なぜ菊池誠(キクマコ)のオウム真理教と幸福の科学への批判は無意味か?

大和民族について
https://www.excite.co.jp/news/article/Ncn_353113/

 彼の実際の行為:菊池誠はニセ科学に興味を持って、オウム真理教と幸福の科学を宗教的に侮辱してきた。俺の審判:しかし、俺は彼の行為は卑怯であり、不公平であると審判した。誘導:以下で、俺はその審判の理由について提示する。

1:菊池の卑怯さと不公平さ

 不公平さ 菊池は彼自身の人間社会(人間system)を形成できない。にも関わらず、彼は幸福の科学やオウムを批判してきた。

 菊池誠は人間社会を彼自身で作ってこなかった。にも関わらず、彼は幸福の科学やオウムなどの宗教を強く侮辱してきた。この状態は公平でない。

その結果、誰も彼の宗教批判を真面目に受け取ってこなかった。以下で、宗教とは何かについて提示しよう。その後、菊池の秘境で不公平な点を提示しよう。

宗教

 宗教は一つのsystemであり、それは人間社会を形成する。宗教がない状態は試合や運動競技というsystemがない状態に似ている。

宗教は世界観という競技場(空間)を与える。宗教は人間という選手(要素)を与える。宗教は選手の運動の目的を与える。

さらに、宗教は死生観を与え、子孫に対する責任感を促す。宗教は性やお金に対する規範を与えて、サークルの姫や借りたお金を返さないという乞食行為を防止してきた。宗教は契約や刑罰を与え、科学事業を上下関係でなく、日本国民との契約を人間に認識させてきた。

 そして、宗教は善悪を与え、男女平等が真理であるか、男女公平が真理であるかを教えてきた。このようにして、人間は彼ら自身の組織を創造してきた。その結果、文明や文化が生まれてきた。運動競技なしに、文明や文化は生まれない。

菊池の不公平性

 菊池はオウムや幸福の科学をカルトやくだらないと批判してきた。この行為は不公平である。なぜなら、彼は人間社会を彼自身で形成していない。

オウムや幸福の科学は人間組織を形成している。一方、菊池誠は任意の人間組織を形成できない。前者は人間であり、後者はバラバラの狩猟民族や猿のような状態である。

たとえオウムや幸福の科学がカルトやバカっぽく見える人間社会を形成していたとしても、人間社会を形成している方がより評価される。当然、社会に関するオウムや幸福の科学の点数は3点や10点であるかもしれない。しかし、菊池は人間社会を形成できないので、彼は0点である。

菊池と幸福の科学の関係

 幸福の科学はまとめサイトやよくあるコピペサイトに似ている。それに対して、菊池はサイトを作れないが、それを正しく批判しようとする消費者である。人間は菊池でなく、幸福の科学を評価する。

たとえそのサイトが未熟であるとしても、サイトの作成者は常に何も作れない人間よりも評価される。たとえ菊池がそのコピペサイトを正しく批判するとしても。

2 菊池の行為の無意味さ

 無意味さ 菊池はオウムや幸福の科学を否定して、馬乗りしようとしてきた。彼の行為に対して、日本人は気持ち悪いと感じて、彼を避けてきた。

否定癖

 菊池はオウムや幸福の科学をひたすら否定してきた。彼はそれを糾弾してきた。日本人が求めているのはきちんとした分析である。

他者に対する否定行為や糾弾行為、レッテル(札)を張る行為は学問的な行為でない。それは政治的な活動である。または、彼の行為は動物虐待版における動物虐待行為に近い。

馬乗り

 菊池はオウムや幸福の科学を否定して、馬乗りしたい。日本人は彼の発言をよく認識している。だから、彼らは菊池の発言を聞いてこなかった。

卑怯さ

 菊池は自己の善悪や宗教を明らかにしようとしない。にも関わらず、彼は他人の宗教や善悪を延々と批判する。彼は彼自身が嫌う善悪が提示される時、彼は騒いで喚いて、不吉な予言を発する。

菊池は他人を頻繁に否定するが、彼は彼自身の善悪を提示しない。彼は自己の善悪すら持っていない。彼の行為は動物が人間の善悪を否定している行為に等しい。

オウム真理教も幸福の科学も自己の善悪(レッドカード)を持っている。一方、菊池は自称無宗教であるので、彼自身の善悪を持っていない。自己の善悪を持たない人間が持つ人間を批判する事は匿名の卑怯さと同じである。

3 解決案

 解決案 菊池は彼自身の人間社会を形成した後、彼はオウムや幸福の科学を批判する。

 たとえ菊池がオウムや幸福の科学を批判するとしても、誰も彼の発言を聞かない。なぜなら、菊池は人間組織をそもそも彼自身で形成できない。その種の人間が人間組織を作れる人間を正しく批判するとしても、誰も菊池のいうことを聞かない。

人間組織を形成するためには、世界観と人間と目的が必要である。さらに、死生観、性規範、お金の規範、善悪、契約、刑罰などが必要である。当然、俺らは完璧な死生観を現時点で形成できない。

だから、任意の死生観は下らなかったり、非現実的であったりする。しかし、もし死生観が存在しないならば、ホモ・サピエンスは人間社会を形成して、人間になれない。まともな人間は死生観の非現実性やある種のくだらなさをよく理解した上で、人間組織の形成を優先する。

タイトルとURLをコピーしました