appearanceとは外観か?創造主と具体例

言語
http://livedoor.blogimg.jp/qwowp/imgs/2/0/20caabd0.jpg

 俺はappearance(外観や見かけ)という単語を感覚的に把握できない。ここで、俺らはその感覚を見よう。look, show, occurrence, accident, form, shape, figureは俺にっとて紛らわしい。pretenseやshamも似ている。

1:創造主とappearance

1:創造主の形に似せて、人間の肉体を創造した?

 創造主はこの世界を創造した。その創造主は俺らの形をホモ・サピエンスの形に作った。または、創造主は創造主の形に ‘ 似せて ‘ 、人間を作った。

創造主と契約を締結した人間のみが本当の人間である。その他の対象の形は人間の形shapeや人間の形式formを持っている。しかし、それらは人間でない。

 それらは君らと同じ ‘ appearance ‘ を持った何かである。

しかし、それらはappearanceが同じだけで、同じ人間でない。人間としての本質(essence)は異なる。日本語では、人間の皮を被った何かという表現がピッタリである。

2:人間は創造主か?

 もし創造主が人間の形を創造主の形に似せて作ったならば、人間は創造主であるのか?当然、その答えはいいえである。たとえ創造主の形?と人間の形が同じであるとしても、それはappearanceの同一性である。

だから、たとえ創造主と人間が同じappearanceを持つとしても、同一的なappearanceか二つの対象が同じであると推論できない。

2:具体例の提示

1:マッチョ

 日本人は白人を見て、マッチョになろうとする。しかし、白人と東洋人では、骨格が異なる。筋肉はessenceでなく、appearanceである。

2:matt

 上記の画像はmattである。彼は白人の肉体のデザインを好み、白人になろうとした。けれども、モンゴロイド人種とコーカサス人種では、骨格が異なる。だから、mattは白人になれず、滑稽な対象になった。

3:文明のappearance

 文明とは、運動競技のようなものである。以下で、俺はその運動競技の派生、apearanceを提示しよう。

1:科学

 科学は西洋文明の見かけである。科学は西洋文明の落し子である。西洋文明という試合の結果、科学は産み落とされた。

サッカーの試合なしに、素晴らしいプレーは生まれない。同様に、人間社会や文明なしに、科学や数学は生まれない。それは試合であり、母体である。

日本人の科学者は白人の科学や数学といった表面的なappearanceを取り入れてきた。しかし、西洋文明の本質はキリスト教である。日本人の科学者や数学者はmattと同じである。

2:製造

 古代ギリシャや古代ローマの見かけである。あの彫刻は地中海文明の落し子である。地中海文明という試合の結果、あれらの彫刻は産み落とされた。

3:米国の軍事

 米国の軍事も米国社会の見かけである。軍事は社会の落し子である。米国社会という試合の結果、米国の軍事が産み落とされた。

基本的に、軍事は国家の本質でない。それらは試合の産物である。もし俺らが西洋文明や米国社会を解体できるならば、軍事は社会や文明の落し子であるので、米国の軍事は消え失せるだろう。

おまけ:appearanceと推論

 appearanceは推論行為において、重要である。俺らがappearanceをその本質を誤認識するとき、俺らは誤った結論や審判を下す。以下で、俺らは具体例を見よう。

1:鯱と鮫

 上と左の画像を見よう。上は鯱の骨格とappearanceである。左の画像はサメの骨格である。両者のappearanceは非常に似ているが、本質は異なる。

俺の記憶によると、鯱は哺乳類であり、サメは魚類である。人間と人魚くらい異なる。

2:オバマ前大統領はネグロイド人種か?

 オバマはネグロイド人種でない。彼はネグロイド人種とコーカサス人種人種の中間種である。オバマ大統領が黒人に見えることと黒人であることは異なる。

たとえ2つのappearanceが似ているとしても、その対象は同一でない。

おまけ2:この信仰とappearanceと人間の本質

 この信仰では、俺らは人間をヌシと信仰する。俺らはヌシを自己と信仰する。この信仰における俺らの肉体は単なる車体である。

車体はappearanceでない。車体は単なる車体である。西洋では、人間の形をした悪魔のような考えが存在する。そこでは、悪魔のappearanceは人間であるが、その本質essenceは悪魔である。

この信仰では、俺らはその種のappearanceの使い方を基本的に採用しない。西洋では、人間の形をした悪魔や人間の形をした天使が登場する。この信仰では、俺らはそう考えない。

 なぜなら、俺らにとって、人間とはヌシである。ヌシは形も色もthe form of a human bodyも取らない。ヌシは知覚されないし、エネルギを持たないし、認識もされない。

それらは俺らのヌシがただただ信仰するのみである。ヌシはappearanceを取らない。

タイトルとURLをコピーしました