小保方晴子のSTAP細胞問題とサークルの姫、日本人の学者の分析行為の欠如

人間について
https://www.amazon.co.jp/小保方晴子日記/dp/B07N7ZX53X

 日本人の学者は物事を分析できない。彼らは小保方晴子の問題を全く分析できてこなかった。以下で、俺は小保方晴子の問題を提示する。

日本人の学者は学者なのに、分析できない。彼らはまるで英語を話せない英語教師のようである。日本人の学者は豊富で正確な知識を持っているが、彼らは物事を分析できない。

なぜなら、彼らは彼らの脳を物事を分析するように運動させれない。彼らは分析行為を脳の運動であると認識できない。

1 隠蔽された問題

 小保方晴子は科学を全く理解できてこなかった。彼女の実験ノートは小学生の水準であった。にも関わらず、彼女は博士号を取得して、良い地位についていた。

なぜこの種の状態が発生したのか?俺は報道できちんと分析されていない問題を提示する。

サークルの姫とちんぽ騎士と性規範

 性規範の欠如→サークルの姫とちんぽ騎士→小保方晴子の誕生。

 小保方晴子の問題はサークルの姫とちんぽ騎士の問題である。日本人の学者はオタ気質であり、可愛い女の子を好む。彼らは可愛い女の子に科学や数学を説明して、教えて、彼らの歪な性欲を満たそうとする。その結果、小保方は自分では何も理解できないまま、博士号を取得して、問題を発生させた。

俺が大学生であった時も、この種の問題は存在した。日本人の学者は可愛い女の子に群がり、数学や科学を教えようとする。その結果、その女の子は科学も数学も理解できず、卒業していく。加えて、その女の子は教授や准教授のお気に入りになるので、誰も何も批判できなくなる。

なぜ彼らはこの種の行為を繰り返すのか?なぜなら、彼らは性規範を持っていない。彼らは彼らの性欲を性規範で制御できない。だから、彼らは発情した猿のように可愛い女の子に群がる。彼らは人間よりも動物のように振る舞う。

systemの創造と管理・運用・統治

 systemの管理・運用・統治能力の欠如→自己の組織をまともに管理できない→小保方の発生

 日本人はsystemを創造できない。さらに、彼らは白人から与えられたsystemすらまともに運用、管理、統治できない。その結果、彼らは小保方晴子を生み出した。

日本人の学者は管理や統治を認識できない。彼らは製造以外の行為を何も認識できないように思える。彼らはサッカー選手であり、サッカーの審判やサッカー業界の統治者や管理者でない。

西アフリカ人は選手として素晴らしい。しかし、彼らはサッカーsystemの管理者や統治者でない。試合の製造者である。彼らはサッカー業界を彼ら自身で管理できないので、いつまでも白人の奴隷である。

白人ごっこの失敗

 白人ごっこしたい→男女平等→小保方の発生

 日本人の学者は白人によって認められたかった。彼らにとって、男女平等とは白人に認められるための手段であった。彼らは男女平等を無理やり推進して、その結果、馬鹿な女が発生した。無理やり男女平等を推し進めれば、この種のゴミが出でくるのは当然である。

日本人の学者は文部科学省のせいで男女平等をやらざるを得ないと被害者ぶってきた。しかし、彼らは白人の物真似をして、白人に認められたいと感じてきた。だからこそ、大学で、男女平等が推進されてきた。

2 責任の所在

責任の所在は大学

 責任の所在は大学と学者にある。

 責任の所在は大学と学者にある。なぜなら、彼らは学問の自由や大学の自治を主張してきた。彼らは彼らの組織の自治を主張してきたので、彼らの組織の問題は自治を主張してきた彼らの責任である。

小保方の問題の責任の所在は、競争的な資金に無関係である。小保方の問題は自然現象でなく、人為的な現象である。日本人の学者は競争的な資金の結果、小保方晴子が「仕方がなく」論文を捏造したわけでない。論文の捏造は人為的な現象であり、自然現象でない。

system創造できない

 大学および学者は大学の自治のための適切な性規範を創造できなかった。

 健全なsystemを創造するためには、性規範は必要である。しかし、彼らはsystemを形成するための性規範すら創造できない。さらに悪いことに、彼らは性規範の必要性すら認識できない。

彼らは性規範の創造を怠ってきた。この責任は大学と学者に存在する。日本人の学者はsystemを創造しようとしないので、彼らはsystemに必要な性規範すらいつまでも創造しようとしない。

3 予想される典型的な反応

知らないくせに批判する

 日本人の学者は外部から批判されると、彼らは不安を感じて、知らないくせに批判すると喚く。彼らは契約や交渉を認識できないので、彼らは交渉相手や契約相手に「知らないくせに批判する」と喚く。

日本人の学者は彼らの組織に関する物事を契約相手にきちんと提示する義務を持つ。知らないくせに批判しているという発言は「レッドカード」である。

論破グセと間違い探し

 彼らは批判されると、批判を論破しようとする。その結果、彼らは現実の問題を放置する。論破や間違い探しは意思疎通や人間の会話でない。

善悪を明らかにしない

 彼らは事実に執着して、善悪に無頓着である。彼らは可愛い女の子に群がったかを重視する。彼らは可愛い女の子に群がることが良いか悪いかを判断できない。

終わりに 解決案

大学の自治の廃止

 彼らは自治能力を持っていない。だから、大学の自治は廃止されるべきである。その証拠として、彼らは独自の性規範すら提示できない。

性規範

 日本人の学者はsystemを運用するために、性規範を提示する必要がある。その時、サークルの姫が消滅する。適切な性規範なしに、文化や文明、人間社会は生じない。

刑罰

 刑罰を重視する。刑罰が存在しないので、彼らはサークルの姫をやる。そして、彼らは反省しない。

小保方晴子というサークルの姫|世界の教祖|note
  日本人の学者は物事を「分析」できない。彼らは小保方晴子の問題を全く分析できてこなかった。以下で、俺は小保方晴子の問題を提示する。 日本人の学者は学者なのに、分析できない。彼らはまるで英語を話せない英語教師のようである。日本人の学者は豊富で正確な知識を持っているが、彼らは物事を分析できない。 なぜなら、彼らは彼...
タイトルとURLをコピーしました