菊池誠(キクマコ)と民主主義

大和民族について
https://www.excite.co.jp/news/article/Ncn_353113/

 俺が菊池誠の発言を見ると、彼は民主制度の意味を把握できないように思える。おそらく、その理由は彼は管理や統治が何であるか、その意味を把握できなからである。学者の大部分は狩猟民族、良くて情報製造という農耕民族に近く、家畜を扱う牧畜を認識できない。

その結果、彼らは統治、つまり民主制度が何であるかを把握できないのだろう。以下で、俺は法律の意味を提示してみる。俺は知識については知らない。菊池の方が詳しいだろう。

1章 選挙の意味

 菊池誠は選挙行為の「意味」を把握できないホモ・サピエンスである。

 選挙の意味を把握できないのは菊池誠だけでなく、大和民族の学者のほとんどがそうである。彼らは「責任者」を選挙を通じて選択していると勘違いしているように見える。政治家は彼らの責任者でなく、統治者であり、その統治者は菊池の行為を定める法律(プログラム)を作る。

しかし、菊池は政治家を彼自身の統治者と認識できない。そのため、彼は彼の統治者を選挙で選択した後、彼はその統治者に学問や科学を悪用して、統治者にマウンティングしようとする。この行為は企業経営者が政治家にお金で干渉して、政治を腐敗させるような行為である。

菊池は選挙行為の意味を把握できないので、彼は責任者を選挙で選択してくれると感じている。そして、その責任者は有権者、または主権者のことを聞くべきである。彼は政治家をこのように考えている。だからこそ、彼は彼自身の組織を形成せずに、彼は彼なりのくだらない真理を電網世界で述べてきた。

2章 法律の意味

 菊池誠は法律の「意味」を把握できない。

 大和民族の学者は法律の意味を把握できない。彼らは法律を「命令」か何かを勘違いしている。しかし、法律は人為的な自然法則に近く、その法則は国民の行為の善悪を定める。そして、その善悪には、正当性が必要である。

西洋社会では、善悪はキリスト教によって与えられる。その善悪の正当性はキリスト教的な罪の概念である。最終的な正当性は彼らの創造主、正確には創造主の意志である。

現実的には、民主制度における法律の善悪の正当性は人間の自由意志による統治者の選択によって与えられる。人間の本質は自由意志であるので、その本質による行為もまた正当性を持つ。正当な行為から導かれた法律もまた正当性を持つ。

3章 契約の意味

  菊池誠は契約の「意味」を把握できない。

 菊池誠は契約、つまり約束それ自体を認識できない。一般的に、宗教が約束が何であるかを与える。菊池は無宗教であるので、彼は約束の意味を把握できない。

大和民族の学者は彼らの統治者(責任者でない)を選挙で選択した後、彼らは統治者による法律、つまり菊池の行為の善悪の決定に従おうとしない。彼らは屁理屈や科学を持ち出して、彼らは統治者や彼らによる法律をひっくり返そうとする。この種の行為はフィリピン人に近く、彼らもまた借りたお金を屁理屈で返そうとしない。

菊池は彼の統治者を選挙で選択して、統治者に国民との契約を守らせようとする。守らない場合、彼はヒステリを引き起こす。けれども、菊池自身は彼の統治者との契約を一切守ろうとせずに、彼は統治者による統治に一切従おうとしない。そのため、俺らは恐怖と痛みを菊池に行使する必要が生じてきてしまう。

タイトルとURLをコピーしました