人間とホモ・サピエンス

言語
https://ja.wikipedia.org/wiki/ホモ・サピエンス
広告

 人間とホモ・サピエンスは互いに異なる。以下で、俺は人間が何であるか、人間の意味を提示する。

広告

1:人間

 共通認識 人間とは、ホモ・サピエンスと人の組みである。

 人間を(ホモ・サピエンス, 人間)で表示する。ホモ・サピエンスとは、生物学における猿との共通子孫を持つ生物的事実である。それに対して、人間とは、人工的な概念である。

人間をhumanと仮定すると、ホモ・サピエンスはhomo sapiensであり、人はhuman beingとすると、わかりやすい。

胎児

 胎児は人間でない。胎児はホモ・サピエンスである。胎児は人でない。

奴隷

 奴隷は人間でない。奴隷はホモ・サピエンスである。奴隷は人でない。

2:男と女

 共通認識 男とは、雄と男性の組みである。女とは、雌と女性の組みである。

 雄は男でない。雄は男性でない。雄はホモ・サピエンスの雌である。

 雌は女でない。雌は女性でない。雌はホモ・サピエンスの雌である。

例えば、雌は子供を出産するのが動物的な本能に基づく行為である。それに対して、人間の側面としての女は子供を産む必要はない。

3:意味と必要性

 必要性 俺らが法律を対象に適用するとき、人工的な概念が必要になる。

 人間の定義は重要である。それは学問や真理のためでない。それは法律の適用対象を正確に定めるためである。

胎児と法律

 胎児を殺す事は殺人行為であるのか。この質問に答えるためには、人間を定義する必要がある。つまり、胎児はホモ・サピエンスであるが、人間でない。だから、中絶行為は正当である。

国家の構成要素を定める

 人間の定義が重要である。なぜなら、国家の創始者が国家を作る時、創始者は人間を定める必要がある。国民とは、国籍を保有する人間である。

国民が成立するためには、人間を定義する必要がある。だから、人間の定義は重要である。人間が法律を対象に適用するとき、人間はその対象を明確に定める必要がある。

人間の定義は法律の適用の際に必要である。

殺人行為

 殺人行為とは、人間が人間を殺す行為である。この文が成立するためには、人間の定義が必要である。ホモ・サピエンスは人間でなく、動物である。

note ご指定のページが見つかりません
言語
広告
広告
押せ
押せ
広告
俺らについて