主体と対象の区別〜ぐちゃ〜

言語
https://en.wikipedia.org /wiki/Eye

 以下で、俺らは「ぐちゃ」という単語を提示する。ホモ・サピエンスのほとんどは主体と対象を区別できない。その結果、その動物は奇妙な振る舞いを繰り返す。

1:ぐちゃ

 共通認識 ぐちゃとは、自己の主体と非自己の対象を区別する能力を持たない対象である。

 能力と潜在能力の違いは現時点で区別しない。潜在能力→訓練→能力→条件→能力の発現である。

1:具体例(オタク)

 日本人の科学者や数学者はぐちゃである。なぜなら、彼らは彼ら自身と科学と数学を区別できない。彼らは科学及び数学それ自体を彼ら自身と認識している。

日本人の科学者や数学者は科学や数学が役に立ってきたと引用してきた。そして、彼らは彼ら自身が人類の役に立っているように振る舞ってきた。しかし、日本人の科学者や数学者の大部分は単なる不良債権であり、不要である。

科学や数学が役に立つことととある日本人科学者が役に立つことは互いに異なる。しかし、ぐちゃは自己と非自己(科学や数学)を区別できない。彼らは彼ら自身を数学や科学それ自体と誤認識してきた。

2:具体例(雌)

 モンゴロイド人種のホモ・サピエンスの雌が西側白人男性と結婚するとき、それらはまるで白人のように振る舞い、色付きを侮辱する。しかし、それらは白人でない。それらはそれら自身を白人と誤認識している。

また、それらはNYに住むと、なぜか日本列島や大陸東洋の居住者を侮辱し始める。なぜなら、それらは自己とNYという土地をうまく区別できない。日本人の一部はこの種の物体を正確の悪い物体と認識する。

しかし、この問題はそれらの能力の問題である。

タイトルとURLをコピーしました