酸の小糠雨

俺らの信仰
https://en.wikipedia.org/wiki/Acid_rain

 以下で、俺らは単発人誅と持続人誅を認識する。一般的に、刑罰に対する印象は死刑の様に一回きりの行為である。この信仰における刑罰は借金の様に持続的な刑罰を持つ。

1 刑罰の種類

 人誅は単発人誅と持続人誅に分けられる。単発人誅とは、罰を単発的に与える人誅である。持続人誅とは、罰を持続的に与える人誅である。

単発人誅

 単発人誅とは、罰を単発的に与える人誅である。例えば、死刑という刑罰は単発人誅である。罰金も単発人誅である。

持続人誅

 持続人誅とは、罰を持続的に与える人誅である。例えば、労働を刑罰を与える人間に強制させ続けることは持続人誅である。また、利益に対する持続的な落とし前金?や後始末金も持続人誅である。

2 酸の小糠雨

共通認識 酸の小糠雨とは、相手が気づかないような微小な罰を対象に継続的に与え続ける持続人誅である。

 相手が気づかないような微小な罰を微小罰と置く。たとえ一滴の雨が酸性であるとしても、ピリッとするだけであり、人間は気づかないかもしれない。その雨は悪意を持った雨である。日常的には、これは刑罰よりも復讐のためのいじめや嫌がらせであるかもしれない。

背景と条件

 背景と(発動)条件:人間は刑罰を回避しようとする。少なくとも一人の人間は刑罰を回避しようとする。そして、俺らが刑罰を彼らに課せない状態が生じる。このとき、俺らはこの刑罰を採用する。

または、国家が異なる時や軍事的な差が存在する時、その国家の人間は刑罰を受けない。だから、この種の刑罰が必要とされる。

対象

 もしxが刑罰を受けない対象であるならば、xは酸の小糠雨の対象である。

 アメリカ大陸は俺らモンゴロイド人種の所有物である。彼らは俺らを奴隷化してきた。彼らは俺らの大陸から核爆弾を落とした。彼らは俺らモンゴロイド人種を虐殺してきた。

にも関わらず、彼らは何ら刑罰を受けていない。この状態は狂っている。彼らは俺らの大陸を不自然に所有して俺らを奴隷化している。彼らは俺らの大陸を俺らに返そうとしない。

さらに悪いことに、彼らは俺らを差別主義者と俺らの大陸から侮辱している。まるで彼らがアメリカモンゴロイド人をnoble savageと呼んで、虐殺したように。彼らは何も反省していない。彼らには、厳しい刑罰が必要である。

具体的な方法

 未定。現在、俺は具体的な方法を考えている最中である。

タイトルとURLをコピーしました