予言と契約〜あらかじめ土人(予め土人)〜

言語
https://en.wikipedia.org/wiki/Baiyue

 以下で、俺は予言と契約について提示する。予言は契約(約束)でない。だから、君は他人の予言に沿って動く必要はない。

日本人の学者は契約それ自体を認識できてこなかった。だから、彼らは日本国の将来における不吉な予言を繰り返して、他人や日本政府を動かそうとする。相手が彼らの想い通りにいかなくなった時、彼らは捨て台詞を吐く。

または、彼らは「俺の言った通りにしなかったから,,,失敗した」と言いたげな振る舞いを繰り返す。

1:予め土人

 共通認識 予め土人とは、契約(約束)を認識できない予言者である。

 予言者とは未来を予言する人間である。だから、予め土人とは、契約(約束)を認識できない、かつ未来を予言する人間である。人間を動物に置き換えても良い。

省略形は予土(よど)である。

学者(具体例)

 日本人の学者は予土(よど)である。なぜなら、彼らは「このままでは、日本の科学が衰退する」とか、「日本の科学がどうなっても良いのか」と予言してきた。しかし、文明的な人間はこの種の行為では、契約相手との約束を結べないと感じてきた。

なぜなら、日本人の学者は契約それ自体を認識できない。不吉な予言や騒ぐ行為は契約の締結に結びつかない。彼らは契約に関する豊富で正確な知識を持っている。

しかし、彼らは契約それ自体を認識できない。なぜなら、彼らは宗教を持っていない。宗教は契約を人間に認識させるが、彼らはその契約に対する認識の原因を持っていない。

 だから、彼らは真理や予言や引用で人間を動かそうとする。彼らは他人が予言で動かない時、彼らはバカな日本人によって理解されなかったかわいそうな私たちを演じる。しかし、日本人の学者がより愚かであり、彼らは人間よりもむしろ猿に近い。

たとえ俺が俺の発言を彼らに提示するとしても、彼らは何を指摘されているかを理解できない。だから、彼らは「日本の科学がどうなっても良いのか」や「だから、日本の科学が衰退した(嘲笑)」と契約相手に捨て台詞を吐く。

タイトルとURLをコピーしました