ホモ・サピエンスの分類

人間について

1章 ホモ・サピエンスの分類

 以下で、俺はホモ・サピエンス生物種を前の分類法に基づいて分類する。俺らはホモ・サピエンス生物種を認識してきたと約束する。ホモ・サピエンス人とは、ホモ・サピエンス生物種の要素である。

x人種とは、ホモ・サピエンス生物種の部分集合である。x2小人種とは、x人種の部分集合である。x3民族とは、x2小人種の部分集合である。x4部族とは、民族の部分集合である。

各関係は…⊃生物種⊃人種⊃小人種⊃民族⊃部族⊃…⊃個族である。個族とは、個人を要素とする集合であり、最も小さな集合である。安倍晋三は安倍晋三個族の要素である。

人種の形成は次である。人種は発生点が異なるか、3万年〜5万年、7万年の遺伝的な隔離や分岐の結果として生じる。小人種は1万年から2万年の遺伝的な隔離や分岐の結果として生じる。民族は数千年遺伝的な隔離や分岐の結果として生じる。部族は数百年の遺伝的な隔離や分岐の結果として生じる。なお、上記は遺伝学の結果によって影響を受ける。

1節 主要なホモ・サピエンス生物種

以下で、俺は主要なホモ・サピエンス生物種を分類する

 モンゴロイド人種はホモ・サピエンス生物種の部分集合である。モンゴロイド人とは、モンゴロイド人種の要素である。モンゴロイド人∈モンゴロイド人種。

コーカサス人種はホモ・サピエンス生物種の部分集合である。コーカサス人とは、コーカサス人種の要素である。コーカサス人∈コーカサス人種。

ネグロイド人種はホモ・サピエンス生物種の部分集合である。ネグロイド人とは、ネグロイド人種の要素である。ネグロイド人∈ネグロイド人種。

2節 その他のホモ・サピエンス生物種

 以下で、俺はその他のホモ・サピエンス生物種を分類する。ポリネシア人はモンゴロイド人種、ブッシュマンはネグロイド人種に便宜的に含める。

オーストラロイド人種とはホモ・サピエンス生物種の部分集合である。オーストラロイド人とは、オーストラロイド人種の要素である。オーストラロイド人∈オーストラロイド人種。

南インド人種とは、ホモ・サピエンス生物種の部分集合である。南インド人とは、南インド人種の要素である。南インド人∈南インド人種。

3節 ネアンデルタール人

 ネアンデルタール人がホモ・サピエンス人であったかは不明である。ここでは、俺は交雑可能種と同じ種を明確に分ける。ホモ・サピエンス人とネアンデルタール人は交雑可能種であった。

速報では、ホモ・サピエンス人の一部はネアンデルタール人由来の遺伝子を持っているらしい。詳細な研究結果が生じるまで、これらは不明。

2章 コーカサス人種の分類〜中東小人種と地中海小人種と欧州小人種〜

 以下で、俺はコーカサス人種を分類する。コーカサス人とは、コーカサス人種の要素である。コーカサス人種は中東小人種と地中海小人種と欧州小人種に分類される。

俺の印象では、コーカサス人は南北でなく、東西に移動して東西に広がる。彼らの自然な生息地は欧州と地中海とペルシャあたりまでである(よくてパキスタンやアフガニスタン)。北インドのコーカサス人は南インド人の自然な生息地を奪った結果であるかも。

1節 コーカサス人種の分類

中東小人種とは、コーカサス人種の部分集合である。中東人とは、中東小人種の要素である。中東人∈中東小人種

地中海小人種とは、コーカサス人種の部分集合である。地中海人とは、地中海小人種の要素である。地中海人∈地中海小人種

欧州小人種とは、コーカサス人種の部分集合である。欧州人とは、欧州小人種の要素である。いわゆる白人。欧州人∈欧州小人種。

2節 中東小人種

 中東人は北アフリカから北インドまで東西に広がっている。アルジェリア人やエジプト人、アラブ人、シリア人、ペルシャ人が中東人である。パキスタン人や北インド人もほぼ中東人であるが、南インド人の遺伝子を持っているように思える。

中東における古代文明を形成したのは彼ら中東人であっただろう。ユダヤ教やキリスト教やイスラム教も彼らによって作られたかもしれない(シュメル人の人種系統は不明?)。

中東人の肌の色は浅黒い。彼らの顔の彫りは深い

3節 地中海小人種

地中海人はイベリア半島からトルコ、コーカサス山脈まで東西に広がっている。スペイン人やイタリア人やトギリシア人やトルコ人、そしてアルメニア人が地中海人である。

古代ローマ人や古代ギリシア人は欧州人(白人)でなく、地中海人であった。また、大航海時代におけるスペイン人も欧州人(白人)でなく、地中海人であった。

地中海人は中東人と白人の中間あたりの性質を持っているように見える

4節 欧州小人種

 欧州人はブリテン島からウクライナ平原あたりまで東西に広がっている。イギリス人やフランス人やドイツ人やロシア人が欧州人である。いわゆる、白人が欧州人であり、白人と地中海人の関係は東洋人と東南アジア人の関係に似ている。

白人の世界覇権は産業革命以降である。長い間、彼らはローマやギリシアや中東に無関係な人々であってきた。

欧州人の肌の色は最も白い。いわゆる、茶髪や金髪碧眼の人々は欧州人のみである。

3章 モンゴロイド人種の分類〜東洋小人種と東南アジア小人種とアメリカ小人種〜

 以下で、俺はモンゴロイド人種を分類する。モンゴロイド人とは、モンゴロイド人種の要素である。モンゴロイド 人種は東洋小人種と東南アジア小人種とアメリカ小人種に分類される。

彼らの生息地は東洋地域と東南アジア地域、そしてアメリカ大陸である。彼らはコーカサス人種と異なり、東西だけでなく、南北にも移動する。

1節 モンゴロイド人種の分類

 東洋小人種とは、モンゴロイド人種の部分集合である。東洋人とは、東洋小人種の要素である。東洋人∈東洋小人種

東南アジア小人種とは、モンゴロイド人種の部分集合である。東南アジア人とは、東南アジア小人種の要素である。東南アジア人∈東南アジア小人種

アメリカ小人種とは、モンゴロイド人種の部分集合である。アメリカ人とは、アメリカ小人種の要素である。いわゆるアメリカ先住民。イヌイットは東洋人。アメリカ人∈アメリカ小人種。

2節 東洋小人種

 東洋人は東洋地域、日本列島、台湾島、そして北米まで広がっている。中国人とチベット人と朝鮮人と日本人とモンゴル人、イヌイット人が東洋人である。大陸東洋人はより分類されるだろう。

東洋人は漢字や東洋文明の主体である。彼らの平均的な知能指数は非常に高い。コーカサス人種では、東洋人は欧州人に対応する。下記の画像はイヌイット(日本人や朝鮮人や中国人やモンゴル人とそっくり。)

3節 東南アジア小人種

 東南アジア人は東南アジアに生息する。フィリピン人やベトナム人、マレーシア人、インドネシア人が東南アジア人である。

コーカサス人種では、東南アジア人は地中海人に対応する。東洋人と東南アジア人の関係は欧州人と地中海人の関係に対応する。

4節 アメリカ小人種

 アメリカ人はアメリカ大陸に生息する。北米の先住民、ナバボ族やアパッチ族などが北アメリカ人である。俺の認識では、南米のアメリカ人は南アメリカ人、中南米のアメリカ人は中アメリカ人と呼ばれると良いように思える。

彼らは西地中海人や西側白人によって、虐殺されほぼ絶滅状態に陥った。

コーカサス人種では、アメリカ人は中東人に対応する。東洋人とアメリカ人の関係は欧州人と中東人の関係に対応する。

4章 ネグロイド人種〜西アフリカ小人種と東アフリカ小人種と中南部アフリカ小人種〜

 以下で、俺はネグロイド人種を分類する。ネグロイド人とは、ネグロイド人種の要素である。ネグロイド人種は西アフリカ小人種と東アフリカ小人種と中南部アフリカ小人種に分類される。

彼らの生息地はサブサハラ以南である。彼らはコーカサス人種と異なり、東西だけでなく、南北にも移動する。ただし、俺はネグロイド人種に詳しくないので、以下は眉唾である

1節 西アフリカ小人種

西アフリカ小人種とは、ネグロイド人種の部分集合である。西アフリカ人とは、西アフリカ小人種の要素である。西アフリカ人∈西アフリカ小人種

東アフリカ小人種とは、ネグロイド人種の部分集合である。東アフリカとは、東アフリカ小人種の要素である。東アフリカ人∈東アフリカ小人種

中南部アフリカ小人種とは、ネグロイド人種の部分集合である。中南部アフリカ人とは、中南部アフリカ小人種の要素である。中南部アフリカ人∈中南部アフリカ小人種。

2節 東アフリカ小人種

 東アフリカ小人種には、ケニア人やエチオピア人やソマリア人が存在する。彼らの特徴は長距離走に早い(という印象がある。)。また、エチオピア人はコーカサス人の遺伝子を持っている。

俺も勝手な印象では、彼らの骨格は長距離に特化しているので、「ほっそり」している。それに対して、西アフリカ人は短距離に特化した肉体を持つ。

3節 中南部アフリカ小人種

 中南部アフリカ小人種には、コンゴ人?が存在する。俺は彼らをほぼ知らない。けれども、俺が中南部のアフリカ人を見るとき、俺は「彼らはあまり堀が深くない」と感じた。

彼らの肌の色は黒いが、どこか東南アジア人を連想させるような顔の骨格を持っている。加えて、彼らの小鼻は東南アジア人のように横に広がっている。俺の憶測では、彼らの先祖は高温多湿の世界で生活してきた。

下記はネルソン・マンデラである。「アジア人っぽくない?」俺はこう感じる

タイトルとURLをコピーしました