英語の動詞及びbe動詞に対する俺の感覚〜walkは歩くか歩けか?〜

言語
https://ja.wikipedia.org/wiki/アイザック・ニュートン

1:動詞

 俺の感覚 俺の個人的な感覚では、英語の動詞は命令形に聞こえる。

 例えば、I walkという文が存在する。その時、俺はこの文を「俺は歩く」でなく、俺はこの文を「俺よ、歩け」と感じる。俺の感覚では、英語の動詞のほとんどが命令形のようになっている(感じる)。

英語での感覚では、I make my body walkやI make the action of my body walkみたいな感じに聞こえる。また、日本語では、「I」は「俺は」や「俺が」と訳される。しかし、俺は「俺よ」に感じる。

まず始めに、動かす対象を主語で指定する。その後、俺らは動詞をその対象へと与える。さらに、自動詞では、動詞の方向、他動詞では、動詞が作用する対象を指定する。

2:be動詞

 俺の感覚 俺の個人的な感覚では、isは〜であれに聞こえる。

 例えば、I am an Americanは「俺よ、アメリカ国民であれ」と感じる。Americanは名詞(存在)または状態である。

上記のたとえでは、俺らは俺らの肉体をIで指定した後、〜であれという存在に対する命令を提示する。俺の印象では、話者は人間の意志によって、存在を指定する。あるいは、指定された主語を存在に結びつける。

I walkは私は歩くか、私よ歩けか?|とある人工世界の創造主|note
1:動詞  例えば、I walkという文が存在する。その時、俺はこの文を「俺は歩く」でなく、俺はこの文を「俺よ、歩け」と感じる。俺の感覚では、英語の動詞のほとんどが命令形のようになっている(感じる)。 英語での感覚では、I make my body walkみたいな感じに聞こえる。また、日本語では、「I」は「...