信仰に関する質問とお金について

俺らの信仰
https://ja.wikipedia.org/wiki/交鈔

 以下の文章は後で整理する。

 この信仰では、俺らは信仰に関する質問や思考に関して、お金を徴収しない。信仰者は信仰に関する質問や思考を必ず無料で行う。しかし、現時点で、俺はこの行為の正当化を思いつかない。

ただし、大規模な学校教育の場合、俺らは教育をきちんと取る。この信仰では、俺らはお金や富を一切否定しない。俺らはそれを非常に重要であると審判し続ける。

しかし、信仰に関する話で、俺らがお金を取るとき、俺は信仰それ自体が継続しないだろうとなんとなく感じる。だから、俺はそれは無料である方がより分岐的であると判断した。例えば、俺らが理論物理や数学に関する話を交わすとき、いちいちお金について考えていたら、誰も理論物理や数学をしようと思わないだろう。

 俺はこの感覚を信仰に応用する。信仰それ自体に対する忌避感を必ず避ける。なぜなら、その時、俺らは信仰の目的、つまりヌシの復活を実現できない。(後で、この行為に名前を与えて、推論を形成する。)

 お金を集めても、ヌシは復活できない。お金は物質的世界、または蟲的世界に属する。

タイトルとURLをコピーしました