西洋及び東洋における文化に対する認識の違い〜culture〜

言語
ルオ・シャオイー twitter

 西洋と東洋における文化に対する認識は異なる。一般的に、文化に対する認識は文明や人種や宗教によって異なる。もし君が文明を認識できるならば、君は文化に対する文明の認識の違いを認識することができる。

1:東洋における文化

 東洋における文化顔的文化) 東洋における文化とは、東洋人の人工的な自己認識それ自体である。顔的文化とは、ある人間がその人間の人工的な自己認識と認識する文化である。

 東洋における文化とは、東洋人の顔それ自体である。東洋人にとって、文化とは作物が育つ環境や土壌でない。文化とは、東洋人の人工的な自己認識である。

だから、東洋人以外が東洋文化を持つことはない。例えば、ネグロイド人種やコーカサス人種は東洋文化を持たない。それぞれの人種は各自の文化と文明を持つ。

東洋人にとって、異人種を東洋文化の中で育てることは、彼らの顔を奪い、破壊する行為である。また、その時、彼らは俺らの自己認識を強奪している。

2:西洋における文化

 西洋における文化土壌文化) 西洋における文化とは、人間が育つ環境(土壌)である。土壌文化とは、ある人間が人間を人工的に作る環境と定義する文化である。

 西洋人にとって、文化とは彼ら自身の自己認識できない。西洋文化は白人の顔でない。西洋文化は、西洋人の価値観を持った人間が育つ土壌である。

西洋人はネグロイド人種を彼らの西洋文化で育てようとする。その結果、彼らは英語を話し、キリスト教の価値観の下で育つ。彼らは西洋という畑の中で生まれ、文化的に西洋作物として育つ。

当然、作物の種類(人種)は異なるけれども。東洋人はこれをネグロイド人種の人工的な顔(自己認識)を破壊する行為であると感じる。なぜなら、東洋人にとって、黒人文化とは、彼ら自身の顔である。