イスラム国の教徒による捕虜の首の切断とメキシコ中南米マフィアの殺害法

人間について
https://en.wikipedia.org/wiki/Islamic_State_of_Iraq_and_the_Levant

 ISISは捕まえた捕虜の首をイスラム法に沿って切断する。それに対して、メキシコや中南米のマフィアの殺害は彼らの気分や遊びに沿って適当に実行される。前者は実にコーカサス人種的であり、後者はモンゴロイド人種的である。

コーカサス人種は刑罰を認識する。それに対して、モンゴロイド人種は刑罰を認識できない。以下で、俺は両者の殺害法の違いを提示する。その違いはコーカサス人種とモンゴロイド人種の人種的、かつ文明的な違いを暗示する。

一見すると、ISISも中南米マフィアも同じように落伍者であるように思える。しかし、彼らは同じでない。前者はきちんとした?宗教団体であり、どこか文明的である。

1 イスラム教徒の処刑

 経験則 イスラム教徒のコーカサス人種は他者をきちんと処刑する。たとえ彼らが落伍者であるとしても。

 イスラム教徒のアラブ人の刑罰の方法は人道に反するとキリスト教徒によって批判されてきた。

刑罰や処刑

 イスラム教徒のコーカサス人種は人間の処刑を彼らの宗教書に沿って実行する。彼らの刑罰は残酷であるが、残虐でない。首の切断や人間を生きたまま燃やす行為も宗教書の(やりすぎた)解釈の結果である。

俺がISISの動画を見たとき、彼らの行為は殺害よりも処刑に近いと感じた。彼らは彼らの宗教的な聖典を解釈して、捕虜?をその解釈に沿って殺害したように思える。少なくとも、彼らの行為は完全なる私刑でない。彼らが捕虜を殺害するとき、彼らはその行為をヘラヘラ笑いながら、実行しない。

俺が彼らの殺害行為を見たとき、俺は俺と彼らの人種的な違いを覚えた。彼らの行為は実にコーカサス人種的である。彼らは彼ら自身の行為の正当性を非常に重視する。そして、彼らはそれに沿って彼らの行為を実行する。

 俺は彼らを見た後、彼らの行為や思考の背景に、コーカサス文明を見た。彼らは彼ら自身の行為の正当性を異常に重視する。たとえ彼らが落伍者であり、捕虜を殺す時ですら。

2 モンゴロイド人種の殺害

 経験則 モンゴロイド人種は他人を殺害する。たとえ彼らが学者であるとしても。

殺害

 中南米のメキシコマフィアを見ればわかるように、彼らの殺人行為は単なる殺害行為である。彼らは人間を処刑しない。彼らは彼らの気分で、人間の皮を剥いだり、首を切断する。その行為には、宗教や刑罰が一切関係しない。

マフィアは彼らが他者を殺害するとき、彼らは彼らの行為の正当性を思考しない。彼らは気分や快不快で他者を虐殺する。そこに、刑罰における行為の正当性への追求は存在しない。

3 刑罰と人種

 実際の状態 モンゴロイド人種は刑罰それ自体を認識できない。

刑罰と宗教の欠如

 モンゴロイド人種は刑罰それ自体を認識できない。なぜなら、彼らは彼らの宗教を持たない。刑罰それ自体は宗教によって与えられる。

刑罰の正当性の欠如

 俺らが刑罰を思考するとき、俺らは刑罰の正当性を思考する必要がある。誰が何に基づいてどのように刑罰を科すのか?これが刑罰の正当性である。

たとえば、サッカーの審判がサッカーのルールに基づいて、卓球選手を罰するのは正当な刑罰でない。なぜなら、刑罰の主体と法の正当性が存在しない。一般的には、刑罰には正当性が存在する。

しかし、モンゴロイド人種は刑罰も刑罰の正当性も認識できない。だから、彼らはキリスト教式の刑罰で無宗教の日本人を含む東洋人を罰する。これは異常な事態である。彼らはそれに気づかない。なぜなら、彼らは刑罰それ自体を認識できない。

首切りゴボちゃん|kato(教祖)|note
 ISISは捕まえた捕虜の首をイスラム法に沿って切断する。その結果、首を切られた人間はゴボって言って首切りゴボちゃんになる。それに対して、メキシコや中南米のマフィアの殺害は彼らの気分や遊びに沿って適当に実行される。前者は実にコーカサス人種的であり、後者はモンゴロイド人種的である。 コーカサス人種は刑罰を認識する。そ...
タイトルとURLをコピーしました