女神崇拝と多神教〜香港と周庭〜

俺らの宗教(主体)
https://ja.wikipedia.org/wiki/周庭

 この宗教では、俺らは多神教的な振る舞いを実行しない。以下で、俺らは多神教的な行為の劣等性を提示する。俺らは俺のヌシを崇拝するか、俺らの各自のヌシを崇拝する。

1:女神崇拝

 共通認識 女神崇拝とは、対象が雌や女を女神や神や精霊と崇拝する行為である。まん崇拝とは、女神崇拝行為を実行する対象である。

 ここでの対象は動物や人間である。

具体例(周庭)

 日本人の一部はマン崇拝である。例えば、彼らは香港の周庭を可愛い女神として崇拝した。彼らは中国における香港の問題の深刻さを認識できてこなかった。

彼らは周庭がただ可愛いから支持してきた。この種の行為は実に宗教的である。多神教徒のような猿どもはこの種の行為を崇拝行為や劣等な宗教的行為と認識できてこなかった。

この種の猿が政治に干渉する時、政治が機能不全に陥る。俺らは違和感を彼らの行為に覚える。

2:陰陽

 共通判断 女神崇拝の善悪は陰である。

 女神崇拝は蟲的世界、つまり動物の世界に対応する行為である。大局的な秩序を破壊しない限り、女神崇拝は病でない。

 宗教的な正当化は後日実行する。