対象(object)とは何であるか?〜被写体〜

俺らの信仰
https://en.wikipedia.org /wiki/Eye

 日常的には、対象とは、棚それ自体である。対象の性質は棚の引き出しである。

例えば、俺が人間を対象とするとき、人間は棚それ自体である。人間の性質は棚のそれぞれの引き出しである。棚には、色や形や知能が入っている。

俺らが対象を被写体を置き換えるとき、俺らは対象を幾何学的に把握できる。そのとき、主体は写真の中には存在しない。以下で、俺は対象への印象を提示する。

1 対象の前に

 俺らが被写体を撮影するとき、俺らは被写体を明確に捉える必要がある。同様に、俺らが対象を捉えるとき、俺らは対象を明確に捉える必要がある。

未分対象

 俺らが対象を明確に把握する前、その対象はボケた対象である。俺らはそのボケた対象を「未分対象」と便宜的に呼ぶ(未分化な対象)。カメラが被写体に照準を合わせる前、その被写体はボケている。

未分対象とは、人間によって把握される何かxである。

切り出し(照準)

 俺らが対象をきちんと把握したいとき、俺らはそのボケた対象を明確に定めて、対象を切り出す。俺らはこの行為を「切り出し」または「対象化」と呼ぶ。あるいは、照準を合わせるでも良い。または照準化。

2 対象

対象とは?

 対象とは、切り出された未分対象である。現時点で、俺は対象が名前を与えられるべきかを知らない。

分析と対象

 推論:もしxが分析される未分対象であるならば、xは対象である。例えば、jvぢfひは対象でない。なぜなら、俺らはそれを分析できない。

分析とは、人間が対象やその性質を調べる行為である。分析の動作対象は対象それ自体である。対象や対象化なしに、分析行為は存在しない。

日常的には、分析できるものが対象である。

具体例

 創造主は対象である。幽霊は対象である。ただし、それらは実際の存在でないとされる。

3 対象と定義

対象と知覚

 たとえ俺らが何かを知覚するとしても、その知覚は対象でない。なぜなら、その何かは対象かされていない。もし俺らが何かを知覚するならば、その何かは実際に存在する。

対象と定義

 上記で、俺は対象を定義でなく、分析に関連づけた。なぜなら、俺らは宇宙や数やお金の定義をしらないが、俺らはそれらをそれぞれの対象と認識している。そして、俺らはそれらを分析してきた。

対象と認識

 もし俺らが何かを認識するならば、その何かは対象である。分析できないものは認識できないように思える。ただし、俺らは創造主や幽霊やピカチュウを認識できないが、分析できる。

タイトルとURLをコピーしました