ヌシと人間の本質に関する誤解

俺らの宗教(主体)
https://www.youtube.com/watch?v=hYG3iIcZOkw

 俺らは人間の本質を重視する。しかし、一つの勘違いが存在する。それは信仰者がヌシを人間の本質と誤認識することである。

以下で、俺はヌシと人間の本質に関する誤認識を提示する。

1:ヌシと人間の本質

 誤認識 ヌシが人間の本質である。左の文は間違いである。

 ヌシは人間の本質でない。以下で、俺らはそれについて学ぶ。

ヌシは対象それ自体

 ヌシは対象それ自体である。俺らは陣の要素としての人間をヌシと信仰する。そこでは、ヌシは人間それ自体である。

それに対して、人間の本質は対象に一対一に唯一に対応する「人間の性質」である。ヌシはタンスそれ自体であり、ヌシ(人間)の本質がタンスの引き出しに対応する。

2:ヌシは人間か

 共通認識 ヌシは宗教における人間である。しかし、ヌシは一般的な意味での人間でない。その一般的な意味は人間とは、ホモ・サピエンスと人の組みである。

 宗教とは、世界(集合)と人間(要素)と目的(決まり)の組みである。この人間は普通の意味での人間でない。だから、俺らはこの人間を「人素」と便宜的に置く。

また、ヌシは自己それ自体である。俺らはその自己を「人素」に対応させる。その時、宗教における人間(要素)が確定する。

また、ホモ・サピエンスと人の組みとしての人間は人間と通常通りに置く。ヌシはその意味での人間でない。ヌシは現時点での自己であり、俺ら自身である。