ジェンダーとは何?上野千鶴子(@ueno_wan)アメリカ芸術科学アカデミーの国際名誉会員と東京大学

大和民族について
https://ja.wikipedia.org/wiki/上野千鶴子

 日本フェミニスト社会学者。専攻は、家族社会学ジェンダー論、女性学東京大学名誉教授

https://ja.wikipedia.org/wiki/上野千鶴子

 上野千鶴子はアメリカ芸術科学アカデミーの国際名誉会員に選択されたが、学者の水準に達していない雌である。俺は彼女はジェンダーの意味すら認識できない対象であったと審判する。以下で、俺は「ジェンダーとは何か」について語る。

以下の文章では、俺はジェンダーの知識でなく、ジェンダーの意味について提示する。一般的に、日本人の学者は豊富な知識を持つが、その知識の意味を把握できてこなかった。彼等の滑稽さはセックスに詳しいキッズ・アイドルと同じであった。

俺は男性であるが、俺のちょっとした雑文は上野が彼女の人生を捧げてきた研究ごっこを容易に圧倒するだろう。以下で、君らは男性がどういう存在であるか、そして男性の優秀さを知る。なお、上野の脳の生物学的な優秀さ、つまり知能に関する遺伝的な優秀さは俺のそれを凌駕している(これはお世辞でなく事実)。

ジョン・ローン
ジョン・ローン

 以下で、君らは男(俺=kato)がどのような存在であるかを見る。上野は男や女やジェンダーの意味すら把握できてこなかった。男の優秀さは圧倒的である。

0 ジェンダーの背景

 共通認識 二重存在とは、生物学的な事実と人工的な概念の二重からなる存在である。

 経験則 もしxが人間であるならば、xは二重存在である。

具体例 ホモ・サピエンスと人間

 人間は生物的な事実と人工的な概念からなっている。ホモ・サピエンスは生物学的な事実である一方、人間は人工的な概念である。ホモ・サピエンスはクチャラーであるが、人間は口を閉じて食べる。

ホモ・サピエンスはおまんこクチャラーであるが、人間は性規範を持つ。ホモ・サピエンスは文字を扱わないが、人間は文字を扱う。ホモ・サピエンスは宗教を持たないが、人間は宗教を持つ。

ホモ・サピエンスは善悪を持たないが、人間は善悪を持つ。ホモ・サピエンスは社会を形成しないが、人間は社会を形成する。このように、俺らはホモ・サピエンスと人間の二重の存在であり、それらは俺らの中に奇妙にも両立している。

具体例 雄と男

 雄は生物学的事実であり、男は人工的な概念である。雄は文明を形成しないが、男は文明を形成する。雄はホモ・サピエンスの世界に属する。

その世界ではホモ・サピエンスの雄とチンパンジーの雄は非常に類似した存在である。男という存在はホモ・サピエンスの雄の上に築かれてきた。「もしxが雄であるならば、xは男である」という推論は誤りである。

意味

 人間の定義の重要性は法律に関係する。人間に法律を適用するためには、俺らは人間の明確な定義を必要とする。もし俺らが人間を定義できないならば、俺らは法律を人間に適用できない。

その時、俺らは人間社会を形成できない。例えば、俺らが胎児を人間であると仮定するとき、中絶行為は殺人罪である。その時、医者の一部は殺人犯として罰される。

では、もしある対象が二重存在でないならば、その対象は人間であるか?もしその対象が人間でないならば、俺らはその対象を胎児のように歩く胎児として扱うことができるのか?その結果が西側白人よる黒人奴隷である。

1 ジェンダーの定義(認識)

 共通認識 ジェンダーとは、社会的性である。ジェンダーとは、生物学的な事実の上に築かれる社会的性別である。

具体例 雄と男

 雄が生物学的な事実である。男は社会的性(人工的な概念)である。男は雄という生物学的な事実の上に築かれる。男はジェンダーであり、科学の対象でない。

具体例 雄と同性愛

 同性愛は生物学的にも興味深い状態である。しかし、ジェンダーにおける同性愛は生物学的な事実でなく、男や人間と同じジェンダーである。俺は同性愛(生物学的な事実)と同性愛好家(人工的な概念)を明確に区別するべきと審判する。

具体例 雌と出産

 雌が生物学的な事実である。女が社会的性である。雌の役割は出産である。しかし、女は雌でない。だから、女は出産を必ずしもする必要がない。

2 ジェンダー運動の背景

 仮説 この世界には、ジェンダー(社会的性)に対する正当な状態が存在する。つまり、ジェンダーに対する真理が存在する。

創造主とジェンダーに対する真理

 東洋と西洋におけるジェンダーに対する考え方の違いとは、西洋人はジェンダーに対する正当な状態が存在すると信仰することである。彼らはジェンダーに対する真理が存在すると信仰してきた。この考えは人間に対する正当な状態、つまり人間に対する真理な状態に応用される。

人々がジェンダーや人間に対する彼ら自身の正当な状態をそれぞれ提示する。その時、人間社会はまとまりを持たず、維持されない。だから、ジェンダーや人間に対する統一された正当な状態が欲された。

コーカサス人種の文明では、創造主、正確には創造主の言葉が人間やジェンダーに対する正当な状態、つまり真理を与えた。その結果、安定性が彼らの社会に与えられた。この世界の創造主はその意志で、人間やジェンダーに対する正当な状態を ‘ そのように ‘ 作った。だから、その状態は正当、つまり真理である。

男女平等

 男女平等の平等は2つのジェンダーの間の正当な関係である。創造主が人間は創造主の下で皆平等であると言ったので、男も女も同じ人間である。だから、男女の関係は平等であるべき。その帰結として、男と女の数は同じでなければいけない。

3 ジェンダー運動

 共通認識 ジェンダー運動とは、西側白人が彼等の創造主が決定した「ジェンダーに対する正当な状態(真理)」に反抗する運動である。つまり、人間はジェンダーに対する自己決定権を持つ。

 コーカサス人種の文明では、創造主、正確には創造主の言葉が人間やジェンダーに対する正当な状態、つまり真理を与えた。しかし、現代では、西側白人はそれを受け入れなかった。西側白人は彼らは彼ら自身のジェンダーを自己決定できると感じた。

西側白人は彼らの創造主の意志に歯向かっている。俺は彼らは信心深いのか、不信仰であるのか審判できない。彼らは創造主がこの世界を創造したと主張するが、彼らはなぜかウイルスと戦おうとする。

ウイルスも俺らの体も創造主によって創造されたならば、なぜ彼らはそれらと戦うのか?俺らは創造主の意志によって、それらをきちんと統治すべきである(と俺は感じる)。

宗教とジェンダー運動

 日本人の女性は西洋におけるジェンダー運動を真似してきた。彼女らはキリスト教徒でなかった。彼女らはジェンダー運動の意味を認識できてこなかった。

西洋文明と東洋文明では、ジェンダーに対する正当な状態が互いに異なる。文明の違いとは、運動競技の違いのようである。日本人の女性研究者もどきは東洋文明におけるジェンダーに対する正当な状態は何であったかすら提示できてこなかった。

悪くいうと、東洋文明には、ジェンダーや人間という概念それら自体が存在してこなかった。さらに悪いことに、彼らはその事実にすら気づいてこなかった。

脱構築とジェンダー

 一昔前、脱構築という概念が日本列島で流行した。浅田彰という衒学者は脱構築という単語を子供のように使用した。しかし、日本人の学者気取り、無宗教の理系ですら脱構築の意味を理解していなかったように思える。

なぜなら、脱構築はかなり宗教的な概念である(東洋世界には存在しない)。簡単にいうと、脱構築はこの世界の創造主が決定した正当な状態を解体する行為である。社会的な概念には、人間や男や女が含まれる。

脱構築は契約破棄のような行為である。東洋世界には、構築された人間や男女という概念が存在しない。だから、脱構築もそもそも存在しない。東洋人は人間や男女に対する正当な状態すら認識できない。

 何かを脱構築するためには、人間は構築された正当な状態を提示する必要がある。

終わり なぜジェンダー運動は失敗したか?

 ジェンダー運動の失敗の理由 女が存在しない。存在してきたのは雌だけであった。

 ジェンダー運動は常に失敗してきた。なぜなら、女は存在しない。存在してきたのは雌のみであった。

女はフィリピン人に似ている。彼等も人工的な自己認識を持ってこなかった。中間種も同じであり、彼等も人工的な自己認識を持ってこなかった。

そして、白人も同じである。ユダヤ教やキリスト教は中東発祥であり、欧州発祥でない。白人は女と同じで、彼等自身の何かを持ってこなかった(だから、優生学にハマった)。

前提

 ジェンダー運動の前提は女に対する正当な状態が存在することであった。しかし、上野や女は女が存在するかと疑わなかった。だから、彼女らのジェンダー運動は失敗してきた。

この世界には、女は存在しない。存在するジェンダーとは男のみである。男は宗教を作り、文字を作り、人間社会と文明を創造してきた。文明を創造するということは男というジェンダーのidentityであった。

上野はジェンダーの意味すらわかってなかった。だから、彼女は男に対抗して男になろうとしてきた。その行為はフィリピン人が白人になろうとして白人の遺伝子を乞食するような行為である。

 女は男でない。

女の自己認識とは何?

 俺は女が何であるかを知らない。女ですら女が何であるかを知らない。女の自己認識は何であるか?

女が主張する女とは、実際は男のことである。

なぜ白人やナチスは優生学を好んだか?[白人至上主義の意味]
 白人やナチスは優生学を好み、そこで白人小人種が最も優秀であると結論づけられた。この行為に対して、日本人は優生学は良くありませんと言ってきた。しかし、日本人は白人による優生学の意味を把握できてこなかった。日本人を含む東洋人は白人による優生学を真に受けるべきでない。特に、日本人や朝鮮人は白人による優生学の意味を全く把握できてこなかった。彼らがその意味を把握する時、中東に対する白人の文明的な劣等感を知る必要がある。以下で、俺は白人の優生学の意味を提示しよう。日本人は人間でなく猿に近いので、白人はイケメンだから優生学を好んだとでたらめに考えているように見える。結局、日本人の学者気取りは未開の土人であるので、歴史だけでなく文明を認識できない。1 優生学の意味と背景 ここで、俺は優生学の意味を提示する。日本人は白人を崇拝してきて、彼らを優秀な小人種であると崇めてきた。しかし、日本人は白人の本音や劣等感を把握できてこなかった。未熟で幼稚な生徒や学生が教師の劣等感や事情を把握できないように、日本人は白人の劣等感や事情を把握できてこなかった。優生学の意味とは、...
ジェンダー|kato(教祖)|note
 上野千鶴子はアメリカ芸術科学アカデミーの国際名誉会員に選択されたが、学者の水準に達していない雌である。俺は彼女はジェンダーの意味すら認識できない対象であったと審判する。以下で、俺はほとんど何も調べずに、「ジェンダーとは何か」について語る。 以下の文章では、俺はジェンダーの知識でなく、ジェンダーの意味について提示す...
タイトルとURLをコピーしました