ミネルヴァ法律事務所の破産と兒嶋勝と弁護士の問題

大和民族について
https://ja.wikipedia.org/wiki/ニコラエ・チャウシェスク

 弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所(とうきょうミネルヴァほうりつじむしょ)は、かつて東京都港区に事務所を置いていた弁護士法人である。2020年6月10日に総社員の同意により解散し、同年6月24日に弁護士法人としては過去最大の約51億円に及ぶ負債総額を抱えて破産した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/東京ミネルヴァ法律事務所
過払い金CMの大手弁護士法人、「東京ミネルヴァ」破産の底知れぬ闇
消費者金融会社への過払い金の返還請求を手掛け、積極的なテレビCMなどを行っていた弁護士法人、東京ミネルヴァ法律事務所が6月24日、東京地裁から破産手続きの開始決定を受けた。だが、今回の破産には、ほとんど知られていない深い闇がある。

 上記を読んだ後、俺はこの事件に対する印象を提示する。俺は俺の印象は一つの科学的な資料として重要であると予想する。結論では、俺は日本人の弁護士は人間を含む物事を管理、統治できないと審判する。

その結果、上記の事務所が破産した。物事には、人間やお金が含まれる。以下で、俺は大和民族の弁護士の欠点を提示する。

0 前提

 本題に入る前に、俺は以下の前提を提示する。この前提の意味は、俺は法律に関する「識」や「経験」を持っていないことである。俺が法律に関する知識を持っていないのに、もし俺が的を射た意見を提示できるならば、その行為は興味深いかもしれない。

前提1

 俺は消費者金融が何かを知らない。加えて、俺は上記のdiamondの記事の意味を何も理解できなかった。過払金や返還請求、破産および破産手続きが何かを知らない。俺は破産と倒産の違いを知った。

前提2

 俺は日本列島における法律関係者をほとんど知らない。俺は法律に関する経験を持っていない。また、俺は弁護士が何をやっているかをうまく把握できない。

前提3

 俺が上記の記事を読んだ後、俺はこう思った。消費者金融で有名であった弁護士事務所が破産した。ちなみに、俺はこの事務所の名前を広告で知っていた。

この事務所は大々的な広告を売っていた。広告関係者がこの破産に関係している。また、この弁護士事務所はお金の管理をうまくできなかった。それが破産に関係した。

また、人間関係にも問題があった。その人間関係も破産に関係した。一般人の理解はこの程度であるように思える。また、上記のwikipediaによると負債の大きさは大きいと同業者によって審判された(ここら辺の感覚は俺にはわからない)。

 消費者金融の利用者はお金を消費者金融に多く払った。消費者金融はそのお金を利用者に返す必要があった。弁護士事務所がそのお金を一時的に所有した。

後日、弁護士事務所はそのお金をその利用者に渡す必要があった。けれども、弁護士事務所の関係者がそのお金を持っていった?。または、弁護士事務所がそのお金に手をつけた。この破産は普通の破産でないように思える。

1 破産の理由

 破産の理由 弁護士が物事を管理、統治できなかった。その結果、事務所が破産した。物事には、お金や人間が含まれる。

 もしある人間が法律に詳しいならば、その人間がこの事件における法律的な問題を解決すべきである。以下で、俺は民族的な観点からこの事件を把握する。

お金の管理

 破産の背景には、依頼者に支払われるべき過払い金、少なくとも30億円が弁護士法人を実質的に支配する広告会社により流用されてきた

https://diamond.jp/articles/-/241503

 もし上記の文が実際の状態であったならば、弁護士法人は彼ら自身のお金の管理をうまくできなかった。だから、お金が広告会社に流用された。

 本来消費者金融から過払い金が入金される銀行口座は、事務所の運営経費とは分別管理する必要がある。ところが、兒嶋氏が送り込んだ経理担当は指示されるまま同氏サイドへの送金を繰り返した。

https://diamond.jp/articles/-/241503?page=3

 俺はこの事務所の慣習を知らない。しかし、俺はこの事務所はお金を全く管理できないと審判する。俺がわかることはこの事務所はお金を全く管理できないことである。

俺の憶測では、この弁護士事務所は富裕な運動選手に似ている。彼らもまたお金を管理できないない。だから、たとえ彼らが富裕になるとしても、運動選手は破産する。

実際、俺の不確かな記憶では、アメフト選手の少なくない何割かは破産してきた。上記の弁護士事務所はこの種のアメフト選手に似ている。彼らは物事、ここではお金を全く管理できない。

人間の管理

 ミネルヴァを支配していた、今回の破産劇の黒幕ともいえる広告会社とは(株)リーガルビジョン〔渋谷区、代表霜田広幸、19年3月期(4カ月間の変則決算)売上高8億8100万円〕である。

表向き「兒嶋氏とは縁を切った」と話していたが、裏では兒嶋氏が絶対権力者の「会長」として支配する体制が続いていた。兒嶋氏は、DSCとは別に淡路島で実質経営していた貸金業者で、出資法違反(違法金利)容疑での逮捕歴もあるいわく付きの人物だ。

https://diamond.jp/articles/-/241503?page=2

 上記の事務所はお金だけでなく、人間の管理もできない。彼らは愛犬のピッドブルを暴走させる飼い主に近い。彼らは家畜を管理できない羊飼いに近い。

上記では、「支配」や「黒幕」という単語が使用された。その単語の使用は正当でない。事務所が人間、特に部外者をきちんと管理できてこなかった。だから、この事件が生じた。

彼らは彼らの組織を自治する権利を持ってきた。もし彼らが他人によって支配されたならば、その責任は彼らに存在する。

 リーガルビジョンもDSCと同様に経営が苦しい弁護士事務所に近づき、過払い顧客を集めるための広告プランを作成。

関連会社のキャリアエージェンシー(株)〔渋谷区〕が事務員や相談員を派遣し、経理業務も含め事務所の運営は、事実上、リーガルビジョン任せになってしまう

東京ミネルヴァの場合、「オフィスをはじめ通信回線、サーバー、事務所ロゴの商標権など、なにからなにまでリーガルビジョングループから兒嶋氏の言い値で借りていた」(事務所関係者)ため赤字が累積。

川島弁護士は状況を打開するため、集客アップで収益改善を図り、依頼者へ返す資金を捻出しようとした。だが、そのためには結局兒嶋氏の力を借りざるを得ず、同氏への依存がますます深まる悪循環に陥っていった

川島弁護士はことあるごとに是正を試みたが、兒嶋氏は「広告をストップする」「派遣社員を引き揚げる」などと脅すような態度を取ったり、「一蓮托生よろしくお願いいたします」といったメールを送ったりするなど(右の写真)、一切逆らうことができない状況に追い込んだという。

https://diamond.jp/articles/-/241503?page=3

 上記のような状況が生じた。その責任は事務所にある。この事務所は人間をきちんと管理できてこなかった。だから、兒嶋勝が権力を握った。

兒嶋勝は人間を管理する能力を持っていた。上記では、兒嶋勝は悪者のように描かれている。しかし、俺は事務所が兒嶋勝をきちんと管理、統治できなかったので、彼らは兒嶋勝によって逆に管理されたのでないかと審判する。

俺が上記からわかることは、この事務所は人間もお金も管理できなかったことである。そして、彼らは彼ら自身の肉体や組織という最も重要なことを兒嶋勝に任せてしまった。その結果、上記のような喜劇が存在した。

 一弁ならびに上部団体の日本弁護士連合会(日弁連、荒中会長)も、弁護士が広告会社に業務を丸投げしているうちに操り人形になってしまうという想定外の事態を問題視。

しかし、前出の事情通によれば「兒嶋氏の実質支配下にある事務所は東京ミネルヴァだけではない」という。

都内や大阪のいくつかの弁護士事務所と司法書士事務所が実質的に支配下にあるとされ、同様の問題が起きている可能性が高い。

https://diamond.jp/articles/-/241503?page=4

 弁護士が業務を広告会社に丸投げしている。この行為は黒人が白人に黒人の国家や文明を白人に丸投げしているような状態である。当然、その状態は奴隷状態である。

自己の肉体や組織の管理を広告会社に丸投げすれば、彼らは広告会社の支配下に置かれる。それは当然である。しかし、彼らはこんな簡単なことすら認識できない。

2:違和感

 俺の違和感 少なくとも一人の弁護士は被害者ぶっている。その人間は広告会社や兒嶋勝に支配された悲劇のヒロインを演じる。また、日本人の弁護士は何も管理できないのに外部からの介入を異常に嫌う。

 この事件に関して、日本人の弁護士の一人は兒嶋勝を悪者に見立てた。その人間は被害者ぶって、悲劇のヒロインを演じた。この人間の行為に対して、俺は強烈な違和感を覚えた。

この事件の問題は日本人の弁護士の管理や統治の問題である。この事件は日本国の問題や司法制度の問題でない。日本人弁護士は外部からの介入を異常に嫌い、それを妨害する。

その結果、彼らの管理能力の欠如は継続する。

知らないくせに批判するな

 外部からの批判に関して、日本人の弁護士は知らないくせに批判すると返答する。この反応は日本人学者や医者にも見られる。この反応は非常に幼児的である。

子供の両親に対して、彼らが子供の事を何も知らないくせに批判していると言っているような行為である。子供は両親に理解されないことを嘆く。子供は彼らの肉体を彼ら自身で管理できない。

だから、両親が子供の生活に干渉する。もし日本人の弁護士が彼ら自身の肉体や組織を彼ら自身で管理、統治できないならば、外部の人間が彼らを管理すべきである。日本人の弁護士は法律の引用者や官僚的な人間として優秀であるかもしれない。

 この事件に関しても同じである。俺は素人であるが、この事件は弁護士の管理能力の欠如であると審判した。だから、俺のような素人が彼らに口を出す事は正当である。

幼児は彼ら自身の性器を彼ら自身で管理できない。たとえある大人がその幼児の事情や男性器や女性器の構造の専門家でなかったとしても、その大人はその幼児に干渉することができる。なぜなら、たとえその幼児が天才数学小学生であるとしても、その幼児は自己の肉体すらまともに管理できない。

管理と自治

 日本人の弁護士は自治を主張する。そして、彼らは外部からの非専門家による批判をひどく嫌う。しかし、日本人の弁護士は彼ら自身の組織を管理、統治できない。

日本人の弁護士は自治や管理が何であるかをうまく認識できない。だから、彼らは「素人による口出し」を嫌っている。しかし、その素人は法律でなく、日本人の弁護士の管理能力や統治能力や自治能力を疑っている。

例えば、日本人の学者は小保方晴子すら管理できなかった。だから、日本国の学会は彼女によってめちゃくちゃにされた。小保方晴子の実験ノートを見れば、生物学の素人ですら日本人の学者は自治を主張しているのに、組織の管理すらできないと審判する。

独裁?

 日本人の弁護士は管理や統治が何であるかを認識できない。だから、彼らは外部による管理それ自体を嫌う。彼らは管理や統治それ自体を独裁と誤認識する。

その結果、日本人の弁護士は彼ら自身の組織を管理する人間を持ってこなかった。兒嶋勝が「独裁」を穴埋めした。

3:解決案

管理を認識せよ

 日本人の弁護士は人間の管理を重視する。その時、上記の事件の数が減少する。

管理の順序

 日本人の弁護士は法律の前に、管理を重視する。家畜や人間の管理→刑罰や法律の発生→法律の運用。

先生呼びをやめよ

 餓鬼は物事を管理できない。大人はその餓鬼を先生と呼ぶな。

なぜ日本人の学者や医者や弁護士は先生と呼ばれるか?アニメーターなのに
 実際の状態:日本人の学者や医者や弁護士は先生と呼ばれてきた。審判:その状態に対して、俺は強烈な違和感を覚えてきた。判断:その状態は悪い。誘導と意志:以下で、俺はなぜ日本人の学者や医者や弁護士は先生と呼ばれるか?を提示しよう。誘導と意志:その前に、俺らは学者や医者の意味を提示する。学者や医者の意味 意味 学者は数理情報の製造者である。医者は人体の修理者である。日本人の学者も医者も彼ら自身の組織を彼ら自身で管理できない。そのため、彼らは彼ら自身の組織の管理を他人に委ねているので、白人の実質的な奴隷である。製造や媒介 学者は数理情報の製造者であり、彼らは知的なアニメーターである。アニメータもまたアニメの製造者であり、管理者や統治者でない。アニメーターの労働環境が悪いのは、彼らが自己の組織の管理を彼ら自身で行えず、それを他人(搾取者)に委ねているからである。奴隷や家畜 学者や医者は知的な奴隷や家畜である。なぜなら、彼らは自己の肉体や組織や社会や国家を彼ら自身で管理できない。彼らは彼らの肉体や社会の管理や統治を他人に委ねているので、...
東京ミネルヴァの破産と弁護士の管理能力|とある人工世界の創造主|note
 弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所(とうきょうミネルヴァほうりつじむしょ)は、かつて東京都港区に事務所を置いていた弁護士法人である。2020年6月10日に総社員の同意により解散し、同年6月24日に弁護士法人としては過去最大の約51億円に及ぶ負債総額を抱えて破産した。東京ミネルヴァ法律事務所 過払い金CM...
タイトルとURLをコピーしました