暴走脳(強姦脳)

言語
https://en.wikipedia.org/wiki/Brain

 日本人学者は全くもって論理的でない。にも関わらず、彼らは論理の知識を持つ。彼らは論理の知識をひけらかすが、彼らの脳は常に暴走する。

俺らが彼らを見る時、論理や科学とは何のために存在するのか疑問に思う。たとえ俺らが論理や科学を学ぶとしても、もし俺らが俺らの脳を適切に制御、管理できないならば、その学習は不要である。

1:暴走脳

 共通認識 暴走脳とは、彼ら自身の脳の運動及び行為を管理できない動物である。強姦脳とは、彼ら自身の脳の運動及び行為を制御できない動物である。

具体例

 具体例は日本人学者である。彼らは人間は皆平等であるといったすぐ後に、彼らは二重国籍が欲しいと言う。この発言に対して、俺は二重国籍は平等に反する。だから、それは悪いと指摘する。

すると、彼らはごねて、アメリカドイツでは認められていると引用する。俺がアメリカが間違いであると指摘すると、彼らはなぜか馬鹿にしたような笑いを表現する。彼らは彼らの発言を一切正当化できない。

彼ら支離滅裂な引用を延々と繰り返す。なぜなら、彼らは彼ら自身の脳を制御できない。彼らは彼ら自身の脳を管理できない。

2:強姦脳の意味

脳は肉体の運動の一種

 俺らは脳を肉体の一部と認識する。その時、脳の運動は肉体の一部の運動になる。俺らが肉体の運動を管理できない動物を見る時、俺らは彼らは文字通り動物のようであると感じる。

同様に、俺らが脳の運動を管理できない日本人学者を見る時、俺らは彼らはまるで動物のようであると審判する。彼らは豊富で正確な知識、そして高い処理能力を持つ。

しかし、彼らは彼らの脳の運動を全く管理できない。だから、彼らは馬鹿に見える。支離滅裂な動物に見える。

団地の日本人

 暴走脳の意味は団地の日本人である。彼らは彼らの肉体を管理できない。貧しい人間が貧しいのは、管理能力の欠如である。

暴走脳は団地の人間に近い。彼らは文字通り何も管理できない。だから、彼らはいつまでも貧しい。

彼らの問題は専門知識や論理でない。彼らの問題は管理である。彼らは彼らの肉体も彼らの脳脳も管理できない。

タイトルとURLをコピーしました