する。もし君がサービスを受けたかったり、商品を購入したいならば、君はホームページに行こう。もし君が売り手や医者の人柄や雰囲気や政治信条?を知りたいならば、君はブログを読もう。

ホームページでは、商品が展示されている。商品には、医療のようなサービスや労働者のような個人情報(研究者のサイト)が展示されている。一方、ブログでは、自己や世界に関する情報や感想の情報が製造されてきた。

1:ホームページ(展示場)

http://noda-sakuraheart-clinic.com/index.html

 もし俺らが何がホームページであるかを見たければ、近くの医院を検索すれば良い。上記のサイトがまさにホームページである。上記はブログでない。

https://toyota.jp
https://toyota.jp

 上記はトヨタのホームページ(というかサイト?)である。ホームページでは、車などの商品や医療などのサービスが展示されている。

https://toyota.jp/aqua/

 上記の商品のアクアを指押しするとき、アクアのホームページに飛ぶ。それがこの画像である。toyota.jp/aqua/がこのページである。

 上記の企業はブログでなく、ホームページを作成するサービスを提供している。ブログとホームページの違いを知りたいならば、君は上記からその違いを把握できる。一般的に、ブログを作成するサービスを提供する企業はないように思える。

タイトルとURLをコピーしました