対象と対象化

俺らの信仰
https://en.wikipedia.org/wiki/Fog

 日本人を含む東洋人は対象それ自体をうまく認識できてこなかった。この状態を解決するために、俺らは対象化という行為を提示する。東洋人は世界を気体のようにぼんやりと捉える。

その結果、彼等は世界をきちんと把握できてこなかった。西洋人は彼等の思考を分析的思考、東洋人の思考は包括的思考と呼んできた。実際、西洋人の思考は固体的思考であり、東洋人の思考は気体的思考である。

1 対象と対象化

 共通認識 対象とは対象化された世界である。対象化とは、ヌシが世界の境界をきちんと認識または信仰する行為である。

 世界が何であるかはわからない。便宜的に、俺らは世界を物質的世界及び蟲的世界及びヌシ的世界と信仰する。上記を例えると、対象化とは、人間が霧のようなぼんやりした気体から対象の範囲や境界をきちんと切り取り定める行為である。

固体は自動的にその境界を持つが、気体は持たない。だから、人間は気体を瓶に入れたりして境界を明確に定める。この信仰では、俺らは定義を他者との約束と認識する。だから、定義する行為は対象化でない。

要するに、俺らは線を引っ張って境界を定めたり、世界を人工的に切り取って、対象を認識する。領土も対象化の具体例である。お絵かきといっても良いかも。日常的には、対象化は「切り取り」である。

具体例 1

物質

 物質は対象である。物質、特に固体は自然に対象化される。一般的に、俺らの脳は物質を自動的に対象化している(自動的対象化と呼ぶ)。

 蟲も対象である。もし俺らが蟲を物質から切り取り対象化できるならば、俺らは自己の蟲を対象として認識できる。

ヌシ

 ヌシも対象である。もし俺らがヌシを物質と蟲から切り取り対象化できるならば、俺らはヌシを対象として信仰できる。ただし、自己のヌシが対象であるか、主体であるかはよくわからない(主体については別の項で)。

具体例 2

創造主や幽霊

 創造主や幽霊も対象である。ただ、それらが実際の存在であるか不明である。イエスキリストや伏犠も対象である。

概念

 数や国家も対象である。俺らは数を知覚できない。なぜなら、数はエネルギを持っていない。肉体のデザインも対象それ自体である。

仮定や創作

 仮定の話や創作も対象である。例えば、漫画「蟲師」のギンコは対象である。

対象の日常的な魚拓

 日常的には、対象は箪笥の各引き出しである。例えば、ある人間が存在して、その人間の肉体を一つの対象とする。その時、肉体が箪笥それ自体であり、肉体のデザインが箪笥のとある引き出しである。

2 もがれ

 共通認識 もがれとは、対象化を行うことができない対象である。

 対象化をハサミによる切り取りと例える。その時、ある人間が対象化できないことは蟹が彼等のハサミをもがれたような状態である。だから、俺はこれをもがれと呼ぶ。対象の意味は人間でもある。

上記でのできないは、潜在能力それ自体がないか、または訓練不足による能力の不足、または意志の欠如による実現の欠如か、そのほかである。

具体例

 もがれの具体例は日本人の学者である。彼等は脳の運動を対象化できない。その結果、彼等は管理行為と数理行為の違いや善悪の判断行為と数理能力の違いをいまいち把握できない。

菊池誠や理論物理学者、大栗博司は天才と呼ばれてきた。しかし、彼等の能力は数理能力であり、審判能力や善悪の判断能力でない。日本人はもがれであるので、彼等の知的能力を対象化できてこなかった。

その結果、彼等は菊池や大栗をぼんやりと天才とみなす。そして、彼等は組織を管理や統治を彼等にやらせる。もがれの典型的な具体例である。数理能力は統治能力でないので、数学者は必ずしも統治者として優秀でない。

具体例 2

 日本人はデザインを対象化できない。例えば、俺は白人の肉体のデザインは優れていると主張するとき、日本人の一部は白人は老けやすいと返答する。この返答は事実であるが、デザインに関する返答でない。

なぜなら、日本人はデザインを肉体における一つの引き出しとして対象化できない。その結果、日本人は白人をイケメンや美男美女と感じる。白人はイケメンでも美男美女でもなく、彼らの肉体の ‘ デザイン(design) ‘ が圧倒的に優れている。

3 未分化(または霧)

 共通認識 未分化(または霧)とは、世界が対象化されていない状態である。

 もがれは世界を対象化できない。もがれの世界は霧のようにぼんやりとしている。もがれの世界は未分化である。

物未分化とは、ある対象が物質を対象化できない状態である。蟲未分化とは、ある対象が蟲を対象化できない状態である。ヌシ未分化とは、ある対象がヌシを対象化できない状態である。

上記の対象には、主体も含まれるかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました