表計算ソフトと文書作成ソフトの意味〜excelとword〜

大和民族について
https://en.wikipedia.org/wiki/Microsoft_Excel

表計算ソフト

文書作成ソフト

 表計算ソフトの目的は製造でなく、管理である。

 文書作成ソフトの目的は管理でなく、製造である。

 何かを管理したい時、表計算ソフトが使用される。文書を製造したい時、文書作成ソフトが使用される。

表計算ソフトの意味(管理)

 意味 表計算ソフトは(数字)管理ソフトである。

大和民族の勘違い

 日本人は表計算ソフトを計算したり、数字を製造するために使う。しかし、その目的は ” 管理 ” である。俺の印象では、そのソフトの目的は対象の管理である。

日本人は管理や統治を認識できない。だから、彼らは表計算ソフトを単なる計算機や計算された数字を製造する何かであると誤認識する。彼らは管理を認識できないからこそ、彼らはファックスや紙で、なんとかしようとする。

日本人は表計算ソフトを「管理ソフト」と認識しよう。管理が存在する時、管理ソフトの出番である。

文書作成ソフトの意味(製造)

 意味 文書作成ソフトは製造ソフトである。

車の製造と文書の製造

 文書作成ソフトは車の製造や動画の製造に近い。動画は製造される。同様に、文書も製造される。

作成と生産と製造の違いは不明である。作成は個人が手作りに近い状態で作る。生産は大規模な農作業に近く、製造は設計から機械的にかつ大規模に行う。

文書作成ソフトは動画作成ソフトや音楽作成ソフトと同じである。俺らが何かを製造したい時、俺らはその種の電子的な道具を使用する。

製造と管理

 経験則 もし製造が存在するならば、管理の需要がその後に発生する。その後、管理が製造を制御するようになる。

情報

 俺らが情報を製造するとき、その情報を管理する需要が発生する。

子供

 俺らが子供を製造するとき、その子供を管理する需要が発生する。もし管理できないならば、その社会や国家は崩壊する。

 会社が車を製造するとき、車を管理する需要が発生する。俺は車の製造に無知であるが、部品の管理や流通は非常に重要であるように思える。管理なしに車は製造されないし、製造しただけでは保管も売却も達成されない。

タイトルとURLをコピーしました