systemと信仰

俺らの信仰
https://ja.wikipedia.org/wiki/銀河

 俺がこの信仰に接する前に、俺らはsystemの意味を把握しよう。systemは人家と翻訳される。一般的な意味でのsystemはこの信仰におけるsystemと少し異なる。具体的には、この信仰では、決まり事の部分が目的になっている。

1 systemの認識(定義)

 共通認識 systemとは、集合と要素と決まり事の組である。system=(集合, 要素, 決まり事)。日本語では、systemは人家である。

具体例(自然界)

自然界(物質的世界)

 自然界もsystemである。自然界は物質(要素)と宇宙(集合)と物理法則(決まり事)からなる。

人体

 人体もsystemである。人体は細胞(要素)と人体(集合)と生物的法則(決まり事)からなる。当然、細胞を原子に置き換えることも可能である。これは生物の肉体へと一般化される。

機械

 機械もsystemである。機械は部品(要素)と機械それ自体(集合)と行動法則(プログラム)からなる。兵器もsystemの具体例である。

 脳もsystemである。脳は神経細胞(要素)と脳それ自体(集合)と生物的法則(決まり事)からなる。

 群もsystemである。群は群の要素(要素)と群それ自体(群)と数学的構造(決まり事)からなる。

具体例(人工世界)

宗教

 宗教もsystemである。宗教は信仰者(要素)と宗教(集合)と宗教的な決まり事(決まり事)からなる。

文明

 文明もsystemである。文明は文明民(要素)と文明(集合)と文明における価値観や決まり事(決まり事)からなる。

国家

 国家もsystemである。国家は国民(要素)と国家(集合)と法律(決まり事)からなる。

会社

 会社もsystemである。会社は社員(要素)と会社(集合)と決まり事(決まり事)からなる。

人間組織

 人間組織もsystemである。組織は所属員(要素)と組織(集合)と掟(決まり事)からなる。

言語

 言語もsystemである。言語は単語(要素)と言語世界(集合)と文法(決まり事)からなる。

運動競技

 運動競技もsystemである。運動競技は選手(要素)と業界(集合)とルール(決まり事)からなる。

2 systemと行為

創造 create

 この世界の創造主は物質的世界というsystemの創造主である。その創造主は自然界と人体と脳というsystemを創造した。初代の社長は会社systemの創造主であり、国王は国家systemの創造主であり、イエスは宗教systemの創造主である。

一般的に、systemが存在する時、人間はそのsystemの創造主について思い巡らす。つまり、誰が要素と集合と決まり事を創造したかである。

所有 own

 人間はsystemを所有する。例えば、人間は家畜や機械を所有するが、その家畜や機械はsystemの一種である。現在では、人間は会社systemや国家systemも所有する。

昔は、西側白人は黒人を所有した。創造主がこの世界を所有しているかは不明である。なお、この信仰では、俺らは俺らの各肉体(=車体+蟲)を各自で所有する(現時点ではそう考える)。 

統治 govern

 人間はsystemを統治する。例えば、皇帝や王はsystemの統治者である。日本国の政治家もsystemの統治者である。

キリスト教では、キリスト教の一番偉い人間が宗教systemの統治者である。

運営 administer

 社長は会社systemの運営者である。このwebsiteの運営者は俺である。統治と運営の違いは正当性や自分で法律を作れるかであるかもしれない。

教授は研究室の運営者である。

管理 manage

 人間はお金を管理する。または、会社には、人間集団systemを管理する人間や機械の集まり(system)やその生産を管理する人間が存在する。彼らもまた管理者である。

俺はこのwebsiteのfile集合の管理者である。blog運営は実際file管理者である。俺らは俺らが所有する資産を管理する。

運用 use

 人間は兵器(system)と言語(system)を運用する。また、俺らのヌシは俺らの蟲と肉体を運用する。俺らは俺らが所有する資産を運用して、それら増加させる。

制御 control

 人間は彼ら自身の性欲や感情を制御する。人間はロケット(system)の軌道を制御する。

3 systemと概念

意志

 創造主はその意志を持ち、systemを創造する。この世界の創造主はこの世界をこのように創造した。それがこの世界の創造主の意志である。信仰者はその意志沿って生きる。

社長は彼の会社を彼の意志でそのように作り、国王は彼の国家を彼の意志でそのように作る。教祖も宗教を彼の意志でそのように作る。

上記はprogramerによるprogramの設計に似ている。彼らも彼らのprogramを彼らの意志でそのように作る。だから、彼らの意志に反するprogramが生じる時、彼らはそれを修正する。

正当性

 systemは正当性を持つ。あるsystemを他のsystemへと輸入するとき、正当性の問題が生じる。輸血の不適合に似ているかも。

例えば、サッカーのルールを卓球の決まり事へと持ち込む時、正当性の問題が生じる。卓球選手は卓球の世界におけるサッカーのルールの正当性を認めないので、卓球選手はそのルールに従わないし、おのルール(ハンド)で罰されない。

キリスト教徒の白人がキリスト教の価値観を日本人を含むその他の東洋人に押し付けるとしても、その価値観は正当性を持たない。だから、日本人は男女平等を正当と認識しない。

男女平等

 キリスト教の創造主は彼の意志で世界を男女平等になるように創造した。だから、男女平等は正当な状態である。

委任

 systemには、委任という行為が存在する。この世界の創造主はキリスト教徒に世界の統治を委任した。だから、彼らは世界を統治する正当性を持つ。

媒介

 宗教の場合、媒介が力を持つ。聖職者は創造主(system)の言葉の媒介である。科学者は自然界(system)と人間の媒介である。

生得的と後天的

 車体は生得的なsystemである。自然界は生得的なsystemである。一方、宗教systemは後天的なsystemである。前者では、与えられたsystemを管理、統治すれば良いだけである。それに対して、後者はsystemそれ自体を創造する必要がある。

実現

 宗教では、信仰者は創造主の意志を実現させることを彼らの目的とする。

維持

 人工的なsystemは勝手に維持されない。自然界systemは勝手に維持される。

タイトルとURLをコピーしました