文明の違い

人間について
https://ja.wikipedia.org/wiki/陰陽

 文明を定義することは非常に難しい。以下で、俺は文明の違いを提示する。文明が異なるとき、俺らは以下の違いを感じ取る。

俺らが白人を見るとき、俺らは世界に対する彼らの認識の違いに驚かされる。彼らは罪と罰の文明であり、俺らは礼と天誅の文明である。ちなみに、日本人の大部分、日本人の学者は彼ら自身の文明を認識できない。

彼らは文明を持っていないように見える。なぜなら、彼らは東洋文明と西洋文明の違いすら感覚的に認識できない。けれども彼らは西洋文明の知識を持っている。

1 文明

 経験則 もしxがyと異なる文明に所属するならば、xはxはyと異なる世界認識を持つと感じる対象である。世界認識は世界に対するある人間の認識である。

 人類の文明では、東洋文明と中東文明が最も有名である。次に、インド文明が有名である。地中海文明や西洋文明は中東文明の派生的な文明未満である。

文明が異なるとはやってる競技が異なる。文明が異なる時、俺らは競技が異なると感じる。例えば、サッカーと卓球は異なる競技である。西洋はサッカー文明であり、東洋は卓球文明である。

一般的に、ある人間が異なる文明に所属する人間と接触するとき、その人間は異邦人に対する違和感を覚える。それは外見だけでなく、価値観や考え方の違いである。

世界観

 文明が異なる時、世界観が異なる。例えば、コーカサス人種の宗教は東洋文明やインド文明と異なる。彼らは唯一の創造主がこの世界を創造したと信仰する。この種の世界観は非常に独特である。

東洋人の大部分はこの種の世界観を採用しない。彼らはよくわからないが、世界が存在する。それは科学的な手法によって調査される。この種の世界観を採用する。東洋人は彼ら自身の確固たる世界観を持っていない。

中東人はこの世界の創造主を信仰する。そして、彼らはこの世界には創造主の意志が存在すると強く信じているように思える。彼らはその意志に沿って生きることが重要であると考えているように思える。

生きる目的

 文明が異なるとき、生きる目的も異なる。例えば、この世界の創造主のために生きるのか、または子孫と先祖のために生きるのか、あるいは、今を生きてそれで終わるのか。

中東文明の人間は創造主のために生きているように見える。東洋人は子孫と先祖のために生きているように見える。白人は今ここを楽しんでいるように見える。ただし、白人も東洋人よりは創造主のために生きている。

敬虔な中東人はこの世界の創造主の意志に沿って、彼らの人生を創造主に捧げるべきであると信じているように見える。

人間観

 文明が異なる時、人間観が異なる。牧畜民族と農耕民族も異なる人間観を持つ。例えば、イスラム教徒のアラブ人の一部は非イスラム教徒は人間でないと信じてきた。

牧畜民族の人間観は家畜的な人間観である。日本人は牧畜を経験してこなかったので、彼らはこの人間観を感覚的に把握できないように見える。

コーカサス人種が奴隷文明であるのは、人間に対する価値観が根本的に異なるからである。

2 宗教

 文明が異なる時、宗教も異なる。なぜなら、宗教は上記の世界観や人間観、人生の目的を形成する。さらに、それらは死生観や契約、お金の規範、性の規範、善悪、刑罰が異なる。

日本人は以下の規範を持っていない。だから、彼らは文明それ自体を認識できないように見える。彼らは文明それ自体を認識できない。たとえ彼らが西洋文明を押し付けられたとしても、彼らは文明を認識できないので、押し付けられていることすら認識できない。

死生観

 文明が異なる時、死生観が異なる。例えば、ドイツ人はシリア難民を受け入れた。なぜなら、彼らはキリスト教徒であった。彼らは子孫を重視しない。

彼らは一時的な善行を達成して、天国に生きたかった。たとえ欧州が崩壊して、欧州はイスラム教になるとしても。俺らがドイツ人を見るとき、俺は西洋文明と東洋文明の違いを強く感じ取ることができる。

俺らと彼らとでは、死生観が根本的に異なる。彼らは子孫のことを予想せずに、死後の天国のみについて考える。その結果、彼らは無責任に見える。

約束

 文明が異なるとき、約束(契約)に対する考えが非常に異なる。俺らが西洋の契約社会と東洋の信頼社会を見るとき、契約に対する考えが根本的に異なると感じる。加えて、西洋における労働慣習や結婚も心のつながりでなく、厳密な契約社会として定義される。

俺らが日本人の学者やフィリピン人を見るとき、彼らは契約の概念それ自体を認識できないと審判する。たとえ彼らが借りたお金を返さないとしても、彼らは真理を主張して、契約を破棄しようとする。これもまた文明の違いである。

この約束の違いは当然法律観の違いを導く。

お金の規範

 文明が異なるとき、お金の規範が異なる。イスラム教では、利子が禁じられていたらしい。キリスト教では、富が汚いものとして考えられる。ユダヤ教では、それは汚いものでない。東洋文明でも、富は汚いものでない。

お金の規範はさらに富の規範へと結びつく。文明が異なる時、富に対する概念が互いに異なる。創造主が存在するとき、この世界は創造主によって作られた。人間がそれを所有することは良いか悪いか、それはどのように正当化されるか?文明が異なる時、ここら辺の考え方も異なる。

性の規範

 文明が異なるとき、性の規範が異なる。例えば、米国はキリスト教のプロテスタント派の性規範を持っているように思える。彼らは性を表面的には汚いものであると認識しているように見える。

日本人は性規範それ自体を持っていないので、文明を持たないように見える。その結果がサークルの姫の状態である。日本人女性は性にだらしなく、外国人にすぐにまたを開くと指摘されてきた。これもまた性規範の欠如である。彼らは人間よりも動物に近い。

日本人の学者もIT技術者も性規範を持たない。だから、彼らは可愛い女の子に群がり、サークルの姫を形成する。

善悪

 文明が異なるとき、善悪が異なる。例えば、キリスト教では、平等が善である。だから、彼らは人種平等や男女平等を推進する。それに対して、東洋文明は平等を必ずしも善と判断しない。

日本人や日本人の学者は文明を持たない猿である。だから、彼らは意味もわからず、男女平等に賛成する。そして、彼らは男女平等に反対する人間を「差別主義者」と侮辱する。「異端」の間違いである。

彼らは文明が何かを審判できない。だから、彼らはキリスト教的な平等に賛成する。また、東洋文明は善悪二元論でなく、陰陽一体である。

刑罰

 文明が異なる時、刑罰が異なる。イスラム教における刑罰とキリスト教における刑罰は互いに異なる。後者は人道的な刑罰である。日本人は刑罰それ自体を認識できない。

さらに悪いことに、日本人の学者は刑罰を大学の自治の侵害や学問の自由の侵害とみなしているように見える。彼らは刑罰を適用されそうになると、彼らは自治や自由を掲げて喚いて、適用を妨害しようとする。笑えることに、彼らは「今は違う、知らないくせに批判する」と言って、同情や共感、同意を強制的に要求して、刑罰を回避しようとする。

3 その他

 文明が異なるとき、法律観や言語観や国家観が異なる。

言語観

 文明が異なるとき、言語に対する認識が異なる。例えば、言語は意思疎通の道具であるか。言語は思考の道具であるか。言語は人間と動物を分かつ道具であるか。言語は管理の正当性を持つ何かであるか。言語は機械に対するプログラムのような何かであるか。言語は世界に対する認識の補助であるか。

白人の言語観は機械に対するプログラム的な言語認識であるように見える。彼らにとって、言語とは認識の補助でなく、機械に対する命令と同じである。彼らはまるで機械のように動く。

それに対して、東洋人の言語に対する認識は世界認識の補助に近い。世界を認識するために、彼らは言語を使用する。

国家観

 白人の国家と東洋人の国家は互いに異なる。前者の国家観は人工的な国家である。だから、彼らは他人の土地に国家を打ち立てる。

実際として、彼らはアメリカ大陸やアフリカ大陸に国家を建設する。これは非常に人工的な国家である。

人種や民族への認識

 文明が異なるとき、人種や民族に対する認識が異なる。白人のそれらは人工的であり、かつ先祖が欠落した何かである。また、彼らは局所から大局へと人工的に形成する。

 

タイトルとURLをコピーしました