東京大学物理学者の押川正毅とコロナウイルスと中国と韓国

大和民族について
https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/features/voices074.html

 コロナウイルスの件に関して、押川正毅は日本国や日本人を延々と人種的かつ民族的に侮辱してきた。俺は彼の行為に関して異常性と病的なものを感じる。押川の行為はエリザベス・タスカーが好きな牧野純一郎にも該当してる。以下で、俺は彼の行為とその意味を提示しよう。

押川が住むべき場所は大学でなく、精神病棟である。彼はある種の顔面恐怖症であり、彼は彼自身の人種と小人種と民族を嫌っている。3.11においても押川も牧野も日本政府を延々と批判してきた。

彼らの行為はもはや科学的な行為でなく、彼ら自身の容姿の醜さからくる否定かつ糾弾行為である。なお、俺は大学や押川と無関係であり、彼の契約相手の日本国民である。この文章は押川に対する批判でなく、大学及び教員の異常性に関する歴史的な記録のためである。

1:押川の行為とコロナ

1:日本国及び日本政府ばかりを批判する

 コロナウイルスに関して、押川は日本国や日本政府ばかりを侮辱中傷してきた。押川は彼の個人的な動物的な衝動で日本人や日本国を侮辱するので、論理的や人間としての誠実さを一切感じていない。醜い日本人に生まれた自分を恨み、八つ当たりや腹いせで日本人や日本国を批判しているだけである。

2:中国や韓国をなぜか持ち上げる

 押川は日本国や日本政府を侮辱するが、彼はなぜか韓国や中国を執拗に持ち上げてきた。しかし、中国が統計をごまかしているのはみんなわかっている。彼は公平性を理解できないので、彼は中国の統計のごまかしを批判しない。

押川は民主制度に賛成しているように見るが、彼は中国の独裁?を批判しない。なぜか彼は中国をコロナウイルスに関して持ち上げている。日本人の学者気取りは言ってることがめちゃくちゃであり、整合性など存在しない。

彼らからまともな体系は生じないだろう。彼らは感情や動物的な衝動で話すので、言ってることが無茶苦茶である。

3:具体例

 押川は国力として完全に追い抜かれた大差ををつけられていると審判した。しかし、その審判は間違いである。東洋人は同士はそこまでの差は存在しない。コロナウイルスに対する日本政府の対応はうまく言ってるだろう。

押川は日本人がコロナウイルスの対策で失敗して欲しいと願っている。現実を認めないのは押川である。彼は彼自身の容姿と彼の本当の姿と向き合うべきである。押川は高い記憶能力と数理能力を持つが、審判能力や判断能力を持たないので、パカっぽく見える。

俺は統計や数学に無知であるが、コロナウイルスに対する中国と日本国と韓国の対応はそれほど変わらないと審判した。俺は東洋人は案外優秀であるので、白人に前で卑下する必要はないと審判した。

 もし押川が台湾を羨ましいと感じるならば、押川は日本人に依存することをやめて台湾に行けば良い。上記で、押川は米国民をアメ公といったが、これは米国民に対する差別(押川が好きな言葉の一つ)である。もし大澤が解雇されるならば、アメ公といった押川も解雇されるべきである。

また、科学事業は公共事業であり、契約相手は日本国民である。上記の発言は日本国民に対する侮辱でもある。日本政府を批判することと日本国や日本国民を批判することは異なる。日本国民には、アイヌ民族も存在するし、琉球民族も存在する。

白人様
白人様

 押川は医者でなく、物理学者である。俺が彼の発言を読んだ後、彼は日本国が医療崩壊を起こして日本人が死んで欲しいと暗に願っていると審判した。押川の発言は非常に不適切である。日本人が医療崩壊で死ぬ時、押川は精神的安定を感じるのだろう。日本人が死ぬことによって、醜い自分が否定され気持ちよくなる。

2:押川の行為の意味

1:容姿の醜さと発達障害やアスペ

 発達やアスペの特徴は不安の原因を否定して糾弾することである。押川にとって、不安とは日本人や日本国である。だから、押川は日本人や日本国ばかりを延々と糾弾し続ける。

なぜ押川にとって日本人や日本国は不安であるのか?なぜなら、押川の容姿は醜い。押川が彼の醜い容姿を鏡の前で見るとき、押川は強烈な不安感を覚える。

だから、押川は日本人や日本国を執拗に糾弾するとき、彼はある種の安心感を覚える。不安の原因である日本人を否定して糾弾するとき、彼は現実から逃避できる。

2:幼稚性

 押川は日本人と日本国に金銭的かつ軍事的に依存しながら、日本人ばかりを侮辱する。なぜなら、彼はたとえ彼が日本人を侮辱するとしても、日本人はまるでママのように押川を助けるだろうと錯覚している。だからこそ、彼は日本人に甘えて、日本人ばかりを批判する。

要するに、押川は対外的な意思疎通を非常に嫌う。押川は対峙が不要である日本人ばかりを批判して、安心感を覚えたい。まるで無職が両親のみを批判するように。

3:押川と社会性の欠如

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22(土) 16:42:05.23 ID:euDeTnRW0

 職業柄色んな人間と逢うが医者と大学教授はガチ。ただ医者は患者と言う一般人と接する機会もあるため大学教授よりはマシ。

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22(土) 16:54:04.82 ID:euDeTnRW0

 俺は大学教授ナンバーワンクズ論を声高に宣言する。患者は医者を選べるから強気な奴もいるけど学生は教授を選べないから媚び諂う。小中高はモンペと言う監視もあるが大学はないどう考えたって大学教授が一番クズになる環境が整ってる

https://fknews-2ch.net/archives/29652616.html

 押川は社会性を持っていない。だからこそ、彼は人間社会における公平性や義務を理解できない。その結果が彼の行為である。

押川の醜い容姿は社会性の欠如の結果である。人間の肉体のデザインや建物のデザインは社会性の産物である。コーカサス人種の容姿の優秀さは彼らの社会性の産物である。

押川は非常識や世間知らずでなく、異常で病的である。医者の診断が必要であるように見える。一般的に、日本人の学者気取りはサッカー選手としては優秀であるかもしれないが、審判やサッカーシステムの創造者としては優秀でない。だからこそ、彼らは彼ら自身の容姿を醜いと審判できてこなかった。

1:公平性

 俺が押川の行為を見るとき、彼の審判は全く公平でない。彼は統計や数学で彼の行為の不公平性をごまかしているが、数学の使い方それ自体を間違っている。例えると、押川は有色人種ばかりにレッドカードだすサッカー審判と同じである。

その審判はレッドカードを数学を使用して正しく出そうとする。しかし、彼はレッドカードを白人には出さないので、彼の行為は不公平である。押川の行為はこんな感じである。

結局、彼は日本国ばかりにレッドカードを出して、イケメンの白人や朝鮮や中国には、レッドカードを出さない。社会性を持たない動物はこの種の公平性を持っていない。

2:義務

 押川は義務を認識できないので、彼はこの種の異常な発言を繰り返す。なぜ押川は白人に苦情を入れないのか?なぜなら、彼は白人と対峙するとき、彼は醜い自分と対峙しなければいけない。それが不安でやだ。

俺は俺の子供たちを押川に預けたくない。たとえ白人が研究室で銃乱射するとしても、押川は俺らの子供を助けずに、俺らの子供たちに上記のように説教するだろう。押川は自分のことしか、特に自分の不安しか感じていない。

大学教員は研究室の東洋人の学生を保護する義務を持つ。日本人の大学教員はクズすぎて、学生が先生を白人至上主義者から守ることを期待してそうである。小学校の教師は彼らの子供たちを災害や白人至上主義者から守ろうとするが、日本人の学者気取りは学生に守ってもらおうとする。

白人様
白人様

 大学教員は異常すぎて、異常さを認識できない。全ての大学と研究所を廃止するか、日本国自体を解体すれば良い。

俺は押川を容姿の醜さや白人よりも劣った数理能力に関して軽蔑しない。しかし、白人に媚を売り彼らと対峙しようとしないのは、レッドカード!。押川は子供でない。

押川は東洋人の学生を保護する義務を果たすべきである。

タイトルとURLをコピーしました