なぜ菊池誠(キクマコ)は御用学者と呼ばれた後、「御用のレッテルで科学を殺すな」と発言したか?

大和民族について
https://www.excite.co.jp/news/article/Ncn_353113/

 福島の原子力発電に関する事故が発生した後、菊池誠(現在は老人)は御用学者と呼ばれた。それに対して、菊池は病的にヒステリックに騒いだ。

その後、彼は「御用のレッテルで科学を殺すな」という記事を書いた、または聞き手に何かを話した。しかし、彼の本音に関する情報は提示されていない。以下で、俺はなぜ菊池は上記の記事を書いたのか憶測しよう。

結論から言うと、菊池は御用学者と呼ばれるとしても、彼はそのレッテル貼りを甘んじて受け入れる必要がある。なぜなら、その状態は公平である。菊池誠は契約相手を馬鹿やアホやとんでもやゲーデルの不完全性定理を理解できない半可通と馬鹿にしてきたからである。

 下記の文章の方向は菊池誠でなく、歴史的な記述のためである。俺はたとえ俺が菊池誠に下記を提示するとしても、その老人は何も変わらないと予想するので、菊池への行為は無駄である。彼は学ぶ気のない老人であり、彼は死ぬまでこの状態である。

1章 キクマコの本音

 菊池誠は彼自身の意志や欲求や感情を彼自身の言葉で表現できないホモ・サピエンスである。

 彼自身の意志や欲求や快不快を彼自身の言葉で表現できないホモ・サピエンスを「幼稚っす」と置く。「もしある対象がキクマコであるならば、その対象は幼稚っす」である。

福島の事件が発生した後、日本人は菊池誠を「御用学者」と読んだ。その行為に対して、菊池は「御用のレッテル貼りで科学を殺すな」と言う記事を出した。しかし、彼の行為は非常に奇妙である。

1節 幼稚っす

菊池は非常に幼稚であり、自分の感情を他人に表現できない。本来でれば、菊池の正常な反応とは次である。

「俺(菊池)は御用学者と呼ばれて、非常に傷ついた。悲しい。だから、俺を御用学者と呼ばないで。」

信じられないかもしれないが、菊池は上記を他人に言えない。菊池は次のように彼の感情を表現する。

「御用のレッテルを貼って、科学を殺すな!」

この解釈は「俺を御用と呼ぶな」である。彼は彼自身の感情や快不快を表現できなので、彼は科学を持ち出して、社会問題を持ち出して、彼自身のちっぽけ感情を相手に理解させようとする。俺は彼は異常であると審判する。そして、俺は彼のこの種の幼稚な行為を非常に不快に感じる。

 菊池は自分の感情を他人に表現して、他人との対峙を恐れる。だから、科学や社会問題を引用して、科学を装い、自分の感情を間接的に理解させようとする。自分を御用と呼ぶことをやめさせようとする。

彼の行為は非常に卑怯であり卑しい。科学に対する信用や信頼が失われたのは、当然である。彼は科学を含む学問を悪用して、自分の感情を理解させるための道具としている。

2章 キクマコの思考

 菊池誠は彼自身の自己と科学それ自体を区別できないホモ・サピエンスである。

 御用学者と呼ばれたのは「科学」でなく、「菊池誠」彼自身である。菊池は彼自身が御用学者とレッテルを貼られると、なぜか彼はその行為を「科学に対する侮辱」と解釈する。しかし、科学とは、科学的な行為、または科学的な情報であるので、菊池を御用学者と呼ぶことは科学的な行為や科学的な情報に対する行為でない。

 日本国民が菊池誠を批判するとき、菊池誠はなぜかその批判を科学に対する批判に置き換える。俺の憶測では、菊池は彼自身と科学を区別できない。

正確には、菊池は自己と科学の境界をはっきりと認識できない。この種の理系の数は菊池だけでない。例えば、数学科や物理科の学生が就職に失敗するとき、彼らは科学や数学が評価されていないと感じる。

なぜなら、彼らもまた菊池と同様に、彼ら自身を数学や科学と区別できない。自己と非自己の境界の曖昧さは生物的にも医学的にも非常に興味深いように思える。そのような研究が存在するかは不明であるけれども。

3章 キクマコの行為の問題点

 菊池誠の行為は不公平である。その不公平性は悪(レッドカード)である。

 菊池は他人を馬鹿やアホやとんでもやカルトやデマや差別やナチスやヒトラーと糾弾してきた。たとえ菊池が御用学者と呼ばれるとしても、その状態は公平である。しかし、菊池は御用学者と呼ばれて、ヒステリックに叫んで喚いた。

彼の行為は不公平であり、悪である。もし彼が他人を侮辱しない人間であるならば、その人間が御用学者と呼ばれるとき、その行為は悪い。しかし、菊池は他人を無意識的に侮辱・中傷してきたので、御用学者という行為は政党である。

タイトルとURLをコピーしました