奴隷の意味〜黒人奴隷

人間について
ウィキペディア コンゴとベルギー

 大和民族は奴隷の意味を把握できない。奴隷はホモ・サピエンスであるが、奴隷は人間でない。以下で、俺は奴隷の意味を提示する。

1:奴隷の成立

 奴隷の成立 奴隷の成立には、人間観と所有と契約が必要である。

 宗教は人間観と所有と契約を与える。もしある種の人間集団が宗教を持たないならば、その集団は奴隷を所有しないし、奴隷の意味を把握できない。一般的に、動物は奴隷を所有しない。

人間観

 人間が人間観を形成した後、奴隷が存在する。奴隷はホモ・サピエンスである。しかし、奴隷は人間でない。

人間が奴隷を所有する。この文章が成立するためには、人間の定義と奴隷の定義と所有の定義が必要である。人間と奴隷は人間観によって与えられる。

所有は富の規範によって与えられる。宗教は人間観と富の規範を与える。

所有

 一般的に、奴隷は人間によって所有される。この状態が成立するためには、所有が何かを定める必要がある。所有それ自体は自然界の対象でない。

だから、所有は人工的に定められる。このとき、少しの注意が必要である。もしある人間がある商品の所有の正当性を持たないならば、その時、他の人間がその商品の正当性を主張する可能性があることである。

人間はその所有の正当性を創造主の意志や言葉に求める。

契約

 人間が奴隷を所有するとき、誰が奴隷であるかを定義する必要がある。定義は他者との約束であるので、人間は契約観をきちんと定める必要がある。契約は自然界には、存在しないので、宗教によって定義される。

2:大和民族と奴隷

 大和民族と奴隷 もしxが大和民族である対象であるならば、xは奴隷の意味を把握できない対象である。もしxが大和民族である対象であるならば、xは奴隷を所有しない対象である。

 大和民族は自己の宗教も文明も持っていない。だから、彼らは彼ら自身の人間観も富の規範も契約も持っていない。奴隷は人間観も富の規範も契約から導かれる。

結局、奴隷は文明の産物である。大和民族は文明を持たないので、彼らは奴隷を持たない。彼らは奴隷が何かを認識できない。

彼らは奴隷を認識できないので、彼らは歴史を認識できない。

タイトルとURLをコピーしました