なぜヌシという単語が必要であるか

俺らの宗教(主体)
ジョン ローン https://bitex-cn.com

 この信仰では、俺らは俺のヌシや各自のヌシを信仰する。しかし、一部の信仰者は次の疑問を持つだろう。彼らはなぜ俺がヌシという単語を使用したのかと疑問に思う。

彼らはヌシでなく、主体という単語を使用すれば十分であると感じるかもしれない。または、彼らはヌシという音の響きが和風である。だから、俺がその単語を使用したと憶測するかもしれない。

しかし、俺は彼らの憶測と異なる認識を持つ。以下で、俺はなぜ俺がヌシという単語をわざわざ使用したかについて提示する。この信仰における信仰対象は「ヌシ」である。だから、俺らはヌシをきちんと対象化する必要がある。

1:ヌシという単語の必要性

 ヌシという単語は必要である。なぜなら、人間の大部分は「主体」を彼ら自身の肉体を誤認識している。または、彼らは彼ら自身の視界を誤認識している。彼ら自身の意識を誤認識している。

だから、俺らはその種の誤認識をなくすために、「ヌシ」という単語を使用する。一般的に、俺らが主体という単語を使用するとき、俺らはその意味を「ヌシ」と約束する。つまり、主体は俺らの肉体や俺らの視界や俺らの意識でない。

主体とは、俺らの「ヌシ」それ自体である。その主体「ヌシ」が俺らの視界を見ている。そして、その主体「ヌシ」は物理的なエネルギを持っていない。

 俺らはその主体を直接的に知覚できない。だから、その主体「ヌシ」は俺らによって信仰される対象である。

一部の人間は彼らの見えている世界や彼らの肉体を主体と勘違いしている。しかし、それらは彼らの視界や彼らの肉体である。不思議なことに、ホモ・サピエンスの一部は彼らの主体を彼らの視界や肉体、意識から分離させることができない。

これは「私」という自己を指示する単語にも当てはまる。人間は「I」や「私」という単語を使用してきた。しかし、この私が私の肉体を指しているのか、私の視界を指しているのか、私の意識を指しているのか、不明である。

 この信仰では、俺らは3つの名前を持つ。一つ目は肉体の名前である。二つ目は蟲の名前である。

三つ目はヌシの名前である。なぜなら、俺らは俺らの肉体と俺らの視界(蟲)と俺らのヌシを明確に分離して、認識する。この信仰では、俺という一人称は自己のヌシを指すと約束する。

また、主体という単語では、俺らは相手のヌシをうまく指示できない。だから、相手のヌシを指示するために、ヌシという単語が必要である。当然、そのとき、俺らは相手のヌシと蟲と肉体をきちんと区別する必要がある。