システムの日本語訳は「家」

言語

 システムというカタカナ用語は頻繁に使用されてきた。しかし、俺らはシステムという単語を日本語訳に置き換えることができてこなかった。ここでは、俺はシステムというカタカナ用語を日本語へと置き換える。

1章 システムの日本語訳は「家」

日本語訳 システムの日本語訳は「家」である。

 システムの日本語訳は「」である。または、陣。一般的に。システムは制度や組織、系や体系、あるいはからくりや機械仕掛けと訳されてきた。

家が混同される場合、俺らは電家(電子的な家、でんか)や機械家(きかいか)呼ぶ。システム設計は家設計。日本語では、システムでないものもシステムと呼ばれているように思える。

その場合、俺らは異なる日本語訳を与える。

2章 家とは何であるか?

 システム(system)は、相互に影響を及ぼしあう要素から構成される、まとまりや仕組みの全体。一般性の高い概念であるため、文脈に応じて系、体系、制度、方式、機構、組織といった多種の言葉に該当する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/システ 

 A system is a group of interacting or interrelated entities that form a unified whole.[1] A system is described by its spatial and temporal boundaries, surrounded and influenced by its environment, described by its structure and purpose and expressed in its functioning. Systems are the subjects of study of systems theory

https://en.wikipedia.org/wiki/System

 上記はシステムの説明である。俺は英語を読めないが、要約すると、システムは、相互的に影響を及ぼし合う一つの何かであり、それは明確な境界を持つ。おそらく、誰も上記の説明を理解できないので、以下で、俺はシステム(家)を解釈する。

システムとは、家である。家には、建物と家族(人間)と家族のルール(決まり)が存在する。家とは、建物と家族と決まりの組みである。

建物は外部と内部の境界を与える。家族は建物の内部で相互的に作用し合う。家族のルールは家族の存在や状態や運動(行為)を明確に決める。

 これが家(システム)である。これを一般化して、俺らは集合と要素と決まりの組みを家と考える。家=(集合, 要素, 決まり)である。

3章 家の具体例

 以下で、俺らは家の具体例を眺めてみよう。

日常的な意味で、生態系はシステムである。生態系は場所と生物と生物的な経験則の組みである。機械もシステムであり、それは本体(ハード)と要素(最小単位の部品)と決まり(ソフト)の組みである。運動競技もシステムであり、競技場(集合)と選手(要素)とルールの組みである。

人体もシステムであり、肉体と細胞と自然法則の組みである。臓器それ自体もシステムであり、臓器と臓器特有の細胞と自然法則の組みである。自然界もシステムであり、それは宇宙と原子と物理法則の組みである。

国民国家もシステムであり、それは領土と国民と法律の組みである。会社もシステムと無理やり考えると、会社と社員と会社の決まりの組みである。

タイトルとURLをコピーしました