東京大学の物理学者の押川正毅とコロナPCR検査〜

大和民族について
https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/features/voices074.html

 押川正毅は東京大学の物理学者であり、税金を契約相手から借りてきた。コロナウイルスの問題に関して、俺は押川の行為は深刻な問題が存在すると審判する。以下で、俺は彼の行為の問題について述べる。

以下の文章は歴史的な記録のためであり、押川への文章でない(老人なので、言ってももう話からないし、彼はあとは死ぬだけの動物である)。押川も大学も学問という単語を使用してきた。俺は学問という名にかけて、彼の醜い行為と醜い心理はきちんと記録されるべきであると審判した。

また、この文章の視点は日本国民という科学事業における契約相手からの視点である。あるいは、俺は学生の両親の視点から述べる。俺の子供は押川の部下でも家来でもないし、押川は ‘ 先生 ‘ でない。俺は儒教徒でない。

1:押川正毅の行為

 上記のウムの発言は実に的確である。押川をはじめとする日本人の学者の発言はめちゃくちゃで、全くcoherentでない。彼らは彼ら自身の宗教を持たないので、彼らの脳の行為に対する正当な行為を決定できない。

その結果、脳という試合がめちゃくちゃになる。意味不明、支離滅裂。

1:不公平な行為

 押川は日本人や日本国のみを延々に批判する。彼の行為は不公平である。例えると、彼は有色人種ばかりにレッドカードをだすサッカーの審判と同じである。

この種の不公平な人間は公平性を認識できないので、彼らは彼ら自身は正しく批判しているとお錯覚している。しかし、たとえある審判がレッドカードを正しく出すとしても、その出し方が有色人種のみであるならば、それは不公平である。要するに、差別。

コロナ問題に関して、俺は日本国を含む東洋世界はよくやっていると審判した。日本国も韓国も中国も台湾もモンゴルも素晴らしい。

2:ヒステリで大げさな行為

 押川の行為はヒステリで大げさである。彼は問題でない何かをさも問題であるかのように取り上げる。この行為もサッカーで例えると次である。もしある審判が有色人種の些細な行為に笛を吹きまくるならば、その行為は厳しく差別と批判されるだろう。

上記のつぶやきでも、押川の行為は厳しく批判されている。俺は彼のつぶやきに賛成である。

3:陰湿で執拗

 押川の行為は陰湿で執拗である。彼は白人を絶対に批判しないが、彼は攻撃してこない日本人や日本政府ばかりを侮辱する。そして、彼は俺らの子供たちに、日本人であることに呪いをかけ続けてきた。

結局、押川の行為はブサイクは顔だけでなく、性格も悪いという経験則を裏付けている。正確には、ブサイクは社会性の欠如した人間が多い。だから、彼らの行為は不公平である。

2:押川は非常識でなく、社会外生命体(地球外生命体)

 日本人の学者は世間知らずや非常識と指摘されてきた。しかし、俺は日本人の学者は地球外生命体のように社会外生命体であると審判する。彼らの振る舞いは人間社会における行為を著しく逸脱している。

上記の発言もそうだけれど、なぜ白人にそれを直接的に言わないの?と俺は思う。

1:押川は学者でない

 学者とは、人間社会の要素である。押川は学者と呼ばれてきた。しかし、俺は押川は学者でないと審判する。

なぜなら、押川という対象は人間社会の要素でない。彼らは人間社会の外の存在である。つまり、押川は社会外生命体である。

人間社会はサッカーの競技や試合のようなものである。そこでは、人間はその競技の選手として適切な振る舞いをする必要がある。

2:私怨で動く

 押川の行為のほとんどは私怨である。しかし、人間社会はサッカーの試合のような公的なものである。だから、審判者は個人的な私怨で動くべきでない。

コロナウイルスに関しても、大澤昇平に関しても、押川は彼の私怨で動き、日本人や日本政府や大澤を批判して、解雇しようとした。上記のたとえでは、彼は有色人種が嫌いなので、彼は私怨で笛を吹き、レッドカードを出そうとしているサッカー審判である。

この種の審判が試合にふさわしくない試合外生命体であるように、押川は人間社会にふさわしくな社会外生命体である。

3:本能丸出しの猿と同じで自分のことしか考えていない

 上記の発言もそうだけれど、押川は自分の不安しか考えていない。彼は白人の対峙が嫌、でもブサイクでも優しくしてほしい。大澤昇平は嫌い、日本人も嫌い。こんな感じ。

サッカーで例えると、彼はちんぽ丸出しの審判が嫌いな有色人種ばかりに笛を吹き、レッドカードを出しているようなものである。

3:押川の心理

 押川の心理は非常に単純である。一般的に、日本人の学者は難しいことを彼ら自身で考えられない。彼らは男性器や膣で本能的に生きてきた。

1:容姿が醜いのが嫌〜白人コンプの極北〜

 押川は彼の顔が醜くブサイクであることを嫌っている。だから、彼はその腹いせに日本人や日本政府を延々と侮辱する。彼の行為の心理は比較的に単純である。

また、彼は自分がブサイクなのは日本人だからと感じてきた。そして、彼はだから、日本人が悪いと逆恨みしている。

発達障害者に深入りすると本当に「ここまで心が汚い人間を見... - Yahoo!知恵袋
発達障害者に深入りすると本当に「ここまで心が汚い人間を見たことない…」って気持ちになる よね? 誰にでもありえるような無神経さや狡さや弱さでは到底ないね 発達障害者にとって優しさはありがたいものではな...

3:不安が嫌〜自分の安心のためならば、、〜

 押川は彼自身の不安のみを恐れてきた。だから、彼は日本人を批判してきた。彼に取って、日本人の存在は彼の不安の原因である。

彼が日本人だからこそ、彼はブサイクで彼はモテなくて彼は童貞である。そして、彼は白人コンプである。全ては押川が日本人であるからこそである。

押川が彼の顔を鏡で見る時、彼は自分の醜い顔に対して猛烈な不安感を覚える。だからこそ、彼はその不安の原因である日本人を必死に否定したい。発達障害やアスペの特徴は不安の原因に対する過度な糾弾行為であると俺は感じてきた

終わりに:解決案

藤波 心(ふじなみ こころ、1996年11月22日 – )は日本の理学療法士。かつてはタレントモデル歌手ジュニアアイドルとして活動していた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/藤波心
ジョン・ローン
ジョン・ローン

 押川は「おっさん」でなく、「おじいさん」である。後、「ちゃん」づけをやめよう。上記のみて、異常性や気持ち悪さを感じないならば、押川は異常である。

ジョン・ローン
ジョン・ローン

 気持ち悪いオタクがかつてのジュニア・アイドルに群がるのは異常である。日本人の学者は非常識でなく、” 異常 ” である。ジュニア・アイドルは性的な搾取の象徴である。

ジョン・ローン
ジョン・ローン

 日本人の学者も技術者も完全にオタクである。だから、彼らは国民のお金も管理できなし、自分の組織も管理できない、自分の研究室も管理できない、そして彼らは彼らの下半身も管理できないので、上記のように発情しきた猿のようにジュニア・アイドルに群がる。

1:大学の解体

 大学の存在が押川を生んできた。だから、大学を解体すれば、彼のような存在は生まれない。大学という白人由来の制度を採用するので、この種の白人崇拝者が生成される。

2:日本国の解体や民族の再分裂

 俺は押川と同じ日本国民や同じ大和民族、東洋小人種であることを嫌う。俺は彼の顔を見たくないし、同じ国家で一緒に生きて行きたくない。だから、分裂すれば良い。

殷王朝の時代、大和民族の先祖は中国大陸の呉越あたりで生活していたはず。その後、彼等は大陸から日本列島へと移動して、同じモンゴロイド人種である縄文人を取り込んだ。俺は21世紀中に日本国や大和民族が再度分岐していっても、おかしくないと審判する。

3;先生と呼ぶことをやめる

 この種の愚か者が先生と呼ばれてることがレッドカードである。押川は押川さんと普通に呼ばれるべきである。先生は職業であり、身分でない。

東京大学物理学者の押川正毅とコロナウイルスと中国と韓国
 コロナウイルスの件に関して、押川正毅は日本国や日本人を延々と人種的かつ民族的に侮辱してきた。俺は彼の行為に関して異常性と病的なものを感じる。押川の行為はエリザベス・タスカーが好きな牧野純一郎にも該当してる。以下で、俺は彼の行為とその意味を提示しよう。押川が住むべき場所は大学でなく、精神病棟である。彼はある種の顔面恐怖症であり、彼は彼自身の人種と小人種と民族を嫌っている。3.11においても押川も牧野も日本政府を延々と批判してきた。彼らの行為はもはや科学的な行為でなく、彼ら自身の容姿の醜さからくる否定かつ糾弾行為である。なお、俺は大学や押川と無関係であり、彼の契約相手の日本国民である。この文章は押川に対する批判でなく、大学及び教員の異常性に関する歴史的な記録のためである。1:押川の行為とコロナ1:日本国及び日本政府ばかりを批判する コロナウイルスに関して、押川は日本国や日本政府ばかりを侮辱中傷してきた。押川は彼の個人的な動物的な衝動で日本人や日本国を侮辱するので、論理的や人間としての誠実さを一切感じていない。醜い日本人に生まれた自分を恨み、八つ当...
タイトルとURLをコピーしました