舛添要一東京都知事と愚民発言〜東大法学部とIQと安倍総理

大和民族について
https://ja.wikipedia.org/wiki/舛添要一

 実際に『どこ吹く風』といった人たちを見ると、やはり日本人は愚民になったのだろうと思いたくなる。公共交通機関でのアナウンスやNHK放送は、民度のバロメーターなのかもしれない

https://www.sanspo.com/geino/news/20200406/geo20040621400034-n1.html

 舛添要一は元東京都知事であった。俺が彼の発言を見た後、俺は舛添は管理と統治をどうしても認識できないと審判した。一般的に、島国の連中は大規模な牧畜や農耕を営んできていないので、彼らは家畜の管理や統治が何かを認識できない。知事の仕事は都民の管理・統治である。

1 舛添の行為

愚民を呼ぶ行為

 舛添は国民や都民を愚民と呼んだ。彼は勝手に愚民や日本人の民度の低さを嘆いた。また、舛添は安倍総理のIQを低いと発言して馬鹿にした。

舛添は愚民すら管理・統治できない。一方、安倍総理はその愚民を管理・統治している。どちらが統治者として優秀であるか?当然、後者である。

2 舛添の勘違いとよくある発言

1 俺の言うことを聞かなかったから→統治能力の欠如

 都知事や政治家の役割は家畜や人間の統治である。日本人の統治者は統治が何かを認識できない。だからこそ、彼らは統治に失敗すると、彼らは不吉な予言を発して、日本人が俺の言うことを聞かなかったからと嘆く。

2 国民のせい→統治行為の失敗

 舛添のような自称インテリは彼らの行為の責任を国民に押し付けようとする。彼らは国民が愚かだったから、戦前の日本が〜と主張する。彼らの発言の本音は彼らはバカでなく、国民がバカで彼らの言うことを聞かなかったら失敗したである。

3 愚民→東洋人は優秀

 東洋人は統治される対象として非常に優秀である。もし舛添が東洋人を統治できないならば、彼はインド人も白人も黒人もアラブ人も統治できない。

3 団地の日本人の性質

福岡県八幡市(現:北九州市八幡東区)に父・彌次郎、母・ユキノ(母は長野県駒ケ根市の小池家の出身)の長男として生まれた。4人の姉がいる。公式サイトによれば、舛添家は江戸時代から続く庄屋の家系である[8]。若松で石炭商(燃料店。現在のガソリンスタンドのような存在)を営んでいた父は、行き詰まって八幡東区で八百屋に転じたものの商いは厳しく、要一が小学2年の時に近くの材木店の火災で類焼して以降は酒に溺れ、一家は長女らの働きで糊口を凌いだ[10]

https://ja.wikipedia.org/wiki/舛添要一

団地は管理や統治が何かを認識できない

 団地の日本人は管理と統治を認識できない。特に、彼らは自己管理と自己統治をできないので、性にもお金にもだらしない。また、団地の日本人は他人よりも優位に立つことばかりを考えている。

その結果、彼らは人間をどのように管理・統治するかを認識できない。彼らは管理と統治を認識できない。上記で、舛添は安倍のIQを侮辱した。この行為に対して、俺は彼は典型的な団地であると感じた。

日本人の学者も団地の日本人である。彼らもまたお金の管理や性の管理や組織管理や統治を認識できない。

育ちの良さとは?

 一般的に、人々は育ちの良さをお金や教養や学歴、または数理能力に結びつけてきた。あるいは、言葉遣いや立ち振る舞いや先祖の優秀さが人間の教養であった。あるいは、言語能力や歯の綺麗さや若さが育ちの良さである。

しかし、俺はこの種の感覚に反対する。俺にとって、育ちの良さとはある人間が管理と統治を把握できるかである。この管理と統治には、自己管理と自己統治が当然に含まれる。

上記の舛添の先祖の個人情報が正しいかは不明である。しかし、舛添が管理や統治を認識できないことは事実である。俺は彼は育ちの悪い人間であると審判した。彼は団地的である。

タイトルとURLをコピーしました