子音の記号は適切か?sやt

言語

 日本語には、子音の表記は存在しない。一方、英語には、子音の表記が存在する。このように指摘されてきた。

例えば、日本語には、tやsが存在しない。それはトゥ、スゥと表示されれる。だから、子音を放言する記号は日本語には存在してこなかった。

しかし、俺はこの種の考えにある種の違和感を覚えてきた。以下で、俺はその違和感を提示する。結論では、俺は子音の表示は英語でも日本語でもおかしいと主張する。

1:子音sの表示はs(u)か?

 子音の記号 子音の記号は子音+(無音の母音?)であるのが正確であるように思える。子音sの表示はs(u)である。

 無音の母音が何を意味するかは不明である。しかし、俺らは小声(ヒソヒソ声)で「あ」や「う」をつぶやくことができる。

俺の脳

 俺の脳 俺には、子音sがs(u)に聞こえる。加えて、俺はs(i)、s(a)、s(e)、s(o)を発音できる。

 俺の脳がおかしいのかもしれないが、sやtは俺にとって、s(u)やt(u)に聞こえる。少なくとも、俺はsやtを聞き取れない。

dやbやz

 俺の脳 俺には、dやbやzはd(u)やb(u)やz(u)に聞こえる。加えて、俺はd(i)、d(a)、d(e)、d(o)を発音できる。bやzも同様である。

 sやtと異なるのは、dやbやz自体が無音でないように聞こえることである。ただし、(u)は無音であるように聞こえる。duとd(u)は互いに異なる。

mやnやその他の子音も同じである。ここでは、俺らはそれらを省略する。

英語の子音の文字は適切か?|とある人工世界の創造主|note
 日本語には、子音の表記は存在しない。一方、英語には、子音の表記が存在する。このように指摘されてきた。 例えば、日本語には、tやsが存在しない。それはトゥ、スゥと表示されれる。だから、子音を表現する記号は日本語には存在してこなかった(と指摘されてきた) しかし、俺はこの種の考えにある種の違和感を覚えてきた。以下で...
タイトルとURLをコピーしました