なぜタイ人や日本人にはオカマが多いか?ニューハーフとマツコデラックス

大和民族
https://en.wikipedia.org/wiki/Matsuko_Deluxe
広告
広告

俺の審判

 俺の審判 タイ人や日本人は人工的な性に対する正当性を認識できない。彼らは性別に対する正当性を認識できない。だから、この種のオカマが蔓延する。

性と正当性

 西洋では、性別に対する正当性(善悪)が渇望されてきた。この性別は雄雌でなく、男女である。雌の役割は出産であるが、女は必ずしも出産する必要はない。

日本国では、性別に対する正当性とは何かが考えて来られなかった。だから、オカマが蔓延してきた。

オカマとは何か

 オカマとは、性別に対する正当性を持たない動物、または人間である。西洋におけるLGBTとタイや日本国におけるオカマは全く異なる。前者は、正当な性別に対する思考の結果の産物である。

一方、アジアでは、正当な性それ自体が存在しない。その結果がオカマの存在である。

日本人は進んでいるか?

 アジアのLGBT事情 タイや日本はLGBTに関して進んでいない。なぜなら、彼らは性別に対する正当性自体を考えてこなかった。この状態は人間未満状態である。

日本は文明未満

一部の日本人はLGBTに関して日本国は進んでいると発言した。しかし、この種の考えは間違いである。彼らは性別に対する正当性を考えてこなかった。

西洋も迷走しているが、彼らの迷走は性別に対する正当性への追求の結果の迷走である。両者は似て非なるものである。日本は始まってすらいない状態である。

なぜなら、彼らは性別に対する正当性など考えたことがない。

東洋文明における正当な性別とは何か?

 実行 君らは東洋文明における正当な性別を決定しよう。

 日本人を含む東洋小人種は東洋文明における正当な性別を決定しよう。女はどうあるべきか。男はどうあるべきか。

西洋文明や中東文明では、それらはこの世界の創造主の言葉によって決定されている。なぜか白人は彼らの創造主が決定した正当な性別を憎悪して、それらに抗ってきた。

大和民族
広告
俺らについて