OSの日本語訳は骨格、アプリケーションの日本語訳は器官

機械

 以下で、俺はOSとアプリケーションの日本語訳を提示する。その時、俺はそれらに関する正確な説明行為でなく、家畜や家畜の脳の管理統治を優先する。単語を与えるのは、家畜や家畜の脳を外部から管理、統治するためである。

1章 骨格

 オペレーティングシステム・ソフトウェアの日本語訳は「骨格電法」である。その略称は骨電(こつでん)である。

俺は日本語と英語のOSの説明を読んでも、理解できなかった。一般人にとって、電計は管理されば良いので、俺らはこう考える。

OSとは、電法の一種であり、工場における基本的な動作を司る。例えば、ドアを開けるや電気の点滅や水道の整備などである。それらはほとんどの工場で観察されて、共通点が存在する。ただし、外国や工場の骨格が異なると、ドアの開閉に関する電法が異なる。

2章 器官

 アプリケーションソフトウェアの日本語訳は「器官電法」である。その略称は器電(きでん)である。

アプリケーションには、様々な種類が存在して、ブラウザ(閲覧)やメールソフト(電子手紙)や文書作成ソフトや表計算ソフトが存在する。人体における器官は多様な機能を持つように、電計におけるアプリケーションも多様な器官を持つ。

工場の例では、アプリケーションは金属加工を実行する機械に対応するかもしれない。特有の目的を持つ機械は人体における器官に対応する。

3章 工場と電子計算機

 俺は電子計算機を電子的な小型計算工場と勝手に読んでいる。電計場がelectronic computerの訳である。その他の候補として、計算工場や電計工場が存在する。電工場でも良い。

 俺らがコンピュータを工場で例えるとき、俺らはその意味を感覚的に把握できる。

ハードウェア(電箱)は工場それ自体である。ソフトウェア(電法)は工場を制御する工場法則である。OSは骨格工場法則であり、アプリケーションは器官工場法則である。

それらの略称は骨工法、器工法である。なお、俺らは工場それ自体を工場と内部の機械と工場の動きを定める法律の組み、つまり「system(家)」とみなすことができる。

 俺らが電子計算機を小さな工場に対応づける時、俺らは他人の脳を言葉で管理しやすくなる。電子計算機は正確な翻訳であるかもしれないが、他人の脳を管理しづらい。だから、俺は電子計算機の日本語を工場に例える方がわかりやすい。電工場など。

消費者は電子的な計算機を購入しようとしない。けれども、もしcomputerが小さな工場であるならば、人々はその工場を所有したいと感じるだろう。このように、computerの日本語訳が計算のための電工場であることは商業的にも有益である。